« June 2018 | Main | August 2018 »

July 27, 2018

金剛山 高天谷:去年の台風21号の爪痕

毎年必ず遡行するホームの金剛山高天谷。昨年の10月に台風21号が本州に上陸したが、金剛山も甚大な被害を受けた。当然、高天谷にもその台風21号の爪痕が残されていた。これまで上部にあった古い堰堤は崩壊していた。これまでは藪沢のイメージが強かった高天谷だが、驚いたことに、倒木や土砂が流された勢いで、流域の木々が消失したことで、谷全体がだいぶすっきりした渓相に変わっていた。
さらに驚いたのは高天滝である。この滝は、2013年の台風18号による土砂崩れで川床が埋まり1mは低くなっていたが、川床の堆積した土砂が撤去されたようで、元々の6mの高さに回復していた。
昨年の記録(2017年8月の記録)と比べながら今回の記録を読んでもらうと、高天谷のこの1年での変わりようがわかりやすいかもしれない。

【日程】2018年7月22日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷左俣
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】高天彦神社12:31〜高天滝下12:42〜10M大滝下12:57〜二股13:52〜左股終了地点(郵便道)14:20〜金剛山13:58〜高天彦神社15:11

前日はワンゲル部のガイド役で妙見谷を遡行したが、今日は遅めのスタートで、高天彦神社に着いたのは正午を過ぎていた。

Img_3410

沢装備にてスタート。旧登山道を通行禁止の案内を無視して進む。旧登山道は2013年の台風18号による土砂崩れで、高天滝の手前から尾根に登る部分が通行できなくなっている。そのため現在の登山道はその部分を迂回している。

P7220001

高天滝に来て驚いたのが、沢床に堆積した土砂が撤去されていたこと。昨年までは沢床と右にある土台の高さが同じであった。

P7220002

それによって高天滝の高さも元の6mに回復していた。滝壺が土砂で埋まっていた高天滝は1mは低くなっていて直登できたが、今回はちょっと直登にはスリルを感じる。ソロなので無理せずに右から巻くことにする。

P7220003

ここでまた驚く。巻き道に2連結のハシゴがついている!

P7220004

巻き道の下りにもハシゴが!

P7220006

3m滝とその上の堰堤はまとめて左から小さく巻く。

P7220007

10m大滝の手前は以前から開けてはいたが、土砂が堆積して沢床が高くなった感じが。

P7220009

10m大滝だったはずが、やはり3分の2ぐらいに低くなっていた。一瞬直登できそうにも思えたが、ここも右から高巻く。

P7220012

高天谷はいつもトノサマガエルばかり。全国的には少なくなっているカエルだが,近くの田んぼで繁殖したものが入ってくるのだろうか?

P7220013

激しい倒木帯が待ち構えている場所だが、あれ倒木が少ない!

P7220015

いつもは倒木をかいくぐりながら進むのだが、すっきりしちゃって歩きやすい。右岸も左岸も崩れてはいるが、倒木はどこに行ってしまったのだろうか?

P7220016

上から下を見下ろすとこんな感じで、かなりすっきりしている。

P7220017

連瀑帯に入る。

P7220020

7月上旬にあった長雨のせいか、水量はいつもよりだいぶ多い。

P7220021

部分的に崩壊箇所があり、沢を土砂が埋めている。いくつかの小滝は埋まってしまったか?

P7220022

ゴルジュもあり。

P7220023

この滝はステミングでシャワーを浴びながら登る。

P7220024

高天谷は水量が多いぐらいがちょうどよい。

P7220026

古い堰堤が崩壊している! 以前は古い堰堤が2つあって、1つは2013年の台風18号で崩壊したが、残った1つも昨年の台風21号で壊れた模様。

P7220027

右岸の枝沢から激しく土砂が流れたことで、その枝沢にあった堰堤も崩壊した模様。

P7220030

その右岸の枝沢にあった堰堤の名残。上部の登山道(郵便道)部分から崩壊している。

P7220035

二俣も土砂で埋まっていた。

P7220037

こちらは右俣のナメ滝。

P7220038

進む左俣。奥に4段40m滝。

P7220039

まずは1段目。ちょっと岩が脆いが、左を木の根などを掴みながら登れば問題ない。

P7220040

上段は階段状だが、右にある木も掴める。

P7220041

頑張って直登。

P7220042

最後は5mほどの斜滝を登ると、

P7220043

植林のなかの小さな流れになる。

P7220044

そのまま進むと、左に郵便道が見えて遡行終了。あとは沢装備を解除して、郵便道を高天彦神社まで下るだけ。

P7220047

途中、高天谷まで土砂が流れるほどの崩壊箇所があり、上方へ迂回するように道がつけられていた。これも去年の台風21号の爪痕。

Img_3411

下山後は、久しぶりにかもきみの湯にて汗を流す。

午後からでもお手軽に遡行できる高天谷ですが、昨年の台風21号によってだいぶすっきりした渓相に変わっていた。遡行する分には歩きやすくなってよいのだが、大きな台風が襲来するごとに大きく渓相が変わってしまうのは、植林中心の植生のために木々が土砂を維持できず、土も水を維持できないためかもしれない。

| | Comments (2)

金剛山 妙見谷:ワンゲル部のガイド役で

夏合宿に向けてトレーニングに励むワンゲル部ですが、近場で岩場歩きのトレーニングを行うにはどこがよいかと相談を受けた。日帰りで公共交通機関限定となるので、最初は須磨アルプスで考えていたとのこと。できれば荷物を背負ってのトレーニングも兼ねたい。ところが連日の猛暑で低山は熱中症のリスクが高い。そうなると低山では沢筋のルートしかないということで、金剛山の妙見谷を勧めた。勧めた者の責任として、その妙見谷をガイドすることになった。妙見谷は昨年もワンゲル部の学生と2回ほど遡行している(2017年6月10月の記録)。妙見谷は沢靴もロープも必要ない沢登り入門のための沢として知られている。

【日程】2018年7月21日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 妙見谷
【メンバー】Kさん、Oくん、マメゾウムシ(OPUWV部)
【天候】晴れ
【コー スタイム】金剛山登山口バス停9:31〜妙見滝下10:01〜山頂広場11:13〜セト12:09〜カトラ谷出合12:30〜金剛山登山口バス停13:06

河内長野駅9時発のバスに乗車し、金剛山登山口で下車。ロープウェイ方面にしばらく歩いて、ウッディハートというお店が見えたあたりで左にある林道にゲート脇から入る。以前は車が通れるぐらいの林道だったが、今は荒れている。

Img_3397

林道終点からしばらく進むと、左に滝が見える。沢装備ならばここをシャワークライミングできる。沢装備でない場合は、妙見滝より入渓となる。

Img_3398

去年の10月に上陸した台風21号は金剛山にも甚大な被害をもたらしたが、妙見滝下の倒木はそれによるもの。滝壺には土砂も堆積して滝の高さも低くなってしまった感じ。妙見滝はフィックスロープのある左岸から小さく巻く。

Img_3399

西日本豪雨の影響がまだ残っているのか、水量はいつもより多い。

Img_3400

2段6mぐらいの滝は右岸から巻く。学生に岩場歩きのアドバイスをしながら登る。やはり沢筋は涼しい。

Img_3402

途中、本来は樹林の中のはずが、これまた台風21号による影響かかなり斜面が崩れた感じ。この先で沢装備の2名を追い抜く。沢装備でない方が、濡れずに行こうとするので、レベルは少々上がる。沢装備の方が遠慮なく水線を進めて涼しいのだが。

Img_3403

休まずに一気に詰めてしまった。山頂広場に出ると積乱雲が空に。

下山はセト廻りで。行って気がついたが、黒栂谷道が通行止めとなっていた。これも台風21号の被害によるもの。ロープを持っているので、自己責任で進むことに。

Img_3405

被害はだいぶ大きかったようだが、だいぶ修復は進んでいた。1箇所だけ橋がないところがあったが、徒渉で簡単に渡れた。

Img_3406

金剛山登山口に下山。バスの時刻まで時間があるので、バス停前のお店で一杯!

ワンゲル部員は、翌日は荷物を背負って妙見谷を登ったとのこと。お疲れ様でした!

| | Comments (0)

July 20, 2018

写真展「STEEP LINES〜美しきラインを求めて」

あっという間に1週間経ってしまいましたが、先週は山岳フォトグラファーのSHOKO MATSUOKAさんの写真展「STEEP LINES〜美しきラインを求めて」を観に行ってきました。

SHOKOちゃんは関東在住ですが、今回は堺在住のドローン写真家であるTAKAHIRO FUJITAさんとのコラボということで、大阪の中崎町にあるイロリムラでの開催となりました。

Img_3382

長雨が終わって梅雨明けした大阪は連日の猛暑となりましたが、ダイナミックな雪山での滑走写真やドローンによる空撮動画で涼むことができました!

Img_3385

SHOKOちゃんとツーショット!

SHOKOちゃんと初めてお会いしたのは、確か2014年11月の立山みくりが池温泉だったかな。それからちょくちょくあちこちの山でお会いしてます。

Img_3383

BC仲間も集結!

Img_3387

写真展終了時間後に、SHOKOちゃんとFUJITAさんを夕食にご招待ということで、総勢12名にて串揚げのお店へ。

Img_3388_2

浪速の美魔女みいさんと美魔女2名でのツーショット。

楽しい宴となりました!

今回の写真展は終了しましたが、またの大阪での開催を期待しております。次は雪山でお目にかかりましょう!

| | Comments (0)

July 19, 2018

大峰 神童子谷・犬取谷にて、ワンゲル部の沢泊遡行

長雨が続いた西日本。予定していたワンゲル部の沢泊遡行も延期に。その後は梅雨明けによって晴天に恵まれたのはよいが、暑すぎ。そんな時はやはり沢登り。7月の3連休は、ワンゲル部員の沢泊遡行の指導を兼ねて、大峰の神童子谷・犬取谷を遡行してきた。神童子谷は、過去にノウナシ谷(2014年7月の記録)と犬取谷(2016年8月の記録)をそれぞれ1回ずつ遡行している。

【日程】2018年7月15日(日)〜16日(月)
【山域】大峰
【渓谷名】十津川水系 川迫川 神童子谷・犬取谷
【メンバー】Hくん、ゴーレム、タッキー、マメゾウムシ(OPUWV部)
【天候】7/15 晴れ、7/16 晴れ
【コー スタイム】
7/15 観音峯登山口4:56〜白倉谷出合5:22〜大川口7:05〜神童子谷入渓7:35-55〜赤鍋ノ滝下8:48〜釜滝上12:37(泊)
7/16 釜滝上6:25〜犬取滝下7:41〜ジョレンの滝下9:33〜稲村小屋10:43-11:19〜クロモジ尾根下降〜林道13:20〜観音峯登山口近道分岐13:57〜観音峯登山口14:31

**************************************
1日目(7月15日):観音峯登山口〜大川口〜神童子谷〜釜滝

車は1台のみなので、どこに車を置くべきか迷ったが、安心して駐車できる観音峯登山口にした。前夜に観音峯登山口入り。夜は星がきれいで、ホタルも飛んでいた。観音峯登山口から入渓地点までは2時間半の歩きが必要だが、その分は下山時間が短くなる。1泊2日で行くのであれば、時間的には余裕がある。

P7150001

5時に観音峯登山口を出発。ミタライ渓谷歩道を進んで国道309号に出て、あとはひたすら歩く。釣り師や行者還トンネル方面に向かうと思われる登山者の車が次々と追い抜いていく。

P7150005

観音峯登山口から2時間かかってようやく大川口。ここからは神童子谷沿いの林道を進む。

P7150006

林道上にゲートのあるところから踏み跡を下りて入渓。過去は林道終点から作業道を下りたが、すっかり忘れていた。その分、沢歩きは長くなるが、問題はない。

P7150008

沢装備を装着して遡行開始。

P7150011

左岸についていた作業道を部分的に使ったが、崩壊箇所あり。そこには下降のためにロープがフィックスされていたが、出だしがハング気味で、結構テクニカルな下降となった。

P7150012

両岸が狭くなって、へっついさんだ。

P7150014

水位は腰から胸にかけてで、これまでより水位が高い。晴れが続いても、先週までの長雨の影響がまだ残っている感じ。

P7150016

枝沢から滴る滝に打たれるタッキー。正面には赤鍋ノ滝が現れる。

P7150018

赤鍋ノ滝は左岸側の側壁をトラバース気味に登るが、ひじょうに滑りやすいので、ロープを出した。3箇所ほど残置スリングがあるので、中間支点に使わせてもらう。滝上には木がはえているので、それでビレイ用の支点を取ると、ちょうど30mロープいっぱいである。2番目と3番目はフリクションノットで、最後の者はトップのビレイで登る。2番目と3番目に登った学生は途中で滑りまくっていたが、ロープがなければ滝壺へドボンだった。基本的にスラブでの足の置き方がなっていない。日頃からの練習で経験を積んで身体に覚えさせないといけない。

P7150019_2

赤鍋ノ滝の上にも釜を持った小滝が続く。

P7150020

1箇所だけ釜を泳いでの突破が必要で、さらにその上段では残置ロープを掴んで登ることになる。

P7150021

小滝群が終わると平凡な流れとなる。急げば幕営予定地の釜滝までそれほど時間はかからないが、今日は時間がたくさんある。釣りタイムとする。私はテンカラ、Hくんは餌釣りでゆっくり釣り上がる。3連休だけあり、釣り師、沢登り、キャニオニングツアーと入渓者が多いこともあり、魚は警戒心全開でかなり厳しい。我々が釣っている間だけでも数パーティーが追い抜いていった。竿抜けポイントと思われる場所で、なんとか小さめのアマゴを1匹だけ釣り上げることができた。

P7150022

目の前に美しい光景が現れた。釜滝の釜がブルーに輝く。

P7150023

正面から見た釜滝。キャニオニングツアーと思われるパーティーは、ここで釜に飛び込んだりして遊んでから引き返していった。

P7150024

釜滝は右岸から容易に巻いたが、釜を泳いで滝に取り付くのもありだろう。

P7150028

釜滝の上は、犬取谷とノウナシ谷との二俣になっていて、高台に幕営適地がある。時間的には13時前ではあるが、今回は沢泊を楽しもうという意図もあるので、ここで幕営とした。ファイントラックのツエルト2ロングをターブ状に張れば、4人がその下で寝られる。

P7150029

夜はやはり焚き火。先週の長雨の影響はまだ残っており、薪は湿ったものばかり。それでも立ち枯れの枝など比較的乾いている薪を集めて、なんとかご飯が炊け、魚が焼けるぐらいの火を熾すことができた。ツエルト設営後に釣ったアマゴが1匹加わり、計2匹のアマゴを遠火で焼く。山菜のミズは細めで小さなものばかりだったが、食べる分だけ採取し、茹でてツナと醤油であえてお酒のアテに。宴は暗くなっても続いた。夜は寝たまま星空を見上げ、ヒメボタルの発光を目にし、沢の風を感じる最高の時間だった。

**************************************
2日目(7月16日):釜滝〜犬取谷〜稲村小屋〜クロモジ尾根〜観音峯登山口

P7160030

翌朝は5時起床で、簡単に朝食を済ませ、6時半に遡行開始。

P7160031

犬取谷を進む。

P7160033

最初の滝は一ノ滝8m。

P7160034

左岸を容易に巻いて、一ノ滝の落口に出る。

P7160036

次は二ノ滝10m。

P7160037

二ノ滝も左岸を高巻くが、高度があるので要注意!

P7160040

3m滝に打たれるタッキー。それだけ煩悩が多いのか?

P7160041

ゴーレムも禊ぎへ。

P7160043

ナメもあり!

P7160047

豪快な犬取滝3段25mが姿を現す。

P7160048

犬取滝は続く滝も含めて右岸から大きく高巻く。

P7160049

少々不安になるぐらいに大きく巻くことになるが、踏み跡を辿れば問題ない。

P7160051

谷の方向が変わるところにある4m滝。

P7160054

4m滝は右側を登ったが、結構嫌らしかったので、念のためロープを出した。

P7160057

4mほどの滝がさらに2つ続き、2つめは右から巻く。

P7160058

枝沢にかかる裏見の滝が右に現れる。

P7160060

そして現れたのが、ラスボスであるジョレンの滝2段60mだ。

P7160062

ジョレンの滝も右岸から大きく高巻く。まずは小尾根に出て、急な尾根上を踏み跡に従って登る。

Kamoshika

下を見るとカモシカの親子が歩いていたが、この写真でわかる?

P7160066

小尾根を登り切って、傾斜が緩くなったあたりで、踏み跡に従って谷方向へトラバース気味に進んで、うまく落口に出た。この落口はジョレン滝の上にある3m滝のようだ。

P7160068

ジョレンの滝上は幕営適地があるが、稲村小屋へは1時間ほどだ。

P7160069

谷はすっかり源頭の様相だが、まだ小滝やナメが現れる。

Img_3393

終盤に現れる二俣は左に進み、稲村小屋に直接出るルートを取った。稲村小屋の前は休憩する登山者で賑わっていた。ここで沢装備を解除して大休止。

P7160073

下山は破線ルートのクロモジ尾根を取った。稲村小屋から稲村ヶ岳方面に少し登ったところから派生する西方向へ伸びる尾根だ。踏み跡は部分的に明瞭、部分的に不明瞭という感じ。途中に石楠花漕ぎあり。

P7160074

道が変えられたのか、途中、地図とは違う尾根を下る。一瞬、尾根を間違えたかと思ったが、地図では下部でこちらの尾根にトラバースしているので、結局合流することにはなる。林業の作業に使っているのか、尾根上には鹿よけのネットやワイヤーが張ってあったりする。

P7160075

途中、道が不明瞭になり、笹藪漕ぎとなる。尾根も明瞭ではなく、一瞬迷いかけたが、下方向に目的の尾根地形を見つけた。獣道や作業道らしき踏み跡が錯綜しているので、方向だけを頼りに急斜面を下る。木を掴みながら下るが、イバラがあったりで、痛い思いもしながら標高を下げる。

急斜面を下りると明瞭な尾根上にうまく乗った。しばらくは尾根上に張ってあるネット沿いに下る。やがて斜度が増し、落石が起きやすいガレとなる。下に林道が見えたが、北寄りに出てしまうと岩盤があり、行く手を阻まれそうだ。最後は南寄りに下りてうまく林道に出たが、この際に学生が落とした落石が頭上をかすめた。ガレの下りでは、落石を起こさないようにソフトに足を置かないといけない。これも経験を積んで身体で覚えないといけないことだ。最後にあったヒヤリ・ハットで、ヘルメットは着用すべきだったと反省。

P7160076

あとは林道を下り、途中から観音峯登山口への近道に入り、出発地点に無事帰還。一般ルートで戻ってもそんなに時間は変わらないとは思ったが、ワンゲル部員たちにとっては、藪漕ぎがある不明瞭ルートの方がよい経験になったのではないだろうか。3連休最終日はどこも混んでいそうなので、温泉にも入らずに帰路についたのだった。

| | Comments (0)

July 05, 2018

金剛山丸滝谷にてワンゲル部沢登り訓練

沢登りを行う部員が増えてきたワンゲル部ですが、まだ学生だけで行ける技量にはなっていない。リーダーを任すからには、しっかりロープワークができないといけない。そこで金剛山丸滝谷にてワンゲル部学生に沢登り訓練を行った。

【日程】2018年7月1日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 石ブテ谷 丸滝谷
【メンバー】ワンゲル部学生7名、OB2名、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】青崩9:05〜石ブテ東谷入渓地点9:18-37〜東谷との二俣9:59〜下の丸滝(滝の登攀および懸垂下降の練習)10:34-13:02〜上の丸滝(リード及び確保訓練)13:11-16:25〜六道の辻17:00〜青崩17:50

参加者は部員7名、サポートのOB2名、そして私の計10名と結構な大所帯。全員に目が行き届くか、そして効率よく訓練ができるかが問題だ。青崩に9時に集合した我々は、石ブテ谷東谷へ向かう。天気はよく、30℃を越える暑さだ。

P7010002

入渓すると、暑さも緩む。

P7010005

早速、最初の滝がお出まし。

P7010008

特に問題はない!

P7010010

石ブテ谷東谷と丸滝谷との二俣に到着。正面は東谷にかかる7m滝。

P7010013

丸滝谷を進む。

P7010018

スイスイと問題なく進む部員たち。

P7010019

最初の訓練場である下の丸滝に到着。ここで滝の登攀訓練。まずはOBのIくんにリードで登ってもらうが、上部で手こずる。上部は右手に逃げれば突破できるが、左へ登ると行き詰まる。

P7010021

この滝は登攀レベルが高いということで、ロープをフィックスして、部員には本番を想定してフリクションノットでの確保で登ってもらうことにする。

ここでヒヤリ・ハット発生。登攀中の1名のフリクションノットが効いておらず、落下した際に、結構な距離をずり落ちてしまった。何事もなかったのはよかったが、重大なミスである。以後はフリクションノットの効き具合をしっかり確かめさせてから登らせることにした。

P7010024

滝登りの後は、懸垂下降の練習。

P7010025

懸垂下降での事故は死に直結するので、しっかり手順を確認させる。

リードおよびセカンドの確保も練習させたいが、下の丸滝は登攀レベルが高いので、比較的容易に登れる上の丸滝に移動することに。

P7010028

まずは私がトップで登って、セルフビレイ用の支点をつくる。それからセカンドの登り方の見本を見せるために、私の確保でOBのIくんに登ってもらった。

13時を過ぎていたので、もう他パーティーは上がってこないと思っていたら、想定外の10人ほどの大人数パーティーがやってきた。我々はここで訓練なので、先に登ってもらうことにする。せっかくつくった支点も外す。

このパーティーは初心者が多かったようで、全員が通過するのにえらい時間がかかった。その間、他のメンバーはずっと滝下で待っている状態だった。支点を作り直して、これから指示を出そうという前に、なんと1回生の部員が確保無しで登って来てしまった。他パーティーに長時間待たされたせいもあるが、これはたいへん危険なことである。それも経験のない1回生になぜ登らせたのか?

これは本日2つめのヒヤリ・ハットであった。リーダー以外のメンバーにおいては、リーダーからの指示があるまで勝手な行動をしないように徹底させないといけない。

指導する側のOBIくんを滝下に下ろして、リードおよびセカンドの確保練習についての要領を部員たちに伝えてもらう。私が滝上でセルフビレイの取り方およびセカンドの確保の仕方について指導し、滝下ではIくんがトップの確保の仕方について指導する。

P7010031

念のため、滝にロープを1本フィックスし、トップはフリクションノットでそのロープに確保を取る。もちろん滝下にもトップを確保するビレイヤーがいる。

P7010036

トップが登ったら、支点にメインロープでセルフビレイを取り、セカンドの確保を行う。

この流れを2人一組で行ったが、セルフビレイの取り方など要領が悪く、かなりの時間がかかってしまった。全員が一通り終えた時点で、16時を大きくまわっていた。この一連の作業を正確に素早くできるようにならないと、学生だけで沢に行かすことはできない。普段からしっかり練習してもらいたい。

P7010037

そのまま沢を詰めて登山道に出る。1時間もあれば下山できるのが、金剛山のよいところだ。

多くの問題点が露呈した今回の訓練だったが、なによりもリスク管理を徹底させないといけない。普段からのロープワークの練習も重要だ。

| | Comments (0)

« June 2018 | Main | August 2018 »