« 石徹白某所にてテンカラ釣り:今季の初物! | Main | テンカラ釣り講習会2018 »

June 22, 2018

ワンゲル部PWにて、比良 明王谷 奥の深谷を遡行

先週末は、私にとっては3年ぶりになる比良の沢へ。明王谷・奥の深谷を、ワンゲル部OBのぬーい、現役のタッキー、そして私の3人で遡行してきました。日本百名谷に選ばれているだけあって、どの滝も美しい釜をもち、ナメも美しい沢でした。

【日程】2018年6月17日(日)
【山域】比良
【渓谷名】安曇川水系 明王谷 奥の深谷
【メンバー】ぬーい、タッキー、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】坊村8:49〜奥の深谷出合9:37-57〜4段40m滝下11:03〜2段4m滝下13:30〜登山道交差点13:49-14:12〜坊村

私とタッキーは前夜入りし車中泊。翌朝に出町柳駅からバスで来たぬーいと合流。坊村8:41到着のバスは2台で、たくさんの登山者が下車した。

P6170001

それでは出発。

P6170002

3年前に白滝谷を遡行した時は、坊村からすぐに明王谷に入渓したが、今回はスタートが遅いので、林道にて奥の深谷出合に向かうとする。

P6170003

寄生植物であるギンリョウソウ。

P6170004

白滝谷にかかる橋が入渓地点。

P6170005

沢装備を装着する。タッキーの足下にはヒルが...

P6170007

橋のすぐ下流側が奥の深谷と白滝谷の二俣になっている。

P6170010

早速、1m滝が現れる。

P6170014

2m斜滝。

P6170015

7m滝は左から越える。

P6170016

4m斜滝。

P6170019

流れの中を直登。

P6170024

4m斜滝は右から越える。

P6170026

2段8m滝が姿を現した。

P6170029

クライマーでもあるぬーいが右の流れの右側を登る。

P6170030

後続はロープを出してもらい、巻き気味に登る。上部のトラバースが嫌らしかったので,ここは直登の方がよかったかもしれない。

P6170032

すぐに4段40m滝が姿を現す。

P6170033

3段目までは流れの右側を登る。

P6170035

3段目を登ったところで、釜を泳ぐ。

P6170036

4段目は右から巻く。

P6170037

巻く途中にあったプールにぬーいが飛び込むが、ヘドロが湧き上がり、悪臭が漂う。動物の死骸でも沈んでいるのかという臭さだった。この後、ぬーいは清い流れにて体を清めざるを得なかった。

P6170038

すぐに10m滝だが、右から巻くことにする。

P6170039

続く7m滝も一緒に巻く。

P6170040

3mナメ滝でちょっと一服! 若者たちはここでウォータースライダーを楽しむ。詳細については動画をご覧下さい。

P6170044

一服した後の3m滝は、釜を泳いで左奥から登る。この登るシーンも動画をご覧下さい。

P6170045

8m美瀑が姿を現す。左から巻けそうだが、嫌らしそう。

P6170046

結局、右から大きく巻くことに。途中、岩に矢印が書いてあった。

P6170049

登り切った後に、下降となったが、結構、下まで距離がある。練習も兼ねて、懸垂下降で下ることにする。ここでぬーいがザックを落としてしまう。やってはいけないミス。30mロープ1本だと距離が足りず、途中で1回切って、もう1回懸垂下降となった。

P6170050

沢に下りて、8m滝の落口を見下ろす。幸いなことにぬーいのザックは回収できた。

P6170051

5m斜滝は左から越える。

P6170053

4m斜滝と滝が続く!

P6170054

釜の左をへつって、左から越える。

P6170055

廊下状となって、その奥に8m斜滝。

P6170056

釜を泳いで、滝に取り付く。

P6170058

滝の右側を直登。

P6170059

続く斜滝は左側から越える。

P6170063

息つく暇がない!

P6170064

続く斜滝は右から越える。

P6170066

2段4m滝の下まで来ました。どの滝も美しい釜をもっている。こういうところは飛び込まないとね!

P6170069

2段4m滝はステミングにて。

P6170070

足が開かん! なんとか通過できた!

P6170071

7m滝は右から越える。

P6170072

最後の斜滝も釜が美しい! ここで若者たちは最後の禊ぎ!

P6170076

続くナメも美しい!

P6170078

進むと登山道が沢を交差している。

P6170077

ここで遡行終了。奥の深谷は、移動距離、標高差とも短いながらも、次々と滝が現れて、息つく暇もなかった。どの滝も美しく、さすがは日本百名谷に選ばれているだけはある。遡行時間は4時間ほどであるにもかかわらず、実に充実した遡行であった。

P6170080

沢装備を解除したら、登山道にて下山。

P6170082

白滝谷出合にはこんな注意書きが。沢は自己責任ですが。

P6170084

お疲れ様でした!

YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 石徹白某所にてテンカラ釣り:今季の初物! | Main | テンカラ釣り講習会2018 »

Comments

私好みのきれいな沢ですねぇ。変化に飛んで面白そう。
地図を見る限り、まだ上まで行けそうに見えますが、大きな滝でもあるのでしょうか?

Posted by: CIMA | June 22, 2018 at 05:12 PM

いい沢でした。
この先は平凡な流れとなって、遡行する価値がなくなるので、ここで終了となります。

Posted by: マメゾウムシ | June 22, 2018 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 石徹白某所にてテンカラ釣り:今季の初物! | Main | テンカラ釣り講習会2018 »