« 2018年GWバックカントリーの記録動画をYouTubeにアップ | Main | 2018年GW遠征2:我々だけの斜面貸し切りの立山内蔵助平定着BC3日間 »

May 10, 2018

2018年GW遠征1:ウォーミングアップで乗鞍岳BC

今年はカレンダーより1日早くゴールデンウィーク入りしました。久しぶりに前半と後半の休みもつながって10連休となり、バックカントリー三昧できました。

第1弾は、三本滝駐車場から乗鞍岳剣ヶ峰の往復。翌日からテントを持っての立山内蔵助平BCでしたので、この日は軽めにウォーミングアップでした。

【日程】2018年4月27日(金)
【山域】北アルプス南部
【場所】乗鞍岳
【メンバー】Fukikoさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ時々曇り
【装備】テレマーク2
【コースタイム】三本滝駐車場8:00〜ツアーコース入口8:50〜位ヶ原10:15〜大雪渓・肩ノ小屋入口10:57〜剣ヶ峰13:01-32〜三本滝駐車場14:18

前日は出発準備に時間がかかり、乗鞍高原についたのは明け方近く。観光センターの駐車場で2時間ほどの仮眠を取ってから三本滝に上がった。三本滝駐車場で、GW前半のパートナーであるFukikoさんと合流した。

Img_3122

三本滝駐車場の残雪量は例年のGWと比べると少ない感じ。今年の春は雪融けが急激に進み、どこも残雪量が少ない。それでもここまでは滑って来られそう。位ヶ原山荘まで運んでくれる春山バスの運行は翌日からなので、今日はここからのハイクアップとなる。

P4270002

シール登行を開始。途中、除雪された乗鞍エコーラインをスキーを2回脱いで横断する。今日は天気はよいが、気温は低い。

P4270005

カモシカゲレンデを上がりきると、雪が切れかかっているが、まだ行ける。

P4270008

ツアーコース入口の急斜面を登る。

P4270009

ダラダラとツアーコースを進む。寝不足なので、眠気が襲う!

P4270010

ツアーコース最後の急斜面を登って。

P4270011

位ヶ原に出る。

P4270012

肩ノ小屋入口を目指すが、平坦地の通過で眠気が襲う!

P4270014

肩ノ小屋入口を通過し、剣ヶ峰を目指しての本格的な登りに入る。さすがに眠気は取れたが、パフォーマンスは上がらない。年齢のせいか、寝不足の時は最近はまったくダメだ!

途中から雪がクラストしてきたので、スキーにクトーを装着。クトーを持っいないFukikさんは、テレブーツにアイゼンを装着して、スキーを担いでのシートラで。

P4270016

槍・穂高が見えると、テンションは上がる!

P4270017

蚕玉岳まで登り、剣ヶ峰は目の前!

Img_3123

剣ヶ峰に到着! 2015年5月16日以来の登頂でした!

P4270021

滑る斜面は剣ヶ峰正面に決定。クラストしているので、出だしは慎重に!

P4270022

途中からはナイスザラメの滑りに! 滑走シーンは動画をご覧下さい。

P4270025

左側の斜面を滑りました!

P4270026

普段ならば、もう一本登り返すところだが、翌日からのハードBCに備えて、このままツアーコースへ。

P4270027

ツアーコースは一転してシャバシャバ雪に!

P4270028

エコーラインの横断はスキーを脱いで。

P4270029

三本滝駐車場前まで滑り込んで終了! トータルとしてはまずまずの滑りでした!

Img_3125

いよいよ2018年ゴールデンウィークが始まった! 翌日からのハードBCに備えて、夕食はわらじとんかつ定食! ご飯、味噌汁、キャベツをしっかりお替わりして、翌日に備えた。

YouTubeにアップした記録動画です。

2018年GW遠征2につづく

|

« 2018年GWバックカントリーの記録動画をYouTubeにアップ | Main | 2018年GW遠征2:我々だけの斜面貸し切りの立山内蔵助平定着BC3日間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2018年GWバックカントリーの記録動画をYouTubeにアップ | Main | 2018年GW遠征2:我々だけの斜面貸し切りの立山内蔵助平定着BC3日間 »