« 2018GW遠征番外編:山菜狩りで休養! | Main | 白山詣で:2018シーズン納板BC? »

May 16, 2018

2018年GW遠征5:北ノ俣岳定着で広大な斜面を自由に滑る!

2018年GWバックカントリーの最後は、北ノ俣避難小屋前に張ったテントをベースにして周辺滑走となった。当初は黒部源流を越えて高天原温泉まで5日間かけての周遊スキーをする予定だったが、5/2-4の天気が低気圧通過とその後の寒波の南下で悪いとのことで、急遽、日程を5月4日からの3日間に変更。5月4日は雪予報であったが、樹林帯であれば行動できると考え、飛越新道から北ノ俣避難小屋まで入ることにした。入山日は季節外れの降雪となったが、斜面がリセットされ、広大な面ツル斜面を思いのままに滑ることができた。北ノ俣避難小屋前に張ったテントをベースにしたため、お酒と食糧は充分に持っていくことができ、前日に採った山菜を天ぷらにしたりなどでグルメなツアーともなったのだった。

【日程】2018年5月4日(金)〜6日(日)
【山域】北アルプス南部
【場所】北ノ俣岳
【メンバー】しっきー、マメゾウムシ
【天候】5/4 雪のち曇り、5/5 曇りのち晴れ、5/6 晴れのち曇り
【装備】テレマーク1,スプリットボード1
【コースタイム】
5/4 飛越トンネル8:24〜神岡新道分岐11:07〜寺地山12:36-55〜北ノ俣避難小屋BC14:08-15:35〜北ノ俣岳西面2300m地点16:19-41〜BC16:51
5/5 BC7:45〜北ノ俣岳10:23-49〜赤木平東面2290m11:45-12:16〜赤木平東面2400m12:54〜2320m13:04〜北ノ俣岳14:51-15:23〜BC15:42
5/6 BC8:23〜寺地山9:43〜神岡新道分岐10:54〜飛越トンネル12:47

**************************************
1日目(5月4日):飛越トンネル〜北ノ俣避難小屋BC〜北ノ俣岳西斜面滑走〜BC

車中泊した早朝の神岡は曇り模様。GW前半の扇沢の行き帰りで一緒になり、白馬乗鞍岳を一緒に滑ったカモシカさんと、ここでも一緒になった。行き先はほぼ同じで、お隣さんになりそうだ。今日は北ノ俣避難小屋まで行ければよいので、ゆっくり目に支度して6時過ぎに神岡を発ち、有峰林道の飛越トンネルに向かった。前日に新穂高でお会いしたスキーヤーによると、飛越トンネルまではすでに車で入れるようだ。入山口に近づくにつれて、天気が悪くなっていく。天気予報では、今日は寒波の南下によって高い山では降雪となるようだ。天気がよくて暑いぐらいだったGW前半と比べると、確かに昨日からかなり気温が下がっている。

P5040001

飛越トンネルまで問題なく車で入れたが、周囲はうっすらと雪景色だった。例年、GWの時期に車でここまで入れることはなく、雪融けが急速に進んだことが伺える。車のタイヤをすでにノーマルタイヤに履き替えていたのが少々不安だったが、下山日にはこの雪はきっとなくなっているにちがいない。

Img_3177

先に到着していたカモシカさんたち3人を見送ってから、我々もスキーを担いで出発した。雪が豊富ならばトンネルの右からシール登行で尾根に取り付けるのだが、この雪の少なさではトンネル左側にある登山道から進むしかない。

P5040002

倒木が多く、スキーと重荷のため、それらを乗り越えるのに難儀した。途中、下山してきて話しを交わしたスキーヤーはあとでわかったことだが、知り合いのTさんであった。誰かに似ているなと思ったが、気がつかずに申し訳ありませんでした。

P5040005

神岡新道分岐の手前から雪がつながり、シール登行を開始できた。

P5040011

寺地山に到着。新雪が10cmぐらいは積もっている。

Img_3182

寺地山からの北ノ俣岳は山頂部は雲の中。雲の流れからして山頂部は風が強そうだ。

P5040014

寺地山からはちょっとの下りなので、シールをつけたまま滑る。スプリットボードのしっきーはボードを割ったままの滑りは苦手のようだ。

P5040019

北ノ俣避難小屋に到着。昨年の5月下旬に行った薬師岳BCの際にこの避難小屋を利用させてもらったが、土台損傷が激しいため使用禁止となっていた。やむを得なく使用する場合は自己責任とのこと。先行したカモシカさんたちのテントはなく、どうやら北ノ俣岳を越えられると判断し、先に進んだようだ。我々はゆっくり来てしまったので、ここまでとする。我々以外には、ソロのテレマーカー1名と3人パーティーの登山者がそれぞれテントを張っていた。

P5040018

テントは持ってきていたので、問題なし。翌日にテントを持ち上げることも考えたが、それも面倒なので、ここに3日間のベースキャンプを設営することにした。避難小屋前には水場があり、雪を溶かして水を得る必要がないのは助かる。

P5040021

時刻は15時を過ぎていたが、まともに滑らずに1日を終えるのはもったいない。新雪も積もっているので、ちょっと登って滑ることに。

P5040020

天気は回復傾向で、雲の合間から日差しがカーテン状に下りる。

P5040024

標高差にして250mほど登った所から滑走!

Img_3194

薄い新雪を滑る。もう少し新雪が溜まっているとよかったのだが。滑走シーンは動画をご覧下さい。

Img_3201

降雪でリセットされた斜面にシュプールを描くことはできた!

Img_3169

夕食は前日に採った山菜を天ぷらにしたり、持ち上げた「鶏ちゃん」やお酒で盛大な宴に。

Img_3204

ちょっと飲み食いしすぎた感が。寝入りはよかったが、3シーズンシュラフではやはり明け方の寒さで起きてしまった。

**************************************
2日目(5月5日):BC〜北ノ俣岳〜赤木平〜赤木平東面滑走〜北ノ俣岳〜BC

我々がテントから出ると、すぐ上にテントを張っていたソロのテレマーカーがテントを撤収し出発するところだった。

P5050033

翌朝はまだ雲が多く風も強かった。気温も低かったので、遅めの7時45分にBCを出発した。

P5050035

登るに連れて、青空が広がってきた。

P5050037

雪は山頂までつながってはいたのですが、上部はカチンコチンに凍っていたので、途中からスキーを担いで夏道を進むことに。

P5050040

北ノ俣岳に登頂! 東面は大斜面が広がる。

P5050042

黒部五郎岳を向かうことを考えていたが、上部はアイスバーンの感じだったので、赤木平に向かって滑ることに。

P5050044

パックされた新雪という感じだが、シュプールは描ける!

Img_3225

周囲はどこでも滑れる大斜面が広がる!

Img_3229

北ノ俣岳の反対側は当初予定していた黒部源流方面!

Img_3230

黒部五郎岳!

P5050050

赤木平の東に伸びる尾根を赤木沢とウマ沢の二股あたりまで滑って、テンカラ竿を振ってみるつもりだったが、下部は残雪が少なく、苦労しそうなので、途中で引き返すことに。

Img_3233

登り返した所で大休止! 気温も上がってきていい感じ!

P5050051

目の前に面ツルのよさそうな斜面が。これは滑るしかない!

P5050053_2

グサグサな雪になっていたが、悪くはなかった!

P5050054

13時を過ぎたので、北ノ俣岳に登り返す。

Img_3235

稜線から雪煙が伸びる!

Img_3236

広大な斜面を稜線に向かって登り返す! 正面の赤木岳からの斜面に並んだシュプールはカモシカさんたち3人によるものでした。

Img_3239

気温も上がって、すっかりゴールデンウィーク前半と同様な天気に。入山者も少なく、自由な気分だ!

P5050057

昨年滑った薬師岳(2017年5月の記録)!

P5050058

北ノ俣岳から黒部源流方面の眺め!

P5050059

槍ヶ岳!

P5050063

北ノ俣岳に登り返したら、シールを外してBCへの滑走!

Img_3250

16時前にBCに帰着! ここをベースにするとやはり行動範囲が制限されてしまう。やはり初日に北ノ俣岳を越えておきたかった。それでもそこそこ滑れたからよしとしよう!

P5050066

前日とは打って変わって今日は暖かいので、外で夕食の準備。我々以外は、前日から一緒の3人パーティーの登山者だけだった。

Img_3251

今日もコゴミが食べられる。

P5050068

夕陽が沈む前に、しっきーが夕焼けライドへ。元気ですねえ! 滑走シーンは動画にて。

スリーシーズンシュラフでは明け方の寒さを感じるが、あるものは全て着て、テレブーツのインナーも履いて寝れば、まったく眠れないということはなかった。

**************************************
3日目(5月6日):BC〜飛越トンネル

最終日は、北ノ俣岳に登って滑る、あるいはシンノ谷まで下降して釣りをしてから下山と考えていたが、同じ斜面を滑るのは飽きたし、下部の残雪が少なく沢に下りるのに苦労しそうなので,結局下山だけとなった。次の日は午前中から仕事なので、楽に帰りたいというのもある。やはり3日間という日程ではそう動けないので、4日はほしいところだ。

P5060070

テントを撤収し、名残惜しく北ノ俣岳方面を見上げてから帰路につく。

P5060072

昨日だけで北ノ俣避難小屋近くの残雪はだいぶ減ってしまい、往きは繋がっていた雪が途切れていた。仕方なく、この部分のみスキーを脱ぐ。

P5060073

正面に寺地山。

P5060075

北ノ俣避難小屋からはしばらく下りで滑って行けるが、アップダウンが多少あってボードにはきつい。この点、ステップソール板は楽だ。それから寺地山への登りに入るが、そこはシールをつけた。

P5060078

寺地山からの剱岳!

P5060080

寺地山からは滑って行けるが、ちょっと藪が濃い。ボードにはキツそう!

P5060083

往きの時と同じく、神岡新道分岐を過ぎた所で、スキー終了。

Img_3255

ここでshinoyoshi先生とバッタリ! 黒部方面ではよくお会いする。飛越トンネルまでご一緒しました。

31950006_1654138051372918_726892298

我々2人も撮っていただいた。

P5060085_2

スキーを担いで黙々と歩く。往きと同様に、途中、2箇所ほど倒木が道を塞いでいたので、藪漕ぎして迂回。木の枝にスキーが引っかかって難儀する。

P5060086

13時前に飛越トンネルの駐車地点に帰着! この道中でしっきーがスプリットボード用のクランポンを紛失。すぐに立山入りなのにこれは困った。後続のカモシカさんたちが運よく拾ってくれるのを祈るしかない。

Img_3174

道の駅宇宙ドーム神岡で腹ごしらえをしてから、近くの割石温泉に汗を流しに行く。ここで下山してきたカモシカさんたちと偶然一緒になる。なんとしっきーのクランポンを拾ってくれていた。ありがとうございます。しっきーのテンションも復活!

富山に出るしっきーを飛騨古川駅で下ろして、帰路についたのだった。

GW後半は悪天のために、当初の5日間の壮大な計画がだいぶ縮小してしまい、ちょっと不満の残るツアーとなった。それでも滑れなかったのは1日だけと考えれば、結果はよかったのかもしれない。

これで2018年GWバックカントリー遠征は終了。久しぶりにGW前半と後半がつながり、長期でBCを楽しめた貴重な時間だった。多少計画通りに行かなくても、トータルで9日間滑れたことは、それなりに充実していたと考えるべきだろう。同行してくれたメンバーにお礼を言いたい。

YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 2018GW遠征番外編:山菜狩りで休養! | Main | 白山詣で:2018シーズン納板BC? »

Comments

5月の連休に来るまで飛越トンネルまで車で入れるなんて、本当に雪少ないですねぇ。
雪の少なさと、避難小屋が使えない関係から入山する人も少なかったのかなぁ。
体力のある人は得しましたね。

Posted by: CIMA | May 17, 2018 at 04:39 AM

CIMAさん、どうもです。
悪天予報だったのが入山者が少なかった原因ですね。
太郎平小屋も宿泊者無しだったそうです。

Posted by: マメゾウムシ | May 17, 2018 at 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2018GW遠征番外編:山菜狩りで休養! | Main | 白山詣で:2018シーズン納板BC? »