« 野伏ヶ岳中央ルンゼで湿雪表層雪崩を誘発! | Main | 野伏ヶ岳実戦は雪崩遭遇!:ワンゲル部に雪上訓練2 »

April 04, 2018

ワンゲル部に雪上訓練1:基本練習

先週は私が顧問をするワンダーフォーゲル部の学生に雪上訓練をしてきました。場所はワンゲル部の山小屋がある奥美濃の石徹白。

1日目は山小屋の裏山で基本的な雪上技術について学んでもらいました。

P3280001

まずはアイゼン無しでの歩行練習。それからアイゼンを装着しての歩行練習。この日は気温が高く暑さを感じるほど。

P3280002

キックステップでの登りと下り、ピッケルの持ち方なども。

P3280004

ピッケルを使った滑落停止練習。様々な滑落シーンを想定して練習したが、雪がグサグサなのですぐに止まってしまう。もう少し早い時期に行った方がよかったかもしれない。

P3280007

雪上での支点の作り方。今回はピッケルを埋めて支点にした。

P3280008

雪上での確保技術として、スタンディングアックスビレイを練習。すぐに止まっちゃうので、あまり制動力が必要ないのが...
まあ、あとはしっかり実践経験を積んでもらうことかな。

P3280014

一通りの基本練習を終えたら、裏山に登って学んだ事を実践。

P3280016

小ピークに到着。年寄りはスキーで下ります。

P3280018

学生はアイゼンつぼ足にて下山。途中、シリセードを体験してもらう。

P3280021

この経験を今後に活かせるかな...

YouTubeにアップした記録動画です。

ワンゲル部に雪上訓練2につづく

|

« 野伏ヶ岳中央ルンゼで湿雪表層雪崩を誘発! | Main | 野伏ヶ岳実戦は雪崩遭遇!:ワンゲル部に雪上訓練2 »

Comments

本格的な訓練ですね。ワンゲル部というと雪のない山を歩いてばかりという印象がありますが、山岳部との違いはどこらへんにあるのでしょうか?

Posted by: CIMA | April 04, 2018 at 08:30 PM

コメントに気がつかず、返事が遅くなってしまいました。
申し訳ありません。
ワンゲル部と山岳部の区別ははっきりとはないでしょうね。
それぞれの大学のクラブごとに特色がありますので。
場合によってはワンゲル部の方が山岳部よりもハードな事をしている大学もあります。

Posted by: マメゾウムシ | April 27, 2018 at 06:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野伏ヶ岳中央ルンゼで湿雪表層雪崩を誘発! | Main | 野伏ヶ岳実戦は雪崩遭遇!:ワンゲル部に雪上訓練2 »