« ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その2:雪上泊訓練 | Main | 伯耆大山BC1日目:悪雪と視界不良の行者谷滑走 »

February 16, 2018

ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目:ラッセル&スキー訓練

ワンゲル部2月石徹白合宿の3日目は3連休の最終日。スキー訓練のために残るメンバーを除いて全員がこの日に帰路につく。午前中は、雪山登山希望者3人のために山小屋の裏山へラッセル訓練に。

P2120036

年末にもラッセル訓練は行ったが、今回はその時よりも倍以上にたいへん。前夜の降雪でさらに深雪に。私がスキーで膝ラッセルのに対して、スノーシューの彼らは膝上ラッセルに。ちなみに年末は臑程度のラッセルでした。ラッセル訓練としては最高の日ではありますが。

P2120038

植林の中の登り。しっかりコンパスを合わせて目的地を目指す。

P2120040

植林から広葉樹に変わると斜度が増し、ラッセルもより深くなる。頑張れ!

P2120041

目指す小ピークは近い!

P2120042

標高差250mを2時間18分かかって目的地の小ピークに到着。午前中だけでは行けないかと思いましたが、さすが若者で体力ありますね。ちなみにスキーで私が登るときはいつも1時間ほどでここまで来られますが、今回はもうちょい時間がかかるでしょう。積雪深をプローブで測ると2m50cmでした。この小ピークは平で幕営適地でもありますが、雪洞を掘ることも十分にできます。次回は雪洞訓練ですね。

P2120043

帰りは往路のトレースを使って下れば速い!

P2120044

45分ほどで小屋まで下れました。

Img_2787

午後は、帰路につく学生を見送ってからゲレンデへ。結構な風雪で視界も不良。数本滑っただけで終了としました。道路は除雪が追いつかず、スタックする車が多数あったようです。

*************************************
翌日(合宿4日目)は残った学生とスキー練習。一晩で70cmも雪が積もったので、ゲレンデパウダーでした。

Img_2790

ゴンドラ頂上駅真下の急斜面でさえ深雪過ぎて直滑降でないと滑らないぐらい。多くのスキーヤー・ボーダーが雪に埋もれていました。

Img_2789

ウイングヒルズ白鳥スキー場名物のウイングバーガー。なかなか絶品でした!

午後は早めに切り上げて、小屋の片付け。帰路はスタッドレスタイヤにチェーンを巻いて国道まで走りました。たぶんスタッドレスタイヤだけならばスタックしていたでしょう。なかなか雪に恵まれすぎた合宿4日間でした。

|

« ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その2:雪上泊訓練 | Main | 伯耆大山BC1日目:悪雪と視界不良の行者谷滑走 »

Comments

学生さんの雪上訓練は、まだ続きますかな?
スキーをやっている学生は、まだツアーは無理?

Posted by: CIMA | February 16, 2018 at 08:34 PM

CIMAさん、どうもです。
3月下旬ぐらいに雪上訓練を予定しています。
スキーの方はダメですね。
滑走日数が少ないので、ツアーに出られるレベルには今シーズンは届きそうにありません。
根本的に合宿の日程とあり方を考え直さないといけないでしょうね。

Posted by: マメゾウムシ | February 19, 2018 at 10:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その2:雪上泊訓練 | Main | 伯耆大山BC1日目:悪雪と視界不良の行者谷滑走 »