« ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目:ラッセル&スキー訓練 | Main | 伯耆大山BC2日目:春のような陽気の中でのキリン峠滑走 »

February 24, 2018

伯耆大山BC1日目:悪雪と視界不良の行者谷滑走

先週末は伯耆大山へBCに行ってきました。2014年から毎年通っている大山ですが(2014年3月1日2日、2015年3月28日29日、2016年3月12日〜13日、2017年4月1日2日15日16日の記録)、2月に行くのは初めて。当初はパウダーを期待していたのですが、初日の雪は、直前までの気温上昇と当日の気温低下により、表面がクラストしたモナカ雪に。悪天による視界不良もあり、山頂まで行けず。6合目避難小屋より行者谷を滑走して終了となりました。

【日程】2018年2月17日(土)
【山域】中国
【場所】伯耆大山
【メンバー】クロさん、Fukikoさん、Edさん、Chiyukiちゃん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】曇りのち雪
【装備】テレマーク5、アルペン1
【コースタイム】南光河原駐車場7:50~夏山登山道5合目9:42~6合目避難小屋10:05-30~行者谷滑走~元谷大堰堤11:05~大山ホワイトリゾート豪円山エリア11:30~南光河原駐車場11:47

Img_2794

深夜のうちに集合場所である南光河原駐車場に入ったのだが、翌朝は早い時間に満車となる。朝に到着したメンバーは、やむを得ず他の駐車場に車を駐めることとなった。当日は元谷で雪上訓練を行う山岳会もあり、結構入山者が多かった模様。知り合いのKさんもその中にいて、挨拶を交わす。ちなみに、スキー場が営業しているこの時期は駐車場代1000円を徴収される。

P2170001

メンバー6人が揃ったところで、夏山登山道から入山。

P2170003

夏山登山道は5合目より上で尾根が細くなり、斜度も急になるので、シール登行がしにくい。雪は前日までの気温上昇で充分に締まっており、ラッセルの必要もないので、最初からスキーを担ぐ。

P2170005

テレブーツには今シーズン初使用のアイゼンを装着。いつもながら75mmのテレブーツとアイゼンとの相性は悪いと思う。実に歩きにくい。

P2170007

5合目に着く頃には、雪も降り出し、視界も悪くなってきた。上部は風も強そうだ。

P2170008

当初の予定では弥山山頂まで登り、大の沢を滑走する予定であったが、この悪天なので、6合目避難小屋から行者谷を滑ることに変更。

P2170009

行者谷方向は見事に視界不良!

P2170011

往路を戻るのは面白くないので、行者谷へドロップするしかないでしょう!

なんとか酔わない程度には滑れる視界だったが、雪は表面だけがクラストしたモナカ雪状態。

P2170012

悪雪修行系の滑りとなったが、まあ、滑れないわけではない。こういう悪雪滑りもつまらないわけではなく、そこそこ面白い!

滑走シーンは動画をご覧下さい。

P2170013

元谷まで全員無事に滑り下りた。

P2170015

大堰堤からは林道に入り、ボブスレーのように滑る。

P2170017

だいせんホワイトリゾートに出て終了。

P2170018

あとはゲレンデをちょっと滑って、南光河原駐車場に戻ったが、まだ正午前であった。だいぶ車に雪が積もっていた。

Img_2796

この悪天なので、ゲレンデを滑る気にもならない。この時間ならば温泉も空いているだろうということで、近くの豪円湯院で温泉に入ってのんびりすることに。

Img_2795

ここは食事メニューが安く、大盛りカレーで550円。スキー場で食べたら、きっと1,000円するでしょうね。

Img_2797

しばらく時間を潰していると、雪がやみ、晴れ間もちょっと出てきた。外に出ると、大山北壁が見えていた。

Img_2798

大山の南面。見る方向によって形が変わります。

Img_2800

それでも時間を持て余して、某公園の雪原で遊ぶメンバー。

Img_2803

ヒールフリーのテレマークスキーはクロスカントリースキーと同じ動きもできるので、平らな雪原でも遊べる。細板革靴やBCクロカンならば、さらに軽快に遊べる。

Img_2804

そんなことをしているうちにいい時間になり、大山の山麓に在住のpianさんが合流。なかなか予約の取れない米子のきっちんピノキオに連れて行ってもらう。

Img_2807

牛の胃袋トリッパのアラビアータ。辛さがなんとも言えない美味しさ。

Img_2808

自家製ソーセージ。

Img_2809

手羽先スモーク。

他にも、自家製生ハムサラダ、タコのアヒージョ、エビのアヒージョ、マルゲリータピザ、カキとほうれん草のパスタ、イカのフリット、名物のビーフシチューなどたらふく食べて、しっかり飲んで楽しい宴でした。酔いがまわって写真を撮れなかったのが残念。その後は、pianさんの家でお酒とコーヒーをご馳走になり、翌日にBCに行けるだろうかという遅い時間にお開きとなりました。pianさん、ありがとうございました。


YouTubeにアップした記録動画です。

伯耆大山BC2日目につづく

|

« ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目:ラッセル&スキー訓練 | Main | 伯耆大山BC2日目:春のような陽気の中でのキリン峠滑走 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目:ラッセル&スキー訓練 | Main | 伯耆大山BC2日目:春のような陽気の中でのキリン峠滑走 »