« 正月信州遠征1:天狗原・裏ヒヨ滑走 | Main | 正月信州遠征3:猫岳第3尾根を激ラッセルで敗退 »

January 16, 2018

正月信州遠征2:ハクノリスキー場から若栗の頭

正月2日目は上部の雪崩リスクが高そうなので、お手軽コースのハクノリスキー場から若栗の頭に登り、黒川沢へ滑走しました。

【日程】2018年1月2日(火)
【山域】北ア・後立山
【場所】小谷 若栗の頭
【メンバー】Kaoriさん、むねちさん、マメゾウムシ
【天候】晴れのち曇り
【装備】テレマーク3
【コースタイム】ハクノリスキー場若栗ゲレンデトップ10:16〜若栗の頭1598m11:44-12:01〜黒川沢滑走〜ハクノリスキー場12:43

前夜は元旦でしたので、当然ながら飲む。そうすると翌朝はゆっくりめの行動となる。おまけに山の上部は強風で雪崩リスクも高いとなれば、樹林帯を回すことになる。当初は天狗原から裏天狗を滑走し、若栗の頭経由でハクノリスキー場まで抜ける予定だったが、その逆コースでお手軽な若栗の頭までとした。メンバーには私とKaoriさんに、これまた正月の恒例メンバーであるむねちさんも加わり、リフト1日券も購入し、下山後はゲレンデ練習とすることにした。

P1020001

リフトで若栗ゲレンデのトップに上がる。今日は天気予報によると午前中は小康状態。確かに晴れ間が出ました。ただし、上部は雲の動きが速く風が強そうであった。

P1020005

上部の雪崩リスクが高いということで,皆さん同じ事を考えるようで、主にガイドツアーだが、複数のパーティーと入山が一緒になりました。

P1020007

先行パーティーを次々と追い抜き、いつの間にか先頭となる。ほとんどのパーティーは若栗の頭の手前の小ピークから滑走していたが、我々は輪限りの頭まで行くことに。そのためラッセルとなるが、私が責任を持って先頭を行きます。同行の2人が速いので、その方がマイペースで行けるだけですが...

Img_2580

若栗の頭に到着! 親沢からのトレースはなしでした。

P1020011

急斜面の黒川沢への滑走は少々不安でしたが、ガイドパーティーがドロップしていることだし、大丈夫そうなので...

P1020012

これが激重雪でした! 標高が低いのと、陽が当たってしまったためでした。まあ、それでもゲレンデを滑るよりは楽しい!

P1020014

所々に亀裂や穴もあったりで。

P1020015

黒川沢へは筋トレ的な滑走となりました。

P1020016

黒川沢からはツルツルに磨かれたトレースをボブスレーのように滑り、ハクノリスキー場のゲレンデに戻る。

Img_2581

ランチの時間に間に合いました。Pizza de PonchonでKaoriさんファミリーと合流して、ピザでランチ。ピザにはもちろん生ビールです。

あとはゲレンデをちょっと滑り、本日のスキーは終了。Kaoriさん、むねちさん、および一緒に宿泊した皆さん、2日間ありがとうございました。私は皆さんと別れて、翌日のバックカントリーのために移動するのであった。

|

« 正月信州遠征1:天狗原・裏ヒヨ滑走 | Main | 正月信州遠征3:猫岳第3尾根を激ラッセルで敗退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 正月信州遠征1:天狗原・裏ヒヨ滑走 | Main | 正月信州遠征3:猫岳第3尾根を激ラッセルで敗退 »