« 風雪の氷ノ山1日目:わさび谷滑走 | Main | 雪崩ビーコンの買い換え:MAMMUT Barryvox S »

January 31, 2018

風雪の氷ノ山2日目:三ノ丸往復

風雪が強くて氷ノ山のピークまで行けなかった1日目でしたが、2日目も再びわかさ氷ノ山スキー場からピークを目指す。朝のうちはマシな天気だったが、やがて天気が急変し、前日よりもひどい荒天に。おまけに数m先も見えないホワイトアウト。GPSを頼りに往路を撤退となりました。

【日程】2018年1月28日(日)
【山域】中国
【場所】氷ノ山
【メンバー】Fukikoさん、マメゾウムシ
【天候】曇りのち雪
【装備】テレマーク2
【コースタイム】わかさ氷ノ山スキー場パノラマコーストップ8:58〜チャレンジコーストップ9:28〜稜線1410m10:18〜家の谷川源頭1280m10:30-46〜三ノ丸避難小屋11:27-12:18〜わかさ氷ノ山スキー場パノラマコーストップ13:13


Img_2640

この日の朝のわかさ氷ノ山スキー場は、前日とは異なり、降雪もなく、稜線も見えていた。今日は東面を何本か滑り、ピークハントもして、大蔵谷を滑走と、当初はちょっと欲張り気味な計画を立てていた。

P1280030

今日もチャレンジコースのリフトは雪崩の危険があるため運休。ゲレンデにはシュプールが数本ついているが、まだそれほど荒らされてはいなかった。

P1280031

リフト1本分を今日も登る。

P1280032

チャレンジコースの上に出て、急斜面の杉林に入る。

P1280033

前日のトレースのおかげでラッセルは無し。

P1280035_2

氷ノ山の山頂も見えている! 今日は行けそうな感じ。

P1280036_2

稜線に出ると、風はあるが、充分に耐えられるレベル。

P1280037

まずは、三ノ丸の手前の稜線上1410mからノートラックの東面を滑るとしましょう。

P1280038

想定通りの激パウ! ショートターンで攻めてみました。

P1280039

Fukikoさんも続く。

P1280041

家の谷川源頭の標高1280mあたりまで滑って、稜線に登り返す。

Img_2641

稜線に戻ると、なんと暴風雪で視界不良となっているではありませんか! 想定外の天気の急変でした。気圧の谷がちょうど山陰沖を通過しているところでした。気圧の谷は気にはなっていたが、ここまで天候が急変するとは思ってもいなかった。

P1280042

前日に引き続き、三ノ丸避難小屋に逃げ込む。外は前日よりもひどい暴風雪となっていた。しばらく待機して様子を見たが、天気が落ち着く気配はない。前日と同様にわさび谷からの滑走も考えたが、この視界不良の暴風雪の中をドロップ地点まで行くのは結構大変そうだ。往路を戻るのであれば、シールを外した状態で行ける。結局、往路を戻ることにする。

P1280043

外は数m先も見えない状態! GPSに頼りながら、ほとんどプルークボーゲンで稜線を戻る。地形がわからないので、段差を飛び越えてしまい、転倒することもあり。平衡感覚もおかしくなる。久しぶりの本気モードとなる!

P1280044

ゆっくりでも戻っていけば、樹林帯になり視界も出てくる。これで一安心。

P1280046

ゲレンデのトップまで戻ると、風も弱く、平穏な感じ。稜線だけが荒れていたようだ。

雪崩の危険があるため閉鎖されたゲレンデを滑るのはちょっと気が引けたのだが、すでにシュプールは結構ついていたし、一般のボーダーがつぼ足で登ってきてもいる。これはやはり滑らねば。

P1280048

ちょっと重めのパウダーでしたが、悪くはなかった。どれが自分のシュプールかわからないね。

P1280049

遠くから見ると自分のシュプールはなんとなくわかった。

本日は三ノ丸までしか行けず、敗退! 前日と同様に物足りないバックカントリーとなってしまった。まあ、この天気ならばやむを得ない。若桜ゆはら温泉ふれあいの湯で汗を流し、道の駅若桜桜ん坊にてお土産を買って帰路についたのだった。

|

« 風雪の氷ノ山1日目:わさび谷滑走 | Main | 雪崩ビーコンの買い換え:MAMMUT Barryvox S »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 風雪の氷ノ山1日目:わさび谷滑走 | Main | 雪崩ビーコンの買い換え:MAMMUT Barryvox S »