« 正月信州遠征4:黒姫山南西尾根 | Main | 新年石徹白合宿その1 »

January 18, 2018

”集まろうテレマーク2018!”の申込締切まで残り1週間!

”集まろうテレマーク2018!”の参加申込の締切1週間前となりました。
まだ申し込んでいない人は急いで申し込みましょう。

日本のテレマークスキー創成期における第一人者である山本由紀男さんがゲストです。
夜のパーティーではその当時のことを語ってもらいますよ。
他にはテレマークスキー講習会にやゲームなど、盛り上がること間違いなし!
ぜひ参加しましょう!

**************************************
募集要綱

新生! 集まろうテレマーク2018!

日本のテレマーク創成期第一人者! 山本由紀男さんがやってくる!
テレマークスキー講習会 ゲーム コンテスト パーティー
テレマーク関西講習会を引き継いで、今回から新しい組織とメンバーにて開催します!

★主役は皆さんです!
テレマークスキーヤーが沢山集い、テレマークらしく自由に楽しく滑り、夜はパーティー(交流親睦会)で更に盛り上がりましょう!

■日程 2018年2月3日(土)・4日(日)

■会場 神鍋万場スキー場

■宿泊・パーティー 名色ホテル

■テーマ
1.関西テレマークの輪を広げよう! 〜みんなで滑ってテレマークを盛り上げよう!〜
2.テレマークスキルをアップしよう! 〜伸び悩んでいる方、講習会やります!〜
3.初めての人もテレマークに挑戦してみよう! 〜初心者大歓迎!〜

■スケジュール

2月3日(土)
7:30-8:45 受付(名色ホテル入口)
9:00-10:00 スタッフと新雪を滑ろう!
10:20-10:30 開会式&記念撮影(スキー場)
10:30-12:30 テレマーク講習会
14:00-15:30 ゲーム「クラシックスプリント」
 緩斜面を滑り、緩斜面?を走って、また滑る勝ち抜き戦です。用具はシール、グリップワックス、ステップソール板、NTN、BCクロカン等OKです。(ツボ足はNG)
20:00- パーティー

2月4日(日)
9:00-10:00 みんなで滑ろう!
10:00-12:00 テレマーク講習会
13:30-14:30 ゲーム「クラシックリレー」
 4人1チームで滑って走るリレーの勝ち抜き戦です。チームをあらかじめ組んでくださるのもよし、イベント中に組んでくださるのもよしです。
14:30-15:30 関西名物 テレジェンヌ・テレジャンコンテスト
 滑走、ターン、アイデア(ビジュアル、かっこよさ、インパクト)等で審査員が採点します。テレジェンヌは女性部門、テレジャンは今回初登場の男性部門です。部門は自己申告で男女混合シンクロもOKです。
15:30-15:40 閉会式&記念撮影

★テレジェンヌ・テレジャンに参加しよう! 仮装OK!
★今年もテレカフェ! カップ持参してね

■募集人数 先着80名

■参加費  一般11,000円、学生9,000円(1泊2食、パーティー代、保険代込み)リフト代は別途かかります。

■講習会費(希望者のみ) 2時間1コマ 一般3,000円、学生2,000円

■宿泊 神鍋高原 名色ホテル
兵庫県豊岡市日高町名色1337
TEL 0796-45-0393 FAX 0796-45-1190

■申込締切 2018年1月25日(締切前でも定員になり次第締切)

■申込方法
エントリーページに入り、必要事項を記入して送信して下さい。申し込み完了後、5日以内に参加費の振り込みをお願いします。

■注意事項 
①お申込み後の参加者の都合による不参加の場合、参加費の返金はできませんのであらかじめご承知おき下さい。
②積雪不足等などでやむを得ず中止の場合は、1 月30日に決定し、メールFAX などで御連絡致します。その場合は、一律1000 円を差し引いた金額を返金させて戴きます。ご理解ください。
③あくまでも自己責任による個人参加を前提としていますが、万一事故があった場合は加入保険の補償範囲内で対応させていただきます。

■主催・問い合わせ先 集まろうテレマーク2018実行委員会
Email kansai.telemark@gmail.com
Facebookページ

「集まろうテレマーク2018要項.pdf」をダウンロード

Img_2593

万場スキー場の第1リフト

Img_2594

万場スキー場でのスタッフの練習風景(2018年1月7日撮影)

|

« 正月信州遠征4:黒姫山南西尾根 | Main | 新年石徹白合宿その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 正月信州遠征4:黒姫山南西尾根 | Main | 新年石徹白合宿その1 »