« 奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行 | Main | 奥美濃 石徹白川 母御石谷 »

August 03, 2017

黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行

今年の8月は結構多忙で、長期の休みは取れなそうです。一足先に、7月末日に有給1日を取り、3日間の夏休みとし、黒部源流方面へ沢遊びに行ってきました。当初は沢1泊で真川のシンノ谷を遡行し、3日目に赤木沢遡行の予定でしたが、天気予報がよくなかったので、1日目は折立周辺で釣りとし、夜は宴会。2日目に太郎平に上がり、薬師峠から薬師沢中俣を釣りをしながら薬師沢小屋まで下降。3日間のうちでは最も天気がマシそうな最終日に赤木沢を遡行することにしました。以下、その夏休み2日目と3日目の記録です。

【日程】2017年7月30日(土)〜31日(月)
【山域】北ア立山
【渓谷名】黒部川 薬師沢中俣・赤木沢
【メンバー】りっひー、しっきー、マメゾウムシ
【天候】7/30 曇り時々雨、7/31 晴れのち曇り
【コー スタイム】
7/30 折立5:13〜太郎平小屋8:23-57〜薬師峠9:15〜(薬師沢中俣下降)〜登山道の橋(2075m)11:12〜薬師沢左俣出合12:53〜薬師沢小屋14:44
7/31 薬師沢小屋6:22〜赤木沢出合8:05〜大滝下10:03〜稜線(赤木岳直下)12:30〜北ノ俣岳12:52〜太郎平小屋13:53-14:22〜折立16:17

**************************************
7月30日(折立〜薬師峠〜薬師沢中俣下降〜薬師沢小屋)

P7300004_2

前日に折立入りし、真川で渓流釣りをし、夜は宴会だったため、少々二日酔い気味で迎えた出発の朝でした。やはり天気予報通りのパッとしない天気。

P7300005

黙々と歩いて、折立への登山道を登る。

P7300009

森林限界を抜けるとチングルマなど高山植物の花々が迎えてくれた。

P7300010

曇りですが、なんとなく天気は持ちそうな感じ。

Img_2150

折立から3時間で太郎平小屋に到着。今日はもう登りはありません。太郎平小屋で遭対協の当番で上がっていたsinoyosiさんと久しぶりにお会いしました。

Img_0015

3人で記念撮影。この後、私としっきーは薬師沢中俣を下降することに、りっひーは1人で薬師岳へと別行動し、薬師沢小屋で合流することに。

P7300012

薬師峠で沢装備を装着し、踏み跡を薬師沢中俣へ下降する。

P7300013

薬師沢中俣に出ました。水はさすがに冷たい。

P7300015

薬師沢中俣は大きな滝はありませんが、沢の下降は慎重に行動するに越したことはありません。実はしっきーは今日が沢デビューです。

P7300018

沢での雪渓はこれだけでした。

P7300021_2

魚影が目立ってきたところで、テンカラ竿を振ると、早速釣れました!

P7300022

しっきー、人生初イワナゲット! ではなく、私の釣ったイワナです。

Iwana2

薬師沢右俣出合で釣ったイワナ。釣果はイマイチな感じ。下降しながらの釣りですから、イワナに見られちゃっています。おまけに釣り人も結構入っている感じで、毛鉤を見破るスレた魚が多い。それでもそこそこイワナが釣れるのは、薬師沢の魚影の濃さでしょうか。

P7300023

薬師沢左俣が合流し、下降するにつれて水量も増えていく。

Img_0030

しっキーもテンカラ釣りに初挑戦。残念ながら釣果は無しでした。

P7300024

薬師沢小屋が近づくにつれて、徒渉も膝以上のところが多くなってきたので、釣りはやめて、少々本気モードでの沢下降に。

P7300025

薬師沢小屋が見えて一安心。少々雨はパラつきましたが、本降りにはならず、なんとか天気はもちました。5時間かけての、のんびり薬師沢の下降でした。

P7300026

黒部川本流です。去年は上ノ廊下からここへ上がってきました。黒部川の水量は平水とのこと。

P7300029

翌日に向かう上流方向。

P7300027

薬師沢小屋にはりっひーの方がちょっと先に到着していました。さすがに我々はのんびりしすぎたか。

P7300028

久しぶりの山小屋泊となる薬師沢小屋の夕食は満足なものでした。持ち上げたアルコール類はすべて消費してから就寝となりました。

**************************************
7月31日(薬師沢小屋〜赤木沢遡行〜北ノ俣岳〜折立)

翌朝は前日とは打って変わっての晴天となりました。

Img_0048

しっかり朝食を食べて。

P7310030

のんびり目に出発。早すぎると水温が低いので。

P7310031

黒部川本流でもテンカラ竿を振ってみましたが、釣れるのは20cm以下の小さなイワナばかりでした。毛鉤をイワナから外してくれるしっきー!

P7310032

所々で徒渉あり。平水とは言え、そこそこの水量があるので、場合によってはスクラム徒渉で対岸へ渡ることも。

P7310035

黒部川本流には赤木沢出合の手前に滝があります。赤木沢は9年前に遡行しているのですが、すっかりそんな滝の存在を忘れていました。

P7310037

右からしっかりした踏み跡に従って巻きます。

P7310038

赤木沢の出合は大きな淵となっていて、正面は黒部川本流最後の滝になります。ここは右から巻いて。

P7310039

出合近くはヘツリ気味に進んで。

Akagisawa

出合の小滝の上に出ました。

P7310040

いよいよ赤木沢の遡行開始です。いきなりきれいなナメから始まります。

P7310041

すぐに3段15m滝が現れます。沢が明るいし、スケールが大きい!

P7310042

階段状の右側から登る。

Img_0073_2

10mナメ滝!

P7310045

ウマ沢出合。イワナの魚影が走るので竿を出してみます。

P7310046

遡行者は我々だけということもあり、すぐに釣れました!

Img_0080

4段ぐらいの連瀑下のプールにて。

P7310048

良型のイワナが釣れました。

Iwana3

さらにもう一匹、良型が釣れました! 残念ながら尺には届かず。

P7310050

釣りばかりしていると進まないので、今日の釣りはこれで終わりにして、連瀑を登るとします。

P7310052

連瀑下部はプールを泳げば直登も可能ですが、冷たそうなので左の巻き道から。

P7310053

その上の2段5m2条。

P7310054

ここは右の草付きから巻く。巻き道はしっかり踏まれていて、まるで登山道のようです。

P7310055

しばらく間をおいて、2段5m2条。

P7310056

すぐに2段2m滝で下はトイ状滝。

P7310057

トイ状の上の2段目の滝。だいたいの滝は階段状で直登は容易。このあたりまでイワナの魚影がありました。

P7310059

しばらく沢歩きとなりますが、素晴らしい渓相です!

P7310061

20mぐらいの斜滝が現れ。

P7310062

連瀑帯となる。

P7310065

滝が続く。

P7310067

階段状なので、好きなところを登れる。

P7310068

いきなり正面に壁が現れた。

P7310069

近づくとなかなか迫力のある岩壁!

P7310070

流れは右に屈曲し、現れたのは大滝30mだった。ここまで出合から2時間。大滝はこんなに近かったっけ? 9年前の記憶があまりない。

P7310071

大滝はちょっと戻った所から右にある踏み跡から高巻いたが、9年前は、おそらく流れが右に屈曲するところの右側にある木のはえている岩壁をフリーで登ったと思う。

P7310072

大滝の落ち口をトラバース。

P7310073_2

振り返ると鷲羽岳が正面に。沢日和の天気です。

P7310074

大滝上のすぐの二俣を右に入る。この右俣はおそらく稜線に出るには一番早いルート。今日中に下山しないといけないので。本流は左俣で、9年前は左に行ったと思う。

P7310075

この右俣はすぐに滝が出てくる。

P7310077

連瀑となる。

P7310078

直登は容易!

P7310079

滝はいやというほど続きます!

P7310080

滝が無くなると源頭の雰囲気になる。

P7310082

流れはお花畑を通り。

P7310083

稜線はだいぶ近くに。

P7310084

苔がたくさん生えている所が、水が湧いているところでした。

P7310085

水が涸れて、草原の中を進む。

P7310086

ちょっとだけハイマツ漕ぎはありました。

Img_0123

フエルトは草の上ではよく滑るので、沢装備を解除する。赤木岳直下には雪渓があり、これは直登できなそうなので、右から回り込むことにする。

P7310087

登山道にでました。あとは退屈な登山道歩き。午前中はよい天気でしたが、この頃には空はすっかり雲に覆われていました。カンカン照りよりかは、むしろこの方が稜線歩きには涼しくてよいでしょう。

P7310088

2ヶ月前にはスキーで来た北ノ俣岳を通過。

P7310090

太郎平小屋に到着。

P7310089

行動食がひもじかったので、カレーライス大を注文。具だくさんでヴォリュームもあって美味しかった!

P7310092

折立へ下りるとしましょう。薬師岳が見えた!

P7310093

太郎平小屋から2時間で折立に下山。10時間ほどの行動時間でした。

下山後は亀谷温泉で汗を流す。ここで檜枝岐へ帰るりっひーとお別れ。りっひーは尾瀬でガイドをしてます。

Img_2152

残った私としっきーは富山の回転寿司で打ち上げ。運転があるので、アルコールはなしですが。食事後は、東京へ帰るしっきーを富山駅に送って、私も帰路につきました。

9年ぶりの赤木沢は、当初の天気予報とは異なる好天となり、我々だけで独占でき、イワナにも出会えて、いい思い出になりました。技術的にはちょっと物足りないところはありますが、それでもいい沢でした。

|

« 奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行 | Main | 奥美濃 石徹白川 母御石谷 »

Comments

沢歩きと釣りが程々に楽しめて良かったですね。
やはり今の時期、週末を外すのが正解?
北陸地方も梅雨が開けたから、しばらく平日も混雑しそう。

Posted by: しま | August 04, 2017 at 04:51 AM

しまさん、どうもです。
やはり平日がいいですね。
今回は天気がパッとしなかったということもあり、入渓を避けた人も多かったのではないかと。
お盆あたりはは平日も混むでしょうね。

Posted by: マメゾウムシ | August 04, 2017 at 11:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行 | Main | 奥美濃 石徹白川 母御石谷 »