« 黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行 | Main | 奥美濃 前谷川支沢 阿弥陀ヶ滝上流部の探索 »

August 13, 2017

奥美濃 石徹白川 母御石谷

バックカントリースキーでよく行く石徹白方面ですが、私が顧問をしているワンダーフォーゲル部はその石徹白に山小屋を持っています。山小屋は豪雪地帯にあるわけなので、冬はスキーや雪山の訓練には最適な場所です。ところが現在のワンゲル部の活動は無雪期縦走が中心になっていて、山小屋がうまく活用されておらず、残念ながら宝の持ち腐れ状態です。部員たちの目を山小屋へ向けさせるには、冬季だけでなく無雪期においても山小屋をベースに何ができるかが重要になってきます。幸いなことに、山小屋の近くには九頭竜川水系と長良川水系の沢が豊富にあり、沢登りの訓練が十分にできそうです。そのためには沢の偵察が必要ということで、先月はワンゲル部OBのIくんと長良川水系の前谷川とその支沢である荒倉谷川を遡行しました。今回は九頭竜川水系の母御石谷と長良川水系の前谷川支沢を遡行してきました。まずは母御石谷の報告です。

【日程】2017年8月5日(土)
【山域】奥美濃
【渓谷名】九頭竜川水系 石徹白川 母御石谷
【メンバー】Iくん、マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れ
【コー スタイム】石徹白大杉登山口6:38〜母御石谷出合6:59〜ゴルジュ9:37〜1390m二俣10:19〜1490n二俣11:02〜登山道(1645m)11:51-12:06〜神鳩避難小屋12:18-28〜石徹白大杉登山口13:20

前夜のうちに大杉登山口に着いて、3時間ほどの仮眠を取ってからの出発です。

P7170099

ここからの登山者はさほど多くはないのですが、何人かが大杉登山口から登っていきました。

P8050001

我々は登山道ではなく、林道を進みます。

P8050003

しばらく進んで、ヘアピンカーブを過ぎると林道は荒れてきます。

P8050004

大滝を左に見ながら過ぎて、右から入ってくる沢が母御石谷です。

P8050005

母御石谷にかかる橋を渡ったところから入渓します。

P8050006

右岸には5mの滝がかかる支沢の流れがあります。

P7170103

ゴーロ帯を歩いて行くとすぐに堰堤が現れます。この堰堤は以前の偵察時には左から越えたのですが、結構草付きの泥壁が崩れやすい。今回は右から行ってみました。途中に深さ3mほどのギャップがあり、そのギャップにはちょうど倒木がかかっていたので、その倒木をハシゴ代わりにしてギャップを渡る。ここが1番の難所だったかもしれない。

P8050007

ギャップを渡った後は、容易な高巻きで堰堤上に出られました。

P8050009

しばらく進むとナメが現れます。

P8050010

ナメを過ぎると、カツラの大株を右に見る。このあたりはイワナの魚影が濃いですが、大滝より上は禁漁区になっています。

P8050014

水もきれいで、いい渓相です。私たち2名は昆虫研究者なので、観察しながらのんびりの遡行です。途中、ワイヤーがあったりしたので、かっては林業などで入渓をしていたのだろうか?

P8050015

1.5mぐらいの小滝が出てきて、若いIくんは果敢にシャワーを浴びながら水線を攻める。年寄りは無理せずです。

P8050019

両岸が狭くなり、ゴルジュが現れる。手前が3m、奥が1mの滝ですが、難なく越えられる。

P8050020

すぐに深い釜をもった4mほどの滝が現れる。

P8050021

若いIくんはもちろん釜に浸かってから、シャワーを浴びながら直登。年寄りは右から巻きました。

P8050025

4m滝の奥にすぐ3mの滑り台滝。

P8050026

ゴルジュを抜けた後は平凡な流れとなるが、癒やされる。

P8050027

標高1370m付近で右岸からの流れが入る二俣があるが、覗いてみると5mぐらいの滝があった。

P8050030

本流に戻ってしばらく進むと、1390mの二俣。 右俣は神鳩避難小屋に出るらしいが、本流の左俣を進む。

P8050031

すぐに6m滝が現れる。シャワーを少々浴びることになるが、直登は容易でした。

P8050032

だんだん藪が濃くなってくる。

P8050034

前方にヘルメットが落ちているのが目に入る。見覚えのある... なんと自分のスキー用ヘルメットでした!

0012_xlarge

今年の3月20日のことでしたが、バックカントリースキーで銚子ヶ峰に登る途中で、ヘルメットを母御石谷に流してしまうという失態を冒しました。4ヶ月ぶりの奇跡の再会です。ヘルメットの保存状態はよく、再び使えそうです。すっかり忘れていましたが、こんなこともあるんですね。

P8050035

1490m二俣は水量はほぼ1:1だが左に進む。

P8050036

ササが沢を覆ってきて、藪漕ぎ状態に突入。

P8050037

最後はササを掴みながら登り、無事登山道に出ました。

P8050038

登って来た母御石谷を振り返る。このあたりは今年の3月19日に滑ったところでもある。

P8050039

正面に母御石が見える。沢装備を解除して登山道を下るとしよう。

P8050040

神鳩避難小屋で登山者と会いました。

P8050043

雪のあるときにしか歩いたことのない登山道ですが、このあたりはいいブナ林です。

P8050045

石徹白大杉まで来れば、もう登山口はすぐです。

母御石谷は大きな滝はありませんが、癒やし系の沢でした。

|

« 黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行 | Main | 奥美濃 前谷川支沢 阿弥陀ヶ滝上流部の探索 »

Comments

へぇ〜、ヘルメットが見つかりましたか!
びっくり仰天。
なんだか自分のところに戻ってきてくれたようで、可愛く思えたりして。。。

Posted by: しま | August 14, 2017 at 01:45 PM

びっくりしました。
愛着は湧きますね!

Posted by: マメゾウムシ | August 14, 2017 at 01:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行 | Main | 奥美濃 前谷川支沢 阿弥陀ヶ滝上流部の探索 »