« 雪彦山でワンゲル部員の岩場歩き訓練+献血活動 | Main | 奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行 »

July 25, 2017

奥美濃の幻の滝を見に荒倉谷川遡行

遡行から10日も経ってしまいましたが、7月3連休に行った奥美濃での沢登りの報告です。

奥美濃の白鳥からは石徹白を経て白山まで続く白山美濃禅定道がある。前谷集落から石徹白の檜峠までは、その旧道が残っている。その旧道から見えるのがアラクラ滝である。このアラクラ滝は木々に葉が茂っている間は見ることができない。葉がない時期は冬だが、この一帯は豪雪地帯でもあり、雪の中をあえて滝を見に行く人はそういない。そのため秋口から初雪が降るまでか、春の雪融け後から葉が茂るまでの限られた時期にしかこの滝を見ることができない。それが幻の滝と言われる所以である。今回は、ワンゲル部OBの若きクライマーIくんという頼もしいパートナーと、荒倉谷川の出合から遡行し、アラクラ滝を下から眺めようということになった。ついでにアラクラ滝が登れるようであれば、登ってしまおうと。荒倉谷川は前谷川の小さな支流でもあるので、まったく遡行の記録はネットでは見つからない。短い沢で遡行の魅力がないのかもしれないが、未知の沢は冒険心をくすぐる。はたして荒倉谷川はどんな沢で、アラクラ滝はどんな滝だったのか、以下、報告です。

【日程】2017年7月15日(土)
【山域】奥美濃
【渓谷名】長良川水系 前谷川支流 荒倉谷川
【メンバー】Iくん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】檜峠7:21〜白山禅定道案内板8:19〜荒倉谷川取水口8:37-59〜アラクラ滝下9:45〜アラクラ滝偵察終了10:49〜アラクラ滝落ち口11:19〜白山禅定道横断地点(標高810m)11:38〜檜峠12:27

P7150001

今回は白山美濃禅定道の旧道部分も歩いてみたかったので、檜峠を起点にした。帰りは登りになるかもしれないが、たまにはそんな沢登りもよいだろう。

P7150002

檜峠からは毘沙門岳の登山道に入る。

P7150003

しばらく進むと分岐があり、下方向に向かう白山禅定道の旧道に入る。

P7150008

中の峠、茶屋峠とアップダウンがある。

P7150009

茶屋峠を越えると、アラクラ滝が見えるポイントに。滝は木々の葉に隠れて見えず、滝の音がするだけ。

P7150013

途中、動物の鳴き声が茂みの中からするので、見てみるとカケスの雛だった。おそらく巣から落ちてしまったのだろう。我々としてはどうすることもできない。

P7150016

旧道だけあり、社の跡もある。

P7150017

白山禅定道の案内板まで下りると、そこからは車道になり、分岐を左に下る。

P7150019

途中で、岐阜の棚田21選に選ばれた正ヶ洞棚田を眺めることができる。

P7150021

県道に出る手前で左の林道に入って、しばらく進むと取水施設がある。ここが荒倉谷川の入渓地点で、取水のためこの下は涸れ沢となっていた。

P7150020

沢の入口は草木の葉が生い茂り、狭く暗い。水量も少ない。まるで金剛山や滝畑の沢の雰囲気。はたして遡行価値はあるだろうか? まあ、行ってみるとしましょう!

P7150022

すぐに小滝が現れて、いくつも続く。

P7150024

胸まで水に浸かる深みもある。

P7150026

そんなに悪くないのでは!

P7150027

シャワーも浴びる!

P7150029

チビイワナが時々走る!

P7150031

小滝の後は、樹林の中の沢歩き。

P7150032

ヒキガエルもお出迎え。

Iwana

イワナはチビばかりだが、結構、魚影が見られる。 人が入らない沢のためイワナの警戒心が弱いのか、水中写真を撮ることができた。

P7150034

ちょっとしたナメもある。

P7150037

5m滝が現れた。この沢初の本格的な滝である。

P7150041_2

直登は容易でした。

P7150044

なにやら大きな滝の音が。 入渓から1時間ほどだったが、ついに幻のアラクラ滝が姿を現した。下1段は4mほど。

P7150045_2

その上は、さらに2段あり、全部で3段50mはある。

0030_xlarge

下から2段目までは直登できた。落ち口を眺めるが、上部1段の直登は難しそうだ。

P7150047

右から高巻きを試みるが、岩盤に阻まれ、トラバースは難しそうだ。

0032_xlarge

アラクラ滝の直登は頑張ればできそうではあるが、今回は無理せずに偵察だけにする。直登は次回の宿題だ。高巻き地点から30mロープ2本の懸垂下降で撤退。

P7150050

比較的安全なアラクラ滝の高巻きは、滝下から南方向の斜面を登り、白山禅定道に出るルート。部分的に岩が脆い所があり、滑落に注意は必要だ。

P7150053

標高にして100mほど登らねばならないので、結構キツい。

P7150055

白山禅定道に出たら、しばらく登ってから沢へ戻る。滝上の流れは平凡で、もう遡行要素はなさそうだが、落ち口を見に行くことにする。

P7150056

落ち口は狭い。狭いから、水量が少なくても、滝がそこそこの見映えになるのかもしれない。滝上にもチビイワナは見られた。

P7150057

沢を白山禅定道が横切る所で遡行を終了とする。これより上は遡行要素はなさそう。入渓前に下った白山禅定道の登りは、暑さもあり、結構堪えた。

荒倉谷川は、標高差260m、距離にして2.4 kmの短い沢だったが、アラクラ滝を見に行くには充分に使えるルートである。また初心者の沢入門にもよいかもしれない。

Photo

荒倉谷川の遡行図です。

|

« 雪彦山でワンゲル部員の岩場歩き訓練+献血活動 | Main | 奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雪彦山でワンゲル部員の岩場歩き訓練+献血活動 | Main | 奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行 »