« 奥美濃の幻の滝を見に荒倉谷川遡行 | Main | 黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行 »

July 26, 2017

奥美濃石徹白の玄関口である前谷川遡行

前谷川は大日ヶ岳の南面にその最初の一滴を発し、奥美濃の白鳥にて長良川に注ぐ石徹白の玄関口にある谷である。前日に前谷川支流の荒倉谷川でウォーミングアップを済ませた我々は、前谷川の完全遡行に挑んだ。

【日程】2017年7月16日(日)
【山域】奥美濃
【渓谷名】長良川水系 前谷川
【メンバー】Iくん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】檜峠5:30〜魚返し橋6:08-35〜取水設備6:56〜10m滝(最初の本格的な滝)7:11〜堰堤7:48〜15m大滝7:11〜V字5m滝9:21〜2条8m滝9:27〜二股に分かれる8m滝10:25〜3段15m滝10:41〜ねじれた10m滝10:52〜黒壁の15m滝11:14〜黒壁8m滝13:08〜1530m二股15:18〜登山道15:56〜鎌ヶ峰16:43〜水後山17:06〜ウイングヒルズスキー場トップ17:33〜檜峠18:07

前谷川は奥美濃では比較的知られた沢のようで、ネット上にも記録はいくつか見つかる。どの記録を見ても思うのはその行程の長さと、最後の詰めである笹藪の猛烈さだ。ヘッデン下山はできれば避けたいので、早立ちということで5時半に檜峠を出発した。

P7160002

県道314号線を40分ほど歩いて、前谷川の入渓地点である魚返し橋に到着。よさげな渓相である。ここは野伏ヶ岳などにバックカントリースキーに行く際にいつも通る所で、以前から気になっていた沢でもある。

P7160004

沢に下降するところを捜すがよさげなところがない。左岸側から懸垂下降で入渓することにした。どうやら下流側に容易に下降できる所はあったようですが。

P7160006

いきなり、いいナメが始まります!

P7160007

癒やし系か!

P7160008

小さなナメ滝も続きます!

P7160009

チョックストンがいきなり行く手を阻むが、ザックを下ろせば、トンネルをくぐれます。

P7160012

またナメ滝!

P7160013

沢靴のフエルトのフリクションを利かせて、ヒタヒタと歩く。

P7160014

名渓か!

P7160016

そんなナメも取水施設が現れると終わってしまいます。

P7160019

その後はゴーロになりますが、部分的にナメ滝が出てきます。

P7160021

入渓してから35分歩いたところで、最初の本格的な滝である10m滝が姿を現す。左から容易に越える。

P7160022

すぐに3段10mの斜め滝。

P7160023

ゴルジュとなり、深い淵が現れたが、泳ぎか?

P7160024

水量が平水時より少ないためか、泳がずに突破できました。

P7160027

見事にはまったチョックストン!

P7160030

こんな所に堰堤が現れる。左から越える。堰堤上は幕営適地だが、入渓から1時間ちょっとしか経っていない!

P7160032

しばらく沢はゴーロ状に。

P7160034

右岸に見える大きな岩壁からは水が滴る。

P7160036_2

堰堤から30分ほど歩いて現れた15m大滝。

P7160037

15m大滝は、ロープが上部に残置されていた右のバンドから、ロープで確保して若きクライマーIくんが取り付いた。岩が脆く、Iくんは1回スリップしたが、無事とめる。その後は、なんとか木のある所まで登ってくれた。セカンドで登った私も結構ヒヤヒヤものだったが。確保されている安心感は大きかった。この大滝の下まではイワナの魚影はあったが、この上では見かけなくなった。

P7160038

その次に現れたのは、V字の5m滝。

P7160039

左から比較的容易に登れた。

P7160040

すぐに2条の8m滝が姿を現す。右の草付きから巻く。

P7160042

ハコネサンショウウオ。ちょっと水流がショボくなってきたが...

P7160044_2

ついに水流が無くなってしまい、伏流になる。梅雨時なのに渇水なのか?

P7160047

10分ほど歩いたら、水流が復活して一安心。この暑さで、ここで水が無くなってしまったら、とても稜線まで抜けられません。

P7160048

下部で二股に分かれる8m滝が姿を現す。

P7160050

左から登る。

P7160054

3段15m滝が姿を現す。

P7160057

下から2段までは直登し、シャワーを浴びながら左にトラバースして、最上段は左から越えた。

P7160059

すぐにねじれた10m滝。

P7160060_2

ここは右から登る。

P7160061_3

滝が連続し、緊張も続いたので、ねじれ滝のすぐ上の2m滝でちょっと息抜き!

P7160066

ここまで登って来て、再び水流がショボくなってきました。

P7160067

水が染みこんでいるのか、黒くなった大きな滝が現れました。黒壁の滝15mです。弱点がなさそうだが、右の草付きのルンゼから高巻いてみた。岩が脆く、草付きはドロドロズリズリ。最初はノーロープで行ったが、ちょっと不安を覚えたので、先に登ったIくんにロープを下ろしてもらった。木の生えている上部では、猛烈な藪に行く手を阻まれるし、沢も見えない。ルートファインディングに迷う。

P7160068

仕方なく、途中まで藪の中を懸垂下降で下りることに。懸垂下降中にわかったことだが、最上部まで登らずに、途中から左にトラバース気味に進めば、懸垂しなくても沢に下りられたようだ。この高巻きに2時間近くも費やしてしまった。

P7160070

3段15m斜め滝は階段状だが、疲労で足取りがだいぶ重くなってきた。若いIくんはさすがに元気。

P7160071

最後の滝である黒壁の8m滝がついに姿を現す。 上部は濡れると黒くなる岩質なんだろうか?

P7160073

右の草付きのルンゼから高巻くが、ここも岩が脆く、足下も崩れやすい。いつ抜けるかわからない草だけが頼りのところも。滝と同じ高さまで登ったら、木を掴みながら落口にトラバースしてクリア。

P7160075

これで大きな 滝はもうないはずと、ホッとする!

P7160082

しかし、この先がまだ長かった。沢は狭くなり、藪も濃くなり、障害物競走に!

P7160087

やがて水流もなくなった。途中にスノーボードが落ちていた。大日ヶ岳はバックカントリースキーでも有名な山なので、誰かが冬季に大日ヶ岳から流してしまったものか?

P7160089

最後の1530m二股は左股に入った。右股に入った記録は、どれも激しい笹藪漕ぎになったらしい。これが正解で、笹藪漕ぎにはなったが、激しいというほどではなかった。

0075_xlarge

無事登山道に出たが、すでに時刻は16時近くになっていた。 ブヨは多いし、雨も降り出す始末。大日ヶ岳の山頂は省略。

P7160092

下山はピークを2つ越えるのだが、これが疲れた体に堪える。

P7160093

あとは下りだけだが、雨の降りが強くなってきた!

P7160096

ウイングヒルズ白鳥スキー場のゲレンデトップに出たときには、幸いなことに雨は止んでくれていた。

P7160098

ゲレンデを下って、無事檜峠に下山となりました。満天の湯で汗を流してから夕食についたのは、20時を越えていた。

前谷川は、前評判通りに行程の長い沢だったが、なんとか暗くなる前に下山できた。1泊で遡行してもよい沢だが、幕営適地はあまりない感じだった。滝の高巻きは、ほとんどが足下が崩れやすい草付きで、岩も脆い。いつ抜けるかわからない草だけが頼りのことも。そんな緊張感が多かったこともあり、心身共に結構疲れました。今回のパートナーのIくんはまだ20代で強かった! 若者には体力ではもう勝てないなと思いました。

Photo

前谷川の遡行図を作成してみました。今後遡行する人たちの参考になれば幸いです。

|

« 奥美濃の幻の滝を見に荒倉谷川遡行 | Main | 黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 奥美濃の幻の滝を見に荒倉谷川遡行 | Main | 黒部川 薬師沢中俣下降・赤木沢遡行 »