« 遠かった! 薬師岳往復スキー2日目:北ノ俣岳〜薬師岳〜飛越新道 | Main | 木曽御嶽山遠征2:晴れて九合目から滑る! »

June 01, 2017

木曽御嶽山遠征1:雨の御嶽山を滑る!

先週の後半は休暇を取得して、御嶽山に滑りに行ってきました。御嶽山は過去10回登っていますが、すべてスキーでの山行です(2007年4月、5月2008年4月2010年5月2011年4月2012年5月2013年5月2014年5月5月2016年5月の記録)。そのうち7回は最高地点の剣ヶ峰へ登頂しています。

御嶽山は2017年9月27日に噴火し、58名の登山者が亡くなるという傷ましい火山災害がありました。現在の噴火警戒レベルは2で、火口周辺の立入規制があり、剣ヶ峰へは登れませんが、黒沢口からは九合目までは登れるようになりました。スキーで滑るのに適した斜面は九合目から下なので、噴火前と同じぐらいの標高差は滑れるようにはなったわけです。

当初の予定は立山・剱方面でのBCだったのですが、天気予報がよくなかったこともあり、少しは天気が良さそうな南の山域である御嶽山に変更しました。しかし天気は悪い方に変わり、3日間のうち最初の2日間は雨に降られました。それでもその2日間とも森林限界まで登って滑れたので、結果的にはよかったと思います。その2日間の記録です。

【日程】2017年5月25日(木)〜27日(土)
【山域】木曽・恵那
【場所】御嶽山
【メンバー】Chiyukiちゃん、マメゾウムシ
【装備】テレマーク2

***************************************
1日目(5月25日)

【天候】曇りのち小雨
【コースタイム】中の湯駐車場10:18〜行場山荘11:12〜森林限界2340m11:52〜行場山荘12:17〜中の湯駐車場12:55

御嶽山の麓にある道の駅三岳には深夜には到着していましたが、朝まで雨が降り続いていたので、この日は停滞のつもりで、9時近くまで車の中で眠り続けていました。目が覚めると雨が止んでいるではありませんか! これは行くしかないと、中の湯に上がることにしました。

P5250001

予想通り、平日でこの天気では誰もいない中の湯の駐車場。今日は偵察のつもりで、雨具を着て、行けるところまで登ってみることにします。

P5250002

しばらく雪が無い登りが続きましたが、30分ほど登ると雪も出てきて、行場山荘からはほぼ雪がつながっていました。

P5250003

行場山荘からは少々藪がうるさかったので、シール登行はせずに、板を担いだままのつぼ足で進む。ルートは夏道通しではなく、直登気味に森林限界である標高2340mまで登る。

P5250005

このあたりから再び小雨が降り出し、風も強くなってきたので、引き返すことにしました。

P5250006

樹林帯滑走でしたが、それなりに楽しめました。

P5250009

行場山荘まで標高差210mの滑りでした。今日は滑れないと諦めていたので、この程度でも滑ることができれば満足です。

P5250010

行場山荘からは板を担いで。

P5250012

中の湯に下山!

Img_1980

下山後は木曽温泉にて入浴。日帰り入浴料は600円でした。雨はもう止んでいました。

Img_1978

入浴後にちょっと御嶽山が姿を現しました。

Img_1981

今日はタラの芽とウルイの収穫がありました。

Img_1983

今晩のお酒のアテは山菜の天ぷら!

Img_1984

木曽の地酒を味わいながら、メインディッシュは焼肉! 宴は暗くなっても続いたのでした!

**************************************
2日目(5月26日)

【天候】曇りのち雨
【コースタイム】中の湯駐車場7:47〜行場山荘8:45〜森林限界2430m9:54〜行場山荘10:35〜中の湯駐車場11:16

P5260013

2日目の朝は雨は降っておらず、天気が持ちそうだったので再び中の湯に上がる。

P5260014

行場山荘までハアハア言いながら登り。

P5260015

この日は夏道通しで森林限界まで。前日は急斜面を直登気味に登りましたが、夏道通しは急登がないのはいい。ただし部分的に雪がつながっていないところがある。このあたりで、またも雨が降り出しました。

P5260016

森林限界付近から本降りとなってきました。

P5260017

雨がひどくなってきたので、標高2430mで引き返すことに。前日より標高差にして90mほど高くは登りました。

P5260018

滑走コースは、雪がつながっていることが確実な前日と同じコースで。

P5260020

行場山荘まで標高差300mの滑走でした。前日よりはしっかりターンができました! 滑走シーンは動画をご覧下さい。この天気でこれだけ滑られたのだから、ヨシとしましょう!

P5260021

中の湯に下山。同じルートはそろそろ飽きてきました。下山後は前日と同じく木曽温泉で汗を流しました。

Img_1985

午後は雨も止んで日も射したので、濡れた装備を乾かす。

Img_1987

今日は木曽の地酒「杣酒」を味わう。なんか滑りよりも飲みに来ただけな気が...

Img_1988

夜に激しい雷雨がありました。果たして最終日の天気はどうなるのだろうか?


YouTubeにアップした記録動画です。

木曽御嶽山遠征2:晴れて九合目から滑走!につづく

|

« 遠かった! 薬師岳往復スキー2日目:北ノ俣岳〜薬師岳〜飛越新道 | Main | 木曽御嶽山遠征2:晴れて九合目から滑る! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 遠かった! 薬師岳往復スキー2日目:北ノ俣岳〜薬師岳〜飛越新道 | Main | 木曽御嶽山遠征2:晴れて九合目から滑る! »