« 鳥海山BC4:新山から千蛇谷経由で中島台へ | Main | 遠かった! 薬師岳往復スキー2日目:北ノ俣岳〜薬師岳〜飛越新道 »

May 30, 2017

遠かった! 薬師岳往復スキー1日目:飛越新道〜北ノ俣岳

ちょっとアップが遅くなってしまいましたが、ゴールデンウィーク明けのバックカントリーは薬師岳でした。1泊2日で飛越新道から薬師岳を往復してきましたが、薬師岳は遠かった! 2日間の総移動距離は42 kmで、総行動時間は23時間。なんと2日目は15時間という強行軍! それなりにハードでしたが、2日間とも天気に恵まれたことで薬師岳の山頂を踏めて、素晴らしい風景と滑りを楽しめたことは、バックカントリーとしてひじょうに充実感のあるものでした。

【日程】2017年5月20日(土)〜21日(日)
【山域】北ア・立山
【場所】薬師岳
【メンバー】Tatsuさん、しっきー、マメゾウムシ
【装備】テレマーク1,ATスキー1,スプリットボード1

**************************************
1日目(5月20日):飛越新道〜北ノ俣岳〜北ノ俣避難小屋

【天候】晴れ
【コースタイム】駐車地点(飛越トンネル手前1km)7:03〜飛越新道登山口7:21〜神岡新道分岐9:51〜寺地山11:03〜北ノ俣避難小屋12:29-13:27〜北ノ俣岳15:34-16:18〜北ノ俣避難小屋16:39

今回の同行者は、3月の平湯BC(猫岳金山岩)でご一緒したATスキーヤーのTatsuさんと、Tatsuさんのお友だちで東京在住のスプリットボーダーのしっきー。しっきーとは今回が初めてのBCである。

Img_1954

しっきーは夜行バスにて早朝に高山駅に到着。そのしっきーを拾ったら、有峰林道の飛越トンネルを目指して出発。

P5200002

車は飛越トンネル手前1kmでデブリの残りに通行を阻まれる。ゴールデンウィークはゲートからちょっと行った所までしか車が入れなかったらしいので、この2週間でだいぶ雪融けが進んだらしい。このデブリもその当時は重機でも使わなければ無くならないほどの量があったらしい。

P5200004

軽くデブリを乗り越えて、雪のない林道を15分ほど歩いたら飛越トンネルでした。

P5200006

雪はないので、夏道の急な階段をスキー・ブーツ込みの重荷で登る。

P5200005

ショウジョウバカマ。

P5200007

階段を登り切ると、登り基調のアップダウンが続きます。汗が吹き出します。

P5200008

雪が出てきましたが、まだつながりませんので、もう少し板を担ぎます。

P5200010

神岡新道分岐の手前でシール登行を開始できました。

P5200013

シール登行によってスキー・ブーツの重さは肩から解放されますので、足取りも軽くなり、元気も出てきます。

P5200016

寺地山への登りに入りますが、その奥に北ノ俣岳が見えてきました。

P5200017

寺地山は右から巻き気味に登りましたが、少々藪が濃く、スプリットボードのしっきーはちょっと苦労してました。

P5200018

駐車地点から4時間で寺地山に到着。ここまで来れば、宿泊予定地の北ノ俣避難小屋はそう遠くはありませんが...

P5200019

北ノ俣岳が正面に見えます。山頂まで雪がつながっているか少々危惧を感じます。寺地山からは細い稜線上の少々の下りとなります。アップダウンもあるので、いつもはシールをつけたまま滑りますが、スプリットボードのしっきーはシールでの滑走は苦手ということで、みんなでシールを外すことにしました。

P5200020

藪も濃く、やはりボードにはちょっときつそうでした。今回、装備は三者三様でしたが、ステップソールのテレマークスキーが一番有利だった感じです。

P5200021

寺地山から1時間半ほどで北ノ俣避難小屋に着きました。

P5200023

テレ仲間のF社のAさんたち3人とここまで一緒でした。彼らは明日は黒部五郎岳を滑るとのことで、今晩は赤木平でテント泊とのこと。

P5200026

私たちは今日は北ノ俣避難小屋まで。翌日の行程は長くはなりますが、ここは水場とトイレもあるので、快適な一夜は過ごせます。

P5200027

時間的にまだ早いので、余計な荷物を小屋にデポして、偵察がてら北ノ俣岳まで登ってみることにします。

P5200028

翌日のために、雪が北ノ俣岳山頂までつながっているかも確認しておく必要があります。

Img_1966

Img_1962

北ノ俣避難小屋から2時間ほどで北ノ俣岳に到着。雪はなんとか山頂までつながっていました。

P5200030

明日の目的地である薬師岳。

P5200031

槍ヶ岳。

Img_1959

Aさんたちとも山頂で一緒になりました。

P5200039

赤木平へ滑走するAさんたちを見送る。

P5200040

我々も避難小屋へ戻るとしますか!

P5200041

滑走シーンは動画をご覧下さい。小屋に着いたら、早速、宴開始です。サンセットの時に元気なしっきーが滑りに行きました。すでに酔っているおじさん2人は撮影係。その後も宴は続いたのでしたが、翌日の早朝発に備えて飲み過ぎる前には寝ました。

YouTubeにアップした記録動画です。

2日目につづく

|

« 鳥海山BC4:新山から千蛇谷経由で中島台へ | Main | 遠かった! 薬師岳往復スキー2日目:北ノ俣岳〜薬師岳〜飛越新道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 鳥海山BC4:新山から千蛇谷経由で中島台へ | Main | 遠かった! 薬師岳往復スキー2日目:北ノ俣岳〜薬師岳〜飛越新道 »