« April 2017 | Main

May 14, 2017

鳥海山BC4:新山から千蛇谷経由で中島台へ

前日はダブルヘッダーで矢島口往復鉾立サンセットスキーをした我々。本日は滑走距離が最も長い新山から千蛇谷経由で中島台への予定。ちょっと出発が遅くなってしまいましたが、ブルーラインの通行時間制限に無事間に合い、鉾立から車を回収できました。鳥海山の最後を締めくくるのには最適なスキー山行でした。

【日程】2017年5月5日(金)
【山域】出羽
【場所】鳥海山 象潟口 千蛇谷
【メンバー】クスミン、Nさん、Yさん、Fukikoさん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク6
【コー スタイム】鉾立6:50〜賽の河原8:20〜御浜小屋9:00〜七五三掛け9:58〜新山11:53-12:14〜七五三掛け下12:36〜滑走終了630m地点14:14〜あがりこ大王14:42〜中島台駐車場15:10

本日は登りの標高差は1100m弱だが、下りは1800m近くある。総距離は鳥海山BC2日目に行った標高差1500m往復の湯ノ台口より長い。問題は下部の雪がどこまでつながっているかだが、すでに中島台から往復しているYさんの情報によると、1時間ぐらいの藪漕ぎとなるらしい。どれほどの藪漕ぎかはわからないが、チームヘンタイとしては望むところである。

P5050023

前日のサンセットスキーで夏道の出だしは雪がつながっていないことがわかっていたので、ブルーラインを県境方面に少し歩いたところから雪に取り付く。

P5050024

P5050025

ダラダラと緩斜面を登る。

P5050026

賽の河原の付近。

P5050027

御浜小屋への登りからの新山。

P5050028

鳥海湖。スノーモービルの跡があるのが何とも言えませんが、時間があれば湖底へドロップしたい。

P5050030

1759m小ピークは左(北)から巻く。

P5050033

七五三掛けの通過は、シールを外して滑走した方が安全と判断。

P5050034

千蛇谷に下りたら再びシールをつけて登る。

P5050037

千蛇谷もダラダラと進む。鉾立から新山へのコースは距離が長く、終始ダラダラとした緩斜面が続く。

P5050038

ちょっとガスが出てきてしまいました。みんな歩きがゆっくりなので、ちょっと時間が心配になってきました。ブルーラインの通行時間は8時〜17時のみ。中島台から鉾立に車を回収しに行く時間のことを考えると、中島台には15時には着きたい。下部の藪漕ぎで費やす時間が読みにくいので、そのための時間を多めに考慮すると、新山には正午には到着しているべきとなる。とりあえず12時までに新山の登頂を目指し、間に合わない場合はその時点で引き返すこととする。

18318652_1263334007118379_199301281

そうなるとスピードを一気に上げます。

P5050044

一番乗りで新山に登頂! ガスも晴れました!

18362215_797543647062834_172346514_

6人中5人が登頂できました。

P5050041

七高山は今日も賑わっているようです。それに比べるとこちらは静かな方です。

P5050047

あまり時間に余裕はないので、早速、千蛇谷へドロップするとします。

P5050048

好天の中での滑走は最高です!

P5050049

登頂できなかった1名とも無事合流。

P5050050

広い斜面に各自のシュプールを描く! 滑走シーンは動画をご覧下さい。

Img_1929

途中でちょっと休憩。クスミンが作ってくれたゼリーをいただきます!

P5050051

再び滑走開始!

18318743_1263333193785127_154271316

私の滑り!

P5050052

千蛇谷を振り返ると、新山はもうだいぶ後ろに!

P5050054

ここを下りると樹林帯に突入です。

18318214_1163228153789387_211564944

ツリーランもいいね!

P5050055

ブナの新緑もいいです!

P5050056

滑りの限界が近づいてきました! これぐらいの藪スキーは何ら問題ありません。あがりこ大王の方角を目指しながらも、なんとか滑れるラインを行く。赤テープは所々ありますが、あまりアテになりません。

P5050057

標高630mでさすがに雪が途切れて、スキーを担ぐことになりました。標高差1600mの滑走でした。

P5050058

これぐらいスッキリしていると、藪漕ぎとは言えませんね。

P5050060

途中には何ヶ所かミズバショウの群落がありました。

P5050061

滑走終了地点から30分ほどであがりこ大王に出ました。下部の幹回りが太いブナのことです。ここまでの藪漕ぎはそんな大したことないじゃん! それともナイスルートファインディングのおかげかな?

P5050063

炭焼き窯の跡です。このあたりはブナを切って炭を作っていたので、あがりこ大王のような奇形ブナが多いとのこと。木の上部は常に切られるので、下部の幹のみ太くなる。ここからは一般観光客も結構多く、スキーを担いでいた我々は奇異な目で見られました。

P5050064

あがりこ大王からは木道を歩いて30分ほどで中島台に着きました。

18318171_1163227700456099_942027354

15時10分に、無事、中島台の駐車場に着きました。鉾立への車の回収には間に合いそうです。

Img_1930

運転手のみが中島台にデポしたYさんの車に乗って鉾立へ。途中、秋田名物のババヘラアイス200円を買って食べました。昔ながらのシャーベットですね。

Img_1932

車の回収を終えたら、鶴泉荘で汗を流してから打ち上げへ。

翌日は月山・湯殿山でBCの予定でしたが、残念ながら悪天のため、そのまま帰路につきました。鳥海山を西・南・北から集中的に攻めた4日間は、天気にも恵まれて最高のBCでした。次は新山からの北壁滑走ですかね。それではまた来るときまで。


YouTubeにアップした記録動画です。

| | Comments (2)

鳥海山BC番外編:サンセットスキー

午前中に矢島口コースを滑走した後は、道の駅象潟でクスミンたち富山組と合流し、夕方に鉾立に上がる。本日はダブルヘッダー! 第2試合は鉾立よりサンセットスキーをしてきました。

【日程】2017年5月4日(木)
【山域】出羽
【場所】鳥海山 象潟口
【メンバー】クスミン、Nさん、Yさん、Fukikoさん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク6
【コー スタイム】鉾立16:44〜標高1480m18:07-26〜鉾立19:07

まだ観光客で混雑する鉾立に、我々6人は1泊2食分の食糧と酒をもって上がる。

Img_1904

今宵は鉾立山荘泊。ここに泊まるのは実に9年ぶりです。チェックインして、早速、一杯!

Img_1906

17時にブルーラインはクローズとなるので、この時間が近づくと鉾立から観光客はいなくなる。ビールが入った身体ですが、夕日が見える所まで登るとします。

Img_1907

夏道沿いに尾根上を登ってしまったが、これは失敗! 雪がつながって折らず、スキーを担ぐことになりました。ブルーラインを県境近くまで歩いて、雪面に取り付くのが終始スキーが使えていいです。時間的には夏道を行った方が速いですが。

Img_1911

夕日に染まる雪面を登る。

18339489_1163228573789345_5921037_3

いいロケーションです!

Img_1912

日が沈み始めました!

Img_1913

標高差300mほど登ったところで、サンセットを待つ。

18338980_1263334387118341_781999013

夕日を浴びての一杯! 今日はすでに何杯飲んでいるだろうか?

Img_1919

日本海にサンセット!

Img_1917

夕日に向かって滑る!

18362519_1163228540456015_212838124

沈みました! 暗くなる前に鉾立に戻るとしましょう!

Img_1925

滑ってブルーラインまで。最後は雪壁を下ります。19時過ぎに鉾立山荘に到着。

Img_1926

山ではちょっと遅めですが、周囲に迷惑をかけないようにまた飲みます。22時には就寝しました。明日は鳥海山最終日で、千蛇谷を中島台まで滑走する予定。

前の記事と同じ動画です。

鳥海山BC4:新山から千蛇谷経由で中島台へにつづく

| | Comments (0)

鳥海山BC3:七高山から矢島口コース滑走

湯ノ台口から標高差1500mを往復した翌日の鳥海山遠征3日目は、ちょっと軽めに矢島口から七高山を往復。この矢島口コースは外輪山までの最短ルートであるため、鳥海山で最も人気のあるコースである。危うく登山口である祓川に駐車できないところでしたが、なんとか駐めて行って来られました。

【日程】2017年5月4日(木)
【山域】出羽
【場所】鳥海山 矢島口
【メンバー】Fukikoさん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク3
【コー スタイム】祓川駐車場7:08〜七ッ釜滝8:27〜七高山10:05-32〜祓川駐車場11:20

前泊した道の駅象潟から1時間で行く予定が、カーナビの誤った案内に従ってしまったために、2時間近くかかって登山口である祓川駐車場に到着。

Img_1900

すでに駐車場は満車状態で、かろうじて下の駐車場横の林道に路駐。それでも後続の車は次々と上がってくる。過去にゴールデンウィークに何度か訪れている祓川だが、ここまで混雑した経験はない。鳥海山の最短ルートとして、ここ最近で人気が出てしまったのだろうか。

P5040001

今日も天気がよいです。七高山まで標高差1100m。駐車地点からすぐにシール登行開始です。

P5040003

登山者・スキーヤーの列が続いています。

P5040005

この矢島口コースは距離は短いのですが、標高差は1100mあるので、急登箇所が2回ぐらいあります。

P5040007

途中、山岳スキーレースで何度かご一緒したCさんとお会いしました。人気エリアだけあって、知り合いに会いますね。

P5040008

舎利坂の急登を登り切れば七高山です。

P5040011

七高山に到着。シールでここまで登れました。雪が少ないときは、ここまでシールでは登れません。

P5040012

翌日に滑走予定の千蛇谷です。七高山から千蛇谷に下りて、新山方面に向かう人も多いです。

18337282_1263334113785035_197132671

山頂で一杯!

P5040013

それでは祓川までの北斜面を滑るとしますか! 次々とアリの行列のように人が登って来ます。

P5040016

つぼ足登山者と滑走後でちょっと荒れ気味の斜面でした。つぼ足の踏み跡に板を取られて大転倒をしていしまいました。ウオークモードで滑っていたこともあり、リカバリーできずでした。

P5040018

登り始めは遅かった我々でしたが、結構登りで追い抜いたのか、滑り出しは早かった。

P5040020

あっという間に祓川ヒュッテまで滑ってしまいました。登り3時間、滑りは30分でした。滑走シーンはYouTubeにアップした動画をご覧下さい。

Img_1903

いい斜面でしたが、人が多すぎるのはちょっと。正午前に下山となりました。

下山後は富山組と合流するために道の駅象潟へ。夕方から鉾立に上がり、ダブルヘッダー2試合目のサンセットスキーです。

YouTubeにアップした記録動画です。

鳥海山BC番外編:サンセットスキーにつづく

| | Comments (0)

May 13, 2017

鳥海山BC2:行者岳から湯ノ台口コース滑走

鳥海山遠征2日目は今回のメイン。1日目は軽く吹浦口から笙ヶ岳III峰往復でしたが、今日は湯ノ台口から行者岳へ標高差1500mを登り、南斜面を大滑走する予定。豪快な滑りが楽しめました。

【日程】2017年5月3日(水)
【山域】出羽
【場所】鳥海山 湯ノ台口
【メンバー】Fukikoさん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク3
【コー スタイム】湯ノ台口林道融雪地点(標高650m)6:00〜宮様コース入口6:52〜滝ノ小屋の東8:14〜マタフリ沢源頭8:57〜行者岳10:55-11:46〜滝ノ小屋の東12:15〜湯ノ台口林道融雪地点13:23

本日はロングルートのため、早めの出発。4時に起床し、5時には西浜キャンプ場を出発。天気は良さそうです!

P5030105_2

滝ノ小屋の下まで続く林道は除雪されず、自然融雪に任せるため、車が入れる場所が毎年変わる。今年は最初のカーブの手前まで。それだけ残雪が豊富ということ。

P5030107

林道途中で雪が途切れている可能性もあるかと思い、スキーを担いで歩き出したが、すでにシール登行可能でした。

P5030108

林道のヘアピンカーブは可能な限りショートカットして進む。まだ鳥海山は遠い!

P5030110

途中から林道を離れて宮様コースに入る。コース上には赤テープが木についていますが、標高800mあたりから尾根に乗ればいいです。

P5030112

こんな感じで宮様コースは切り開きを進みます。

P5030113

滝ノ小屋の下あたりで樹林帯から抜けます。

P5030114

マタフリ沢の源頭部を目指します。

P5030115

マタフリ沢の源頭をトラバース気味に通過。

P5030116

やや東よりに登って、行者岳から真南に続く雪渓に入ります。

Img_1883

ちょっと休憩。背後には月山が見えます。西には日本海も。仙台のスキーヤー2名と登りは一緒になりました。

P5030119

だいぶ登って来ました。

P5030120

スタートしてから5時間で標高差1500mを登り切り、行者岳に登頂しました! 目の前には新山!

P5030123

月山とその後ろに朝日連峰。さらにその背後には飯豊連峰も見えます。

P5030125

日本海の眺め。快晴で眺めも最高です!

P5030127

カネヤンが1本滑っている間にFukikoさんが仙台のテレマーカーと一緒に登って来ました。

P5030128

それでは滑るとしますか!

P5030129

あっという間に山頂が遠くなってしまいました。広大な南斜面の滑走は豪快にいきたいところです!

P5030130

ほぼ往路を滑ります。滑走シーンはYouTubeにアップした動画をご覧下さい。

Img_1888

宮様コースに入る前に休憩。休憩しないと時間が余っちゃいます!

P5030133

樹林帯の滑走も楽しい!

P5030134

林道に出ました。たぶん滝ノ小屋泊まりであろう登山者・スキーヤーたちが次々と登って来ます。そのまま駐車地点まで滑れました。ただし1箇所雪が途切れかかっているところがあったので、数日後にはスキーを脱ぐことになりそうです。

Img_1892

下山後は鳥海山荘で汗を流したら、途中にあった猛禽類保護センターに立ち寄ってみました。

Img_1889

イヌワシの展示がメインでした。

Img_1893

夕食は道の駅象潟の道路を挟んで向かいにある寿司ダイニング鳥海山にて。

Img_1895

夕日に染まる鳥海山!

Img_1898

今日も日本海に沈む夕日がきれいでした!


YouTubeにアップした記録動画です。

鳥海山BC3:七高山から矢島口コース滑走につづく

| | Comments (0)

鳥海山BC1:サクッと笙ヶ岳III峰に登って吹浦口コース滑走

2017年ゴールデンウィーク後半は、3年ぶりの鳥海山遠征。鳥海山は何度も登ったり滑っている山で(2014年5月2012年6月2010年12月2010年10月2010年6月2010年4月、2009年6月、2009年5月、2008年7月、2008年5月の記録、2003年5月、1993年9月)、大好きな山の1つです。大阪から800kmを徹夜で運転して、なんとか午前中に大平登山口に到着。寝不足の初日はサクッと笙ヶ岳III峰に登って、吹浦口コースを滑走していきました。

【日程】2017年5月2日(火)
【山域】出羽
【場所】鳥海山 吹浦口
【メンバー】Fukikoさん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク3
【コー スタイム】大平登山口11:00〜笙ヶ岳III峰12:28-13:07〜大平登山口13:43

Img_1871

吹浦口からの取付は、ちょうど夏道の大平登山口のところ。大平山荘を越えて、ヘアピンカーブを2つ過ぎたところ。15台程度の駐車スペースがあります。

18318311_1263334153785031_137942146

階段状にされた雪壁を登ったら、早速シール登行開始です。眼下には日本海が見えます。

P5020082

吹浦口は最初が急登ですが、雪が緩んでいれば、問題はありません。

P5020083

長距離運転の直後で寝不足ですが、3年ぶりの鳥海山で少々テンションが高いです。

P5020084

本日の目的地である笙ヶ岳III峰。標高差600mです。寝不足の初日ということもあり、翌日からのスキー三昧に備えてこれぐらいが調整に適当と思います。

P5020093

笙ヶ岳III峰に到着。新山と外輪山をバックに記念撮影。地元酒田のスキーヤーに撮ってもらいました。

P5020091

日本海!

Img_1872

翌日に予定している湯ノ台口からの広大な南斜面です。

P5020094

それでは鳥海山での最初の滑りを行ってみます。

P5020097

ちょっと水分多めのザラメという感じでしたが、悪くはないです!

P5020104

あっという間に大平登山口まで滑り下りてしまいました。滑走シーンはYouTubeにアップした動画をご覧下さい。初日なので、今日はこれぐらいにしておくか!

Img_1877

下山後はあぽん西浜で汗を流し、西浜キャンプ場にてキャンプ。たまには焼肉と高めのワインで。

Img_1881

日本海に沈む夕日がきれいでした。


YouTubeにアップした記録動画です。

鳥海山BC2:行者岳から湯ノ台口コース滑走につづく

| | Comments (0)

May 09, 2017

GW前半は六甲山ハイク

今年のゴールデンウィークはつながりが悪く、後半は鳥海山に遠征しましたが、前半は1日のみ六甲山ハイクに行ってきました。ハイキングはほとんどしないのですが、たまにはいいでしょう。顧問をしているワンゲル部の合宿も六甲山で行われているとのことで、その様子見を兼ねて行ってきました。

【日程】2017年4月30日(日)
【山域】兵庫・六甲
【場所】六甲山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】芦屋川駅6:52〜登山口7:12〜高座の滝7:22〜風吹岩7:56〜雨ヶ峠8:35〜六甲最高峰9:29-11:00〜有馬温泉側登山口11:55

ワンゲル部メンバー2パーティー計12名は市ヶ原を早朝に出発し、重荷を背負って六甲最高峰まで縦走してくる。六甲最高峰で落ち合う予定で考えているが、相手は20代の若者であり、こちらが想定した時間より早く来ることもあり得る。余裕を持って、始発で自宅を出た。

Img_1841

阪急芦屋川駅を7時前にスタート。ここからの六甲山は実は初めてです。

Img_1842

川沿いに車道を進む。トレイルランナーが走って行きます。今回はトレランスタイルではありませんが、そこそこのスピードで行くとします。

Img_1845

登山口?

Img_1846

茶屋などあり、その奥に行くと高座の滝。豪快さはないです!

Img_1847

ロックガーデンを通り、登り切ると海が見えた。

Img_1848

風吹岩でワンゲル部パーティーとの定時の無線通信を試みるが、距離があるのか交信できず。

Img_1849

風吹岩からはしばらくアップダウンを進み、ゴルフ場の中を通過してから登ったところが雨ヶ峠。

Img_1851

雨ヶ峠から下って沢に出た所が本庄橋跡。

本庄橋跡から六甲最高峰までは標高差350mの登り。六甲最高峰に9時半に到着。10時の定時交信でワンゲル部パーティーと交信成功。先行パーティーはすでに近くまで来ているとのこと。

Img_1854

10時15分に先行パーティーが到着。女の子が入ったパーティーにもかかわらず、もう1つの男性のみパーティーよりも速かった。

Img_1857

後続パーティーを待たずに、彼らは有馬温泉へと下山開始。

Img_1858

1泊2日の装備としては、20kgのザックはちょっと大きい気がしますが、トレーニングも兼ねているとのこと。若いというのはいいですね。私も若いときに戻りたい!

Img_1859

もう1パーティーもまもなく登って来ました!

Img_1860

お疲れ様です!

Img_1862

少々休憩を取って。

Img_1861

六甲最高峰からの神戸市街の展望! トレイルランナー多いですね。

Img_1863

六甲最高峰からは、1時間もかからずに有馬温泉に下山。彼らの体力は問題なさそう。岩、沢、雪、スキーはいつでも始められるでしょう!

Img_1866

下山後はかんぽの宿有馬の金泉で汗を流したら、ランチ&ビール。未成年は飲んでないですよ。ランチバイキングと入浴のセットで2000円でした。

Img_1869

学生と別れた後は、三ノ宮でKさんと合流し、宴が続いたのであった!

| | Comments (0)

« April 2017 | Main