« 残雪豊富な野伏ヶ岳で中央ルンゼ滑走! | Main | 鳥海山BC1:サクッと笙ヶ岳III峰に登って吹浦口コース滑走 »

May 09, 2017

GW前半は六甲山ハイク

今年のゴールデンウィークはつながりが悪く、後半は鳥海山に遠征しましたが、前半は1日のみ六甲山ハイクに行ってきました。ハイキングはほとんどしないのですが、たまにはいいでしょう。顧問をしているワンゲル部の合宿も六甲山で行われているとのことで、その様子見を兼ねて行ってきました。

【日程】2017年4月30日(日)
【山域】兵庫・六甲
【場所】六甲山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】芦屋川駅6:52〜登山口7:12〜高座の滝7:22〜風吹岩7:56〜雨ヶ峠8:35〜六甲最高峰9:29-11:00〜有馬温泉側登山口11:55

ワンゲル部メンバー2パーティー計12名は市ヶ原を早朝に出発し、重荷を背負って六甲最高峰まで縦走してくる。六甲最高峰で落ち合う予定で考えているが、相手は20代の若者であり、こちらが想定した時間より早く来ることもあり得る。余裕を持って、始発で自宅を出た。

Img_1841

阪急芦屋川駅を7時前にスタート。ここからの六甲山は実は初めてです。

Img_1842

川沿いに車道を進む。トレイルランナーが走って行きます。今回はトレランスタイルではありませんが、そこそこのスピードで行くとします。

Img_1845

登山口?

Img_1846

茶屋などあり、その奥に行くと高座の滝。豪快さはないです!

Img_1847

ロックガーデンを通り、登り切ると海が見えた。

Img_1848

風吹岩でワンゲル部パーティーとの定時の無線通信を試みるが、距離があるのか交信できず。

Img_1849

風吹岩からはしばらくアップダウンを進み、ゴルフ場の中を通過してから登ったところが雨ヶ峠。

Img_1851

雨ヶ峠から下って沢に出た所が本庄橋跡。

本庄橋跡から六甲最高峰までは標高差350mの登り。六甲最高峰に9時半に到着。10時の定時交信でワンゲル部パーティーと交信成功。先行パーティーはすでに近くまで来ているとのこと。

Img_1854

10時15分に先行パーティーが到着。女の子が入ったパーティーにもかかわらず、もう1つの男性のみパーティーよりも速かった。

Img_1857

後続パーティーを待たずに、彼らは有馬温泉へと下山開始。

Img_1858

1泊2日の装備としては、20kgのザックはちょっと大きい気がしますが、トレーニングも兼ねているとのこと。若いというのはいいですね。私も若いときに戻りたい!

Img_1859

もう1パーティーもまもなく登って来ました!

Img_1860

お疲れ様です!

Img_1862

少々休憩を取って。

Img_1861

六甲最高峰からの神戸市街の展望! トレイルランナー多いですね。

Img_1863

六甲最高峰からは、1時間もかからずに有馬温泉に下山。彼らの体力は問題なさそう。岩、沢、雪、スキーはいつでも始められるでしょう!

Img_1866

下山後はかんぽの宿有馬の金泉で汗を流したら、ランチ&ビール。未成年は飲んでないですよ。ランチバイキングと入浴のセットで2000円でした。

Img_1869

学生と別れた後は、三ノ宮でKさんと合流し、宴が続いたのであった!

|

« 残雪豊富な野伏ヶ岳で中央ルンゼ滑走! | Main | 鳥海山BC1:サクッと笙ヶ岳III峰に登って吹浦口コース滑走 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 残雪豊富な野伏ヶ岳で中央ルンゼ滑走! | Main | 鳥海山BC1:サクッと笙ヶ岳III峰に登って吹浦口コース滑走 »