« 三方崩山:下部はデブリだらけの弓ヶ洞谷左俣左谷滑走! | Main | GW前半は六甲山ハイク »

April 27, 2017

残雪豊富な野伏ヶ岳で中央ルンゼ滑走!

三方崩山の弓ヶ洞谷左俣を滑った翌日は野伏ヶ岳を滑ってきました。ちょうど1ヶ月前に大日ヶ岳から銚子ヶ峰を経て野伏ヶ岳までスキー縦走をしました(2017年3月の記録)。野伏ヶ岳は毎シーズン1回は行くところである(2010年4月2011年4月2012年4月2013年4月2015年4月の記録)。しかし昨シーズンは驚くほどの積雪不足で修行系の藪スキーとなってしまった(2016年4月の記録)。今回は4月下旬でありながらも残雪豊富で、この時期としては珍しく快適な滑走ができました。

【日程】2017年4月23日(日)
【山域】奥美濃
【場所】野伏ヶ岳
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク
【コースタイム】白山中居神社7:16〜シール登行開始(910m)8:09-22〜和田山牧場跡9:02〜ダイレクト尾根末端1130m9:36〜北東尾根合流点11:14〜野伏ヶ岳11:30-58〜中央ルンゼ滑走〜和田山牧場跡12:40〜滑走終了860m12:56-13:00〜白山中居神社13:31

当初の予定では、野伏ヶ岳南面を滑走した後に小白山のハシゴも考えていた。問題は小白山の山頂まで雪がつながっているかである。

Img_1812

石徹白のワンゲル部の山小屋から白山中居神社は車ですぐである。1ヶ月前の3連休初日は7時でほぼ駐車場が満車だったが、今日は車が少ない。立山アルペンルートが開通したこともあるのだろうか。スキーヤーは見かけなかった。

P4230039

どれぐらいスキーを担いでの歩きになるのかが読めなかったので、今日はトレランシューズを履いて、テレブーツもスキーと共に担いで出発した。

P4230040

スタートしてから50分でシール登行を開始できた。この時期としてはかなり残雪が多い。

P4230041

標高950m付近で林道をショートカットした後は、林道を外れて和田山牧場跡まで尾根上を進んだ。

P4230042

牧場に出る手前で雪が少し途切れてしまったので、スキーをやむなく脱ぐことに。

P4230044_2

和田山牧場跡に出ると、野伏ヶ岳(左)と薙刀山(右)が正面に現れる。

P4230045

別山や銚子ヶ峰もくっきり見えています。

P4230046

林道をダイレクト尾根の末端を目指して進む。

P4230048

湿原は雪融けが進んでいて、水面が出ていました。

P4230049

ダイレクト尾根の末端に回り込んで、尾根に取り付く。

P4230050

ダイレクト尾根に乗ると小白山が見えるが、雪は山頂までつながっていない。本日の予定を小白山ハシゴから野伏ヶ岳の中央ルンゼ滑走に変更する。

P4230052

少々尾根上は藪が濃いが、これぐらいはなんとかシール登行できます。昨シーズンに比べたら楽なものです。早朝に出発した登山者が次々と下りてきます。後続にスキーヤーが1名いるようです。

P4230053

樹林帯を抜けるとさらに急登が待っている。

P4230054

少々斜度が急ですが、この程度はシールだけで登れます。

P4230055

北東尾根と合流すると、斜度が緩み一安心!

P4230058

今シーズン2回目の野伏ヶ岳登頂です。正面に荒島岳、奥に銀杏峰(右)や能郷白山(左)が見えます。

P4230057

奥に白山と別山。手前は1ヶ月前に縦走した銚子ヶ峰からの稜線です。

P4230059

右に赤禿山と大長山、左に経ヶ岳、奥には越前甲と加賀大日山が見えます。

Img_1814

右に御嶽山、左に乗鞍岳も見えます。

P4230062

奥に北アルプスの稜線です。さてシールを外して滑るとしますか!

北東尾根とダイレクト尾根の合流点まで滑ると、スキーヤーが1人上がってきました。テレの革靴仕様の人でした。

P4230063

滑る予定の中央ルンゼは亀裂もほとんどなく、なんと面ツルです! 前日の弓ヶ洞谷左俣左谷と同じぐらいの斜度はあります。おそらく野伏ヶ岳で一番急な斜面です。

P4230064_2

快適ザラメです!

P4230066

いい感じです!

P4230067

あっという間に高度を落としました!

P4230069_2

たちまち山頂は遠くに。

P4230071

中央の白いラインが滑った中央ルンゼです。左の尾根がダイレクト尾根、右の尾根が北東尾根です。

P4230073

和田山牧場跡から振り返る!

P4230074

帰りは林道ジェットコースターです。

P4230075

杉の葉が落ちていたりで、ちょっと滑りが悪いですが...

P4230077

林道の雪が途切れたところで、滑走終了! 板を担いでの歩きは30分ほどで済みました。これぐらい残雪が残っていると、ゴールデンウィークも滑れそうです。ちなみに今年のゴールデンウィークは久しぶりに東北へ行きます。その後は北アルプス、白山、富士山など標高の高い山域が今シーズン最後のBCの舞台になりますが、あと2ヶ月は充分に滑れそうですね。


YouTubeにアップした記録動画です。たいへん申し訳ないですが、滑走シーンは最後の林道滑走が少しだけです。まさかの動画撮影用カメラのバッテリー切れでした。ザックの中でスイッチが入りっぱなしだったようです。気を付けねば!

|

« 三方崩山:下部はデブリだらけの弓ヶ洞谷左俣左谷滑走! | Main | GW前半は六甲山ハイク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三方崩山:下部はデブリだらけの弓ヶ洞谷左俣左谷滑走! | Main | GW前半は六甲山ハイク »