« 大日ヶ岳から銚子ヶ峰・野伏ヶ岳へスキー縦走2日目 | Main | 伯耆大山・鳥越峠北面の沢での面発生湿雪表層雪崩 »

March 27, 2017

大日ヶ岳から銚子ヶ峰・野伏ヶ岳へスキー縦走3日目

3日目(3月20日):神鳩避難小屋〜銚子ヶ峰〜野伏ヶ岳〜白山中居神社

【天候】晴れのち曇り
【コースタイム】神鳩避難小屋6:56〜銚子ヶ峰8:03〜1615m小ピーク9:14〜願教寺山の肩1650m9:46〜よも太郎山巻き開始10:37〜日置山11:55〜薙刀山12:58〜野伏ヶ岳14:19-36〜和田山牧場跡15:36〜白山中居神社16:14

最終日の3日目はハードな長い稜線縦走ですが、前日は疲労抜きみたいなスキーで、2日間で食糧も酒もだいぶ減らして荷も軽くなったので、今日は問題なく行けそうです。

P3200064

無風快晴の朝を迎えました。

P3200068

まずは銚子ヶ峰へ向かいます。

P3200070

この登りで愛用のディナフィットの軽量ヘルメットを落としてしまう! うまくロックされていなかったようで、ヘルメットは母御石谷にどんどん滑り落ちていき、すぐに見えなくなってしまった。

P3200071

銚子ヶ峰への登りの途中で、逆コースを縦走してきた登山者4人パーティーとすれ違う。

P3200075

銚子ヶ峰に到着。前方には別山。

P3200077

銚子ヶ峰の北峰まで進む。これから向かう願教寺山方面へ、本日最初の滑走!

P3200078_2

まだ雪面はカリカリで硬く、慎重に滑る!

P3200080

すれちがった登山者が幕営していた箇所を通過し。

P3200082_2

スキーは速い!

P3200083

願教寺山への登りはシールをつける。

P3200085

願教寺山へはシールでは登れなそうなので、山頂は省略。前回もそうしたような。

P3200086

シールを外して願教寺山南面の谷を滑走します。

P3200088

雪も緩んで、いい感じの滑走!

P3200089

滑った斜面を振り返る!

P3200090

よも太郎山は大きく巻いて山頂を省略! 今にも落ちそうな雪庇があるので、気を付けながら進む。前回もそうしたな!

P3200091

よも太郎山を巻き終えて稜線に戻る。

P3200093

日置山から銚子ヶ峰方面を振り返る! だいぶ遠くなりました!

P3200094

日置山から滑走!

P3200096

薙刀山への登りに入る。

P3200099

薙刀山山頂からの野伏ヶ岳! 前回はここから下山したが,今回はまだ時間があるので、野伏ヶ岳まで行くことにする。

P3200101

薙刀山からはほとんどトラバース滑りでした!

P3200102

最後の野伏ヶ岳を目指す!

P3200104

最後の野伏ヶ岳に着きました。銚子ヶ峰ははるか遠くに! 14時を過ぎて、山頂にはすでに誰もいませんでした。

P3200106

北東尾根を滑走! すでにクラストが始まっていた!  この連休中に滑られたトレースが多数あり、それらが固まっていて、実に滑りにくい。

P3200108

標高を下げて雪が緩んだと思ったら、湿雪重雪でした!

P3200109

湿地をサーッと滑って。

P3200110

和田山牧場跡からの野伏ヶ岳、薙刀山! 天気は快晴から高曇りと変わっていた。

P3200111

あとは林道ジェットコースター!

P3200113

ノンストップで石徹白川の橋まで滑れました!

P3200114

16時に白山中居神社に無事下山。白山中居神社に残っていた車は2台のみでした!

Img_1690

美人の湯しろとりで汗を流して、ノンアルコールビールで乾杯!

Img_1691

ようやくまともな食事にありつけました。縦走中は軽量化のため少々食事がひもじかった。


YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 大日ヶ岳から銚子ヶ峰・野伏ヶ岳へスキー縦走2日目 | Main | 伯耆大山・鳥越峠北面の沢での面発生湿雪表層雪崩 »

Comments

天候に恵まれてよかったですねぇ。
神鳩避難小屋に2泊するパターン良さそう。
自分の場合、高鷲スノーパーク往復でもいいような気もしますが、ひょっとして神鳩避難小屋からスノーパークの戻りって、結構大変なんですかね?

Posted by: CIMA | March 27, 2017 at 08:34 PM

このあたりはどこでも滑れるのでいいですよ。
神鳩避難小屋からスノーパークの戻りの方が、その逆よりは滑りが長くなるのでいいと思いますよ。どっちにしても長いですけど。

Posted by: マメゾウムシ | March 30, 2017 at 09:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大日ヶ岳から銚子ヶ峰・野伏ヶ岳へスキー縦走2日目 | Main | 伯耆大山・鳥越峠北面の沢での面発生湿雪表層雪崩 »