« 猿ヶ馬場山でモナカ雪祭り! | Main | 伊吹山で山頂から滑走! »

March 02, 2017

利賀の無名ピーク白谷山を滑る

猿ヶ馬場山を往復した翌日は、金沢の山友cimaさんたちとコラボで、利賀の無名ピークである白谷山1411mを滑りました。この山には正式名称は無く、山頂にある三角点の点名「白谷」から白谷山と呼ばれている。2014年12月にcimaさんと登って以来の再訪であった。その時は年末にもかかわらず激パウを堪能できた。今回は激パウとはいかなかったが、そこそこのパウダーを楽しめた。

【日程】2017年2月19日(日)
【山域】北陸
【場所】白谷山1411m
【メンバー】cimaさん、Kさん、Fukikoさん、カネヤン、Hくん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク4、ATスキー1、BCクロカン1
【コースタイム】大勘場スノーシェード7:08〜千束ダム事務所裏7:20〜林道合流点1170m9:30〜白谷山1411m10:39-11:29〜林道合流点11:54〜千束ダム事務所裏12:39〜大勘場スノーシェード12:52

前夜に結構降雪があり、この日は前日の猿ヶ馬場山のようなモナカ雪祭りはどうやらなさそうな感じである。道の駅たいらでcimaさんたちと合流し、千束ダムへ向かう。

P1020540_2

駐車は前回と同じくスノーシェードの中に。

P1020548

尾根の取付点は対岸の千束ダムの事務所裏。そこまでは滑りやすい道をスキーを担いでしばらく歩く。

P1020550

雪壁を乗り越えて、スキーを装着。

P2190067_2

すぐに北北西尾根に取り付く。

P2190070

急な杉林をキックターンを繰り返しながら登る。

P1020552_2

杉林を抜けると斜度が緩み、少しホッとする。

P2190074

テレマーク向きないい斜面!

P2190076_2

再び急登が現れる。

P1020560

急登を登ると、またテレマーク向きの斜面が現れる。

P2190079

林道に出ると、白谷のピークが現れる。

P2190080

ピークへの最後の急登に入る。

P1020567

新雪と旧雪の結合がよくなく、雪がズレるので、オープンバーンの急斜面には出ないようにジグを切りながら登っていく。

P2190082

白谷のピークが近づいて来ました。

P2190084

最後のひと登り!

P1020572

ピークに到着!

P2190085

抜群の展望です。正面に金剛堂山!

P2190088

すぐに滑り出したいところですが、念のためピットチェックをします。 新雪10cmと旧雪の結合は確かに悪い。他にも60cm下に弱層あり。無木立の急斜面は避けて滑走ですな。

P1020581

底付きはするけど、悪くはない!

P1020585

スプレーも上がる!

P2190090

林道から撮影。

P1020591 P1020592_2  P1020593_2

マメゾウムシこと私の滑りを3連発! 登りのラインより西寄りの谷地形を滑る。下部はツリーホールなどあって、少々荒れ気味でした!

P2190094

最後の杉林を抜けて。

P2190095

無事終了となりました!

Img_1578 

下山後はゆー楽にて汗を流し、金沢経由で帰路につく。途中のゴーゴーカレーにて金沢カレーをいただく。キャベツは別盛りで。


YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧下さい。

|

« 猿ヶ馬場山でモナカ雪祭り! | Main | 伊吹山で山頂から滑走! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 猿ヶ馬場山でモナカ雪祭り! | Main | 伊吹山で山頂から滑走! »