« 猫岳山頂からパウダー滑走! | Main | テレマークスキー撮影会 & テレマークスキーテキストビデオ »

March 14, 2017

金山岩わさび谷中央尾根スキー

平湯遠征2日目、すなわち猫岳の翌日は、平湯温泉スキー場から金山岩へ登って、わさび谷中央尾根を滑走。まさかの前日に入山者なしで、面ツル斜面を我々だけの貸し切り。40度ぐらいの斜度の尾根でしたが、ここもパウダーが維持されていました。気持ちのよいシュートもあり、標高差1200mの滑りはなかなか滑り応えがありました。ただし、新雪と旧雪の結合が悪かったので、基本的に沢筋に入ることは避けて滑りました。2日間の平湯遠征はうまく雪を当てることができて、実に充実した2日間でした。

【日程】2017年3月5日(日)
【山域】北アルプス南部
【場所】猫金山岩
【メンバー】Tatsuさん、Chiyukiちゃん、マメゾウムシ
【天候】晴れのち曇り
【装備】テレマーク2、ATスキー1
【コー スタイム】平湯温泉スキー場第2リフトトップ8:37〜1921m小ピーク9:13〜2100m10:30〜金山岩直下2440m12:34-13:44〜国道158号線14:47〜あかんだな駐車場入口15:29〜平湯バスターミナル15:53

P3050061_2

入山口である平湯温泉スキー場は8時からリフトが動く。

P3050062

1回券300円を2枚購入して、第2リフトに乗ってトップへ上がる。 スキー客も入山者もいない。

P3050063

リフト降り場からは閉鎖されている旧ゲレンデを登る。

P3050066

あとは尾根上をダラダラとアップダウンを繰り返しながら進む。少々藪が濃い。昔にこの尾根を途中まで往復したことがあるが(2008年2月の記録)アップダウンが多く、スキー向きとは言えない。

P3050068

つぼ足のトレースが気になる。登山者が我々よりも早い時間に入山しているようだ。途中でその登山者の若者1名とすれ違ったが、早朝にゲレンデをつぼ足で登って、金山岩のトップまで行ったとのことでした。

P3050071

1921m小ピークを越えると本格的な登りとなる。今日も天気がよく、気温も高め。

P3050074

昨日登った猫岳が見える(右のピーク)。左は四ッ岳。

P3050075

ようやく目的地の金山岩が正面に見えた! リフトを使っていながら、結構登りごたえがあります。

P3050076_2

槍・穂高方面も見えていますが、ちょっと雲がかかっています。

P3050079

金山岩への最後の登りに入ります。

P3050082

少々藪がうるさいので、シール登行に苦労します。

P3050087

スタートから3時間20分で金山直下に着きました。想定よりも登りごたえがありました!

P3050085_2

北アルプスの眺め!

P3050086

乗鞍岳の眺め!

P3050088_2

この先は氷化した斜面なのでシール登行はできません。スキーで滑っても面白くはないので、ここからドロップでいいのですが、なんとTatsuさんはアイゼンに履き替えて山頂を目指す!

P3050089

その間に私とChiyukiちゃんで持ち上げたビールで乾杯! 風もさほど強くはないので、待つのはさほど苦痛ではありません!

P3050093

Tatsuさんが戻ってきたので、わさび谷にドロップします。 この先は私にとっては未知のルートなのでワクワクしてしまいます!

P3050094

斜度は40°ぐらいはあるのですが、木の間隔は滑りやすい程度に空いています。おまけにまさかのノーシュプールのパウダーで気持ちよい。ただし底つきはするので、慎重さは必要ですが。

P3050095

あっという間に標高を落としてしまったので、ちょっと休憩。いいシュートもあってなかなかいいです。ただし新雪と旧雪の結合があまりよくないので、沢筋に入らずに尾根を忠実に滑りました。積雪が安定していれば沢筋んpパウダーも狙えると思います。

P3050098

標高を落とすにつれて、だんだんと斜度が緩くなっていきます。安房平は近い!

P3050101

北へだらだらと滑って行くと、冬季閉鎖中の国道158号線に出ました。

P3050104

国道をそのまま滑って行きます。

Yukimushi

雪の上には雪虫ことセッケイカワゲラがいました。 低温でも動ける変温動物です。

P3050105_2

途中から十石山に向かったと思われるトレースと合流しました。

P3050106

金山岩を振り返る! すっかり雲が多くなりましたが、稜線は見えます。

P3050112

途中、国道を埋め尽くす新しいデブリがありました。昨日・今日で雪崩れた感じです。ちょうど沢地形のところです。

P3050116

国道のヘアピンカーブをショートカットしますが、このあたりは湿雪重雪なので攻めずに滑ります。

P3050117

安房トンネルに向かう自動車専用道を見ながら滑って行くと、アカンダナ駐車場の入口のところに出ました。ここで滑りは終わりで、スキーを担いで平湯バスターミナルまで歩く。あとは私が空身で日田湯スキー場まで車を回収に行って無事終了となりました。標高差1200mは滑りごたえもあり、雪質にも恵まれて充実したBCとなりました。

Img_1612

前日と同じくひらゆの森で汗を流して、ひらゆの森のレストランで夕食を取ってから帰路につきました。朴葉焼き定食の飛騨牛のせはちょっと量が少なかったかな。途中でラーメンを食べてしまいました。

これで最後のパウダーか、あるいはもう1度ぐらいはチャンスがあるか、まだまだBCシーズンは続きますよ。


YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 猫岳山頂からパウダー滑走! | Main | テレマークスキー撮影会 & テレマークスキーテキストビデオ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 猫岳山頂からパウダー滑走! | Main | テレマークスキー撮影会 & テレマークスキーテキストビデオ »