« September 2016 | Main | November 2016 »

October 26, 2016

烏帽子岩にて:たまにはクライミングも!

冬山に向けて、トレランで体力向上をはかっていますが、バックカントリースキーは体力だけでなく、バランス感覚も必要。トレランでもバランス感覚はそこそこ上がると思うのですが、クライミングもよさそう。そんなわけで、たまにはクライミングもしてます。と言っても、クライミングに自分が向いていないことは若いときからわかっているので、難しい所を登るというわけではない。あくまで沢登りやバックカントリースキーのためのバランス感覚の向上とロープワークの確認ですね。

Img_1234

10月16日(日)に行ったのは、兵庫県の烏帽子岩。JR福知山線(宝塚線)の道場駅の近くにある岩場です。道場駅周辺には他にもクライミングができる岩場がいくつかかあります。日曜日なので大勢のクライマーで賑わってました。

Img_1235

同行のSさんのお知り合いがいましたので、ご指導いただきました。またトップロープをかけていただいたりしました。どうもありがとうございました。

Img_1240

登ったのは簡単なところだけですが。

Img_1241

クライミング終了後は道場駅でまず一杯ですが、Sさんはビールではなく発泡酒を買って来やがった!

Img_1244

梅田で1人で飲み直しとなりました。その後、トレラン帰りのKさんが合流し、2人飲みとなったのでした!

| | Comments (0)

10月は4週続けてトレラン!

多忙のためブログの更新が遅れ気味です。
10月は蒜山三座のトレランから始まりましたが、その後も冬山に向けての体力作りとして、ダイヤモンドトレイルで毎週末トレランしてました。
まとめて簡潔に報告します。

*************************************
10月8日(土)

3連休初日の10月8日(土)は、千早本道から金剛山に登り、紀見峠駅までトレラン。

Img_1209

ちょうどこのあたりはだんじり祭の最中で、河内長野駅前は賑やか!


女の子たちは、結構ファッショナブルなんですね。

Img_1212

ずっとだんじり祭を見ていたいところでしたが、金剛山登山口にバスで移動。

Img_1214

金剛山の山頂に到着。まだ本調子でない体には千早本道はきつかった。

Img_1216

行者杉を経て紀見峠駅まで。17km、3時間ちょっとのトレランでした。

*************************************
10月10日(月)

3連休最後の10月10日も同じルートで紀見峠へ。千早本道は40分切れました。

Img_1220

岩湧山まで足を伸ばしました。下山は紀見峠駅へ。28km、6時間のトレランでした。

*************************************
10月15日(土)

Img_1225

今度は、10月10日の逆コースで滝畑ダムから。

Img_1227

岩湧山を通過。

Img_1229

紀見峠を経て。

Img_1231

金剛山へ。紀見峠からは登り基調になるので、後半がきつかった。

Img_1232

スタートが遅かったので、千早本道を下山したらもう真っ暗。最終バスには間に合いました。27km、6時間のトレランでした。

*************************************
10月22日(土)

先週末は、葛城山から紀見峠へ。

Img_1249

大阪側の葛城山登山口からスタート。

Img_1251

葛城山を通過。

Img_1255

ダイトレをそのまま行くのは飽きたので、水越峠からはモミジ谷ルートを取る。徒渉や滝があったりしますが、明瞭な踏み跡がついてます。

Img_1257

左俣に入り、沢を離れて、急登を登る。

Img_1258

今週4回目の金剛山。

Img_1260

紀見峠へ。それから車道を天見駅に下山しました。26km、6時間のトレランでした。

| | Comments (0)

October 12, 2016

新庄・蒜山スーパートレイルの応援で!

大会から10日も経ってしまいましたが、蒜山三座縦走の翌日は、テレ仲間が参加した新庄・蒜山スーパートレイルの応援に行ってきました。

参加するメンバーは、7月にマウンテントレイルin野沢温泉2016で駅伝は走ったが、ソロの本格的トレランレースはこれが始めて。全員がミドルコース25kmに参加です。

14523160_1051451798306602_582000265

スタートは9時なので、朝は比較的ゆっくりと支度ができたもよう。


カウントダウン終了と共に元気にスタート!

私は応援だけで暇なので、コース上にあるピークの白馬山に先回りすることにしました。

Pa020033

毛無山山の家にある第1エイドはトップの選手が来る前だったので、まだ閑散としていましたが、すぐにトップの選手がやってきました。どうやら独走のようです。

Pa020034

たぶんテレ仲間達が来るのはもう少し後でしょうから、コースではない毛無山経由で白馬山へ登ることに。ちょっと遠回りですが、こんな機会がなければ,毛無山に登ることはないですからね。

Pa020035

毛無山の森林は結構よいではありませんか! 大岩があったり!

Pa020036

六合大杉という大きな杉の木があったり! トチの実が時々落ちる音がしたり!

Pa020038

いいブナ林があったりと、なかなかいい雰囲気の森です!

Pa020039

山頂近くには避難小屋がある。

Img_1190

毛無山山の家から50分ほどで毛無山に着きました。展望がいい山頂です。

Pa020041

それから縦走路を白馬山へ。

Pa020042

走ります!

Img_1193

毛無山から25分ほどで白馬山へ着きましたが、すでに多くのランナーが通過していました。

Pa020043

ちょうどHくんが通過するところでした。Kさんはすでに通過済みでしたが、奥さんとは会えました!

Pa020044

Eさん、通過! 行けそうですね。

集団が途切れたところで、私も下山することに。コースを逆走して山の家へ戻る途中で、脚が痙って動けなくなっていたランナーを発見。しばらく様子を見てから、一緒に第1エイドまで下りました。

歩いたGPSのログです。

脚が痙ったランナーを山の家に送り届けてから、ゴール地点まで車で戻る。残念ながら、Kさんのゴールには間に合わずでした。

Pa020046

Kさんの次にゴールしたのは、なんと奥さんでした!

Pa020047

Eさんもしっかり走ってゴール!

Pa020050

Hくん、脚の調子がよくなく、遅れてゴールしたが、完走は立派!

14441166_1677010105949840_325742051

みんな、ゴールできました!

雪山に向けて、みんないい感じで体力作りができている模様です。私もようやくお尻の怪我が治ったので、これから追い込まねば。

| | Comments (0)

October 07, 2016

蒜山三座縦走

先週末は、テレ仲間が新庄・蒜山スーパートレイルに参加するとのことで、その応援で蒜山方面へ行ってきました。レースの応援だけではつまらないので、レース前日は蒜山三座を縦走してきました。まだまだ山を走れる状態ではないですが、怪我明け後のいいリハビリになりました。

【山域】中国
【場所】蒜山

【日時】2016年10月1日(土)

【メンバー】Hくん、マメゾウムシ
【天 気】 曇り時々雨
【コースタイム】上蒜山登山口駐車場9:09〜上蒜山登山口9:29〜上蒜山1202m10:35〜上蒜山三角点10:48-54〜上蒜山11:04〜中蒜山11:45-55〜下蒜山12:52-58〜犬挟峠13:39

今回の同行者は新庄・蒜山スーパートレイルのミドルコースに参加するHくん。BCのための体力作りで、トレランを始めました。

Img_1175

天気がよくないのか、上蒜山の登山口駐車場には車は無し。後から1台が来ただけでした。

Pa010001_2

牧場の中を通る道をしばらく歩く。アケビがなっていたので、1ついただきました。甘い!

Pa010003

蒜山名物のジャージー牛です。

Pa010004

上蒜山登山口は駐車場から20分歩いたところでした。

Pa010005_2

植林の針葉樹林を抜けて、三合目で視界が開けるが、結構な急登です。

Pa010006

秋の花が咲いていました。マツムシソウ。

Pa010007

アキノキリンソウ。

Pa010008

リンドウ。

Pa010013

八合目まで来ると、傾斜も緩くなり、快適に歩けます。青空も出てきました。

Pa010014

雲海です。このまま天気が回復してくれると思ったのですが...

Pa010015

ショウジョウバカマかと思いましたが、咲く時期が違いますね。調べたらヤマラッキョウでした。

Pa010016

上蒜山の最高地点1202mに到着。展望は悪い。三角点は北西方向にちょっといった所なので、行ってみることに。

Pa010019

なんと藪漕ぎを強いられました。

Pa010017_2

三角点まではあまり行く人はいなそうです。

上蒜山からは鎖もついているかなり急な坂をおります。

Pa010021

足下でガサガサと音がしたので、ビックリしました。なんとタヌキがいました。逃げずにこちらを見ています。人慣れしているようです。

Pa010023

コルまで下ったら、中蒜山までは緩やかな登り。逆コースにした方がよかったような。

Pa010026

中蒜山の山頂にある避難小屋がまず現れる。

Img_1177_2

その奥が中蒜山の山頂で、若者が3人いました。展望はいいはずですが、生憎のガスです。

Pa010028

中蒜山から下り、登りに入ったところで雨が降り出した。走れる所は走ってみました。

Pa010030

下蒜山に着く頃には雨は止んでくれました。雨具を着るほどではありませんでした。

Img_1180

蒜山の町が見渡せます。

Img_1182

下りは走れるところは走って、何回かスリップはしましたが、犬挟峠に無事到着。Kさん夫妻が迎えに来てくれていました。

穏やかな山容の割には鎖場などもあったり、道も狭かったりで、トレランのコースとしてはちょっと走りにくい蒜山の縦走路でした。11kmほどの距離ですので、怪我明けの体にはいいリハビリになりました。Hくん、疲れは翌日に残っちゃったかな?

Img_1185

下山後は快湯館で汗を流してから、中蒜山オートキャンプ場へ。ここにテレ仲間が集合して、翌日のトレランレースに向けての前夜祭。私は応援だけなので、遠慮せずに飲ませていただきました。

| | Comments (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »