« July 2016 | Main | September 2016 »

August 21, 2016

3度目にして突破できた黒部川上ノ廊下!

このお盆休みは、3年連続の黒部川上ノ廊下に挑戦。過去2回は増水にて入渓もできずに敗退し東沢谷に転進(2014年2015年の記録)。今回ようやく上ノ廊下の突破に成功しました。以下、記録です。

【日程】2016年8月11日(木)〜13日(土)
【山域】北ア・南部
【渓谷名】黒部川 上ノ廊下
【メンバー】ヒラベさん、ダルさん、ニシ、マメゾウムシ
【天候】3日とも晴れ
【コー スタイム】
8/11 黒部湖7:51〜平ノ小屋12:00-19〜平ノ渡場12:30〜奥黒部ヒュッテ13:53-14:18〜C1(東沢出合より2km)15:25
8/12 C1 6:09〜下ノ黒ビンガ6:27〜口元ノタル沢出合6:51〜廊下沢出合8:02〜スゴ沢出合8:26〜上ノ黒ビンガ8:54〜金作谷出合9:44〜岩苔小谷出合12:56-13:49〜立石寄岩15:02〜C2 15:41
8/13 C2 6:10〜B沢出合7:02〜薬師沢小屋8:11-34〜太郎平小屋10:25-48〜折立13:12

**************************************
1日目(8月11日)

天気予報ではしばらく晴れが続く見込み。今年は黒部川源流部の雪渓も早い時期になくなり、水量もだいぶ少ないようだ。上ノ廊下をやるには絶好のチャンスだ。

8月10日の深夜に私、ヒラベさん、ニシの3人で大阪を出発し、北陸道にてアルペンルートの立山駅へ向かう。立山駅でダルさんを拾って、糸魚川経由で信州側の扇沢駅へ移動。ダルさんの車は、折立からの下山に備えて立山駅にデポ。扇沢駅に着いたときには、すっかり空は明るくなっていた。

P8110001

トローリーバスに乗って黒部湖に到着。観光客も登山者も多い。明らかに上ノ廊下に入ると思われる沢装備の人たちも多数。昨年、口元のタル沢付近で遭難者の遺体を見つけて撤退したKさんたちともお会いできた。

P8110002

黒部ダムは観光放水の最中でした。

P8110006

小屋開けを手伝ったこともある平ノ小屋に到着。ここで情報を仕入れる。

P8110009

12時の渡船で対岸に渡る。人数が多いため、2度に分けての渡船。我々は最後に乗り込んだ。

P8110010

奥黒部ヒュッテまではハシゴがあったりするアップダウンを進むが、いつもながら結構きつい。

P8110012

奥黒部ヒュッテに到着。過去2回は小屋番に「上ノ廊下はやめときなさい」と言われたが、今回は「行ける」とのこと。ようやく許可が下りました。時間もまだ早いので、入渓することに。ウェットスーツに着替えると、すぐに暑さで汗だくとなる。

P8110013

東沢谷を出合まで下る。

P8110015

いよいよ黒部川本流だ。過去2回は入渓さえもできなかったので感激である。途中の淵でダルさんがルアーを投げて、なん尺以上のニジマスがヒットするも、取り込み中にバラす。

Dscn1994

東沢出合から2kmほど歩いた地点で幕営。ここまでの徒渉も問題なかった。他パーティーはほとんどが奥黒部ヒュッテ泊まりであるが、この先行のおかげで、翌日に起こった核心部での渋滞に我々が巻き込まれずに済んだことを後で知ることになる。

Dscn1995

残念ながらこの日は魚は釣れなかったが、焚き火を囲んでの宴は続いたのであった。

**************************************
2日目(8月12日)

P8120019

翌朝もいい天気。みんな出発準備が早く、起床して1時間ちょっとでのスタートとなった。

P8120020

すぐに下ノ黒ビンガが見えてきた。

P8120021

徒渉して。

P8120023

いよいよ最初の核心部である口元のタル沢出合だ。

P8120025

ゴルジュに突入。ここで単独行者がスピーディーに突き進んでいった。我々は同人青鬼のパーティーと抜きつ抜かれつになる。

P8120026

核心部の急な流れは、泳ぎが得意なニシが泳ぎで突破。後続はロープで引っ張り上げてもらう。

P8120027

核心部を30分で通過。水量が多いとこの通過に3時間かかることもあるようだ。

P8120030

その後はしばらく河原 歩きが続く。

P8120032

スゴ沢出合を通過。

P8120035

上ノ黒ビンガが見えてきた。

P8120037

見事な岸壁です。

P8120038

泳ぎでの通過はありましたが、さほど緊張することもなく。ウェットスーツを着ていても、やはり水に入っている時間が長いと体は冷えます。

P8120039

景色を堪能。

P8120040

所々、枝沢からの滝が見事です。

P8120042

同人青鬼のパーティーと抜きつ抜かれつ。

Dscn2018

徒渉もロープを出すこともなく。

P8120045

この日の宿泊予定地であった金作谷出合を10時前に通過。まったく雪渓が残っていません。

Dscn2024

徒渉ができなければ泳ぎで。少々流されましたが、無事対岸に。葛川本流での泳ぎ練習が活きます。

P8120048

右岸に桶状の滝を見る。

P8120053

こんな美しい流れも。

P8120057

基本的に水線突破です。ヤツメウナギ泳法も多用。高巻きはほとんどしませんでした。

P8120058

赤牛沢出合。

P8120059

岩苔小谷出合で釣りタイム。私は本流を釣ってみたが駄目。岩苔小谷に入ったメンバーはイワナが釣れました。これだけ大人数が入ると、上ノ廊下と言えど、イワナは釣れなくなりますね。支谷は穴場でした。

P8120060

まだゴルジュが続きます。

P8120062

ナメ滝。

P8120063

最後の難所と思われた淵ですが、ここもニシが泳ぎで突破!

P8120067

立石寄岩を通過。これで上ノ廊下部分は終了です。ほぼ1日で抜けちゃいました。このまま薬師沢小屋まで行けそうですが、幕営地に困るので、このあたりでよい場所を探すことに。

P8120069

この後は平凡な川原と化す。

P8120070_2

適当な平坦地に幕営。

P8120072

釣ったイワナを焚き火で焼く。ここまで来れば翌日の下山は確実。酒をすべて飲み干す宴となったのであった。

**************************************
3日目(8月13日)

P8130074

翌朝もいい天気で、6時過ぎには出発。

P8130077

ゴルジュはまだあるようなので、ウェットスーツは着用。泳ぐほどの淵はありませんでした。

P8130078

1時間ほどで右岸に高天原からの登山道が合流。いきなりの登山者出現に驚く。

P8130081

登山道を1時間ほど歩いたら薬師沢小屋に到着。

P8130082

薬師沢小屋で沢装備を解除し、ビールで乾杯! 3年越しの上ノ廊下挑戦はようやく成功しました。

P8130083

太郎平小屋を経由して。

P8130084

折立に下山しました。

亀谷温泉で汗を流してから、車の回収のために扇沢へ。渋滞を避けるために夜間に帰路につきました。

3回目にしてようやく上ノ廊下の突破に成功。緊張する場面はほとんどありませんでした。ロープを出したのも数回程度。この成功は天気と水量そして仲間に恵まれたおかげです。


YouTube版としてまとめてみました。泳ぎの動画が少しあります。

| | Comments (2)

August 10, 2016

神童子谷・犬取谷をまったり遡行!

先週末は日帰りでのんびりと神童子谷を遡行してきました。遡行中は誰とも会わず、時々竿を出しながら、まったりと楽しめました。

【日程】2016年8月6日(土)
【山域】大峰
【渓谷名】十津川水系 川迫川 神童子谷・犬取谷
【メンバー】Sさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】大川口5:39〜林道終点(上白石谷出合)6:13〜赤鍋ノ滝6:52〜ノウナシ谷出合8:45〜犬取滝下10:17〜ジョレンの滝下11:54〜稲村小屋13:16-57〜法力峠14:49〜母公堂15:15〜観音峯登山口16:18

観音峯登山口に車を1台デポして、もう1台で大川口へ。神童子谷は2年前にノウナシ谷を1泊2日で遡行したが、今回は犬取谷を日帰りで詰める。

P8060001

神童子谷林道は2年前は落石だらけだったので、念のため大川口に車をデポしたが、今回は落石もなく充分にその先まで車で入れたようだ。

P8060002

林道終点から沢への下り方に少々迷ったが、しっかりした作業道がありました。2年前の記憶がない...

P8060003

神童子谷に入渓です。

P8060004

左岸に壊れかけた作業道がついていたので、部分的に使わせてもらいました。朝から泳ぎたくはないので。

P8060005

両岸が狭まってへっついさんです。

P8060006

河原状なので、難なく通過!

P8060007

すぐに赤鍋ノ滝が姿を現す。2年前は増水で、滝壺は白濁していてとても落ちれない状態でしたが、今回は渇水気味のためウオータースライダーができるぐらい。

P8060008

左岸側の滑りやすい側壁をトラバース気味に登ったが、念のためロープで確保。ハーケンがベタ打ちしてあったので使わせてもらいました。

P8060009

その上も滑りやすい小滝が続く。釜を泳いだり、釣人がフイックスしたであろうロープを使ってクリア。

P8060011

釜滝までは平凡な河原歩きとなるので、竿を出しながらのんびりと進む。アタリは2回あったが、2回ともバラす。2回目のアタリは尺近いアマゴだったが残念!

P8060012

コバルトブルーに輝く釜を持つ釜滝だ!

P8060013

美しい! 右岸を容易に巻く。

P8060014

釜滝の上はノウナシ谷との出合。2年前は右俣のノウナシ谷を詰めたが、今回は左俣の犬取谷を詰める。

P8060015

犬取谷最初の滝は一ノ滝8M。左岸を容易に巻く。

P8060018

続く二ノ滝10Mは深い釜をもつ。河童のSさんは泳ぐ! この滝も左岸を高巻く。

P8060020

ナメもある。

P8060022

やがて豪快な犬取滝25Mが姿を現す。踏み跡に従って右岸から大きく高巻く。

P8060025

4M滝で滝に打たれるSさん。煩悩は断ち切れたか?

P8060026

谷が90°近く曲がる位置にある4M滝。Sさん、読図でここの現在地がわからないとダメだな!

P8060027

ナメもあり。

P8060029

2段60Mのジョレンの滝が姿を現す。渇水で水量が少ないためちょっとショボい! しかし高さは奥まで続いている。

P8060030

ジョレンの滝も右岸から大きく高巻く。我々はちょっと急な斜面を強引に登ったが、もう少し戻った所の草付きからしっかりした踏み跡があるようだ。途中から急な小尾根を登るが、しっかり踏み跡がついている。傾斜が弱くなったあたりで、踏み跡に従って谷方向へトラバース気味に進めば、うまく落ち口の上に出た。

P8060031

すっかり源頭の雰囲気!

P8060034

最後の二俣はまっすぐに左俣を進めば稲村小屋に出るようだが、若干水量の多い右俣を進んだ。

P8060035

すぐに登山道に出て遡行終了!

P8060036

左に進めばすぐに稲村小屋だった。

P8060037

沢装備を解除して、小屋で買ったビールで乾杯!

晴れていたはずの天気だったが、いつの間にか山々は黒い雲に覆われ始めていた。雷の音もゴロゴロし出した。夕立が来るに違いない。雨がポツリと落ちだしたところで、夕立が通り過ぎるまで小屋で待機することにする。ところが雨は止んでしまい、雷の音のみ。我慢できなくなった我々は下山することに。

P8060038

法力峠、母公堂を経て、車をデポしてある観音峯登山口まで3時間で下山。どうやら下界は降っていたようで、観音峯登山口周辺は車道が濡れていた。今回も運がいい晴れ男だったようだ。

大川口にデポした車を回収してから、天の川温泉センターへ汗を流しにに行ったが、夏休みの行楽客で大変混雑していて、男性は30分待ちだった。

日帰りでしたが、まったり楽しめた神童子谷でした。このお盆は3年連続になりますが、また黒部川上ノ廊下に挑戦します。

| | Comments (0)

August 09, 2016

大和谷本谷で釣りと沢泊

先々週に台高の大和谷本谷で沢遊びをしてきましたので、遅ればせながら報告します。

【日程】2016年7月30日(土)〜31日(日)
【山域】台高
【渓谷名】宮川水系 大和谷本谷
【メンバー】ヒラベさん、ニシ、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】
7/30 林道終点8:15〜大和谷ダム10:57〜大和谷本谷660m地点14:24
7/31 大和谷本谷660m地点6:43〜大和谷ダム7:35〜林道終点9:28

当初は大和谷本谷を詰めて稜線に抜ける予定でしたが、入渓までの長さとあまりの暑さにバテてしまい、釣り中心の沢泊となってしまいました。肝心の釣果もイマイチで、魂の洗濯に行ってきたという感じです。

P7300001

林道終点まで車で入ったが、道の細さと落石でヒヤヒヤでした。

P7300004

しばらくは右岸の作業道を進むが、これが長くヒルも多い。

P7300005

暑い中での標高差150mの登りもあり、もうバテバテ!

P7300008

スタートしてから2時間半以上もかかって、ようやく大和谷ダムに到着。ここからようやく入渓ですが、テンションは下がり気味。

P7300010

釣り中心の遡行となりました。

P7300011

毛鉤への反応は悪く、唯一釣れたのはこのチビアマゴ1匹だけでした。餌釣りのニシはそこそこ釣っていましたが、サイズは小さい。

P7300013

釣果はイマイチ。

P7300014

いいテン場があったので、早々と幕営!

P7300012

手袋を外すとやられていました。

Hiru

沢靴やスパッツの中からも出現! ヒルの多いところでした。

P7300016

沢泊はやはり焚き火。稜線に抜けることはやめてマッタリすることにしました。

P7310019

翌日は往路を戻るだけ。

P7310020

ダムからの作業道歩きは前日に引き続き暑さにやられました。沢から離れる時間が長いのは暑いときはきついです。

| | Comments (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »