« 王滝川支流うぐい川小俣川でまったり沢遊び | Main | 大和谷本谷で釣りと沢泊 »

July 26, 2016

昨年のリベンジで葛川本流

先週末は昨年も遡行した葛川本流に泳ぎの練習に。昨年は増水による激流で、最初のS字淵を突破できなかったが、今回は突端し、リベンジを果たせました。以下、記録です。

【日程】2016年7月23日(土)
【山域】大峰
【渓谷名】北山川水系 葛川本流
【メンバー】ヒラベさん、ニシ、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】田戸橋駐車スペース6:44〜S字淵上7:41〜幅広1.5M滝8:46〜大渡9:40〜一ノ滝10:48〜二ノ滝11:00〜熊谷との二俣11:23〜下葛川11:51-12:05〜田戸橋13:02

早朝に国道310号線を移動中、金剛トンネルを抜けて奈良県に入った所でアライグマの親子に遭遇。子どもを4匹も連れていた。さらに少し行くと2組目のアライグマ親子。和泉山塊はすっかりアライグマの生息地となっているようだ。

P7230001

十津川村の瀞八丁近くの田戸橋が入渓地点。ちょうど国道169号線の東野トンネルの西側に出たところだ。

P7230002

駐車地点からすぐに沢へ下降。途中、フィックスロープもありました。

P7230003

早速、入渓。泳ぎまくる沢なので、モンベルのネオプレンのシャツとパンツを着用。

P7230005

すぐにゴルジュ出現!

P7230007

昨年は増水による激流で突破できなかったS字淵です。最初からいきなり核心部です。両岸が高く立っているので、洞窟の中にいるみたいです。

P7230008

昨年と同様に試行錯誤しながら激流にアタック! ニシが対岸に泳いで、激流を突破! 後続はロープで引っ張り上げられる。

P7230009

S字淵突破で、昨年のリベンジを果たせました。振り返るとこんな激流です。今年は渇水気味なので、なんとかクリアできました。

P7230010

2条3M滝も水量が少ないので、少々迫力不足

P7230013

ゴルジュは次々と現れる。我々も泳ぎ続ける。

P7230016

幅広1.5M滝はミニナイヤガラの滝かな?

P7230018

続く1.5M滝。

P7230019

へつりだけでは進めないので、飛び込むしかない。

P7230021

ゴルジュの中を泳ぐ。

P7230023

ゴルジュの先に橋が見えた。大渡です。

P7230024

大渡で神山谷が滝で左から合流する。

P7230025

大渡で半分強の行程が終了。昨年はこの先で遡行を打ち切りましたが、今回はさらに進む。

P7230027

その後もゴルジュが続き、また泳ぐ!

P7230030

ひたすら泳ぐ! そろそろ飽きてきたな!

P7230031

一ノ滝5Mは無理せず、左岸から巻きました。

P7230032

巻き道はなんの問題もなし。

P7230035

すぐに二ノ滝20Mが現れる。これも左岸を容易に巻く。

P7230036

二ノ滝の落ち口!

P7230037

二ノ滝の上はナメでした。

P7230040

間もなく下葛川の橋に到着。遡行はここまで。

P7230041

沢装備を解除して、林道を田戸橋まで戻る。アブがまとわりつくのがうるさい。

P7230042

下葛川の集落。1時間ほどの歩きで駐車地点へ戻れました。

Img_1036

下山後は、わたらせ温泉で汗を流してから帰路につきました。

沢のグレードは水量次第でだいぶ変わりますね。沢は雪山と同じく不確定要素が大きいのがリスクではありますが、そこが山屋の冒険心をくすぐるところでもあります。

|

« 王滝川支流うぐい川小俣川でまったり沢遊び | Main | 大和谷本谷で釣りと沢泊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 王滝川支流うぐい川小俣川でまったり沢遊び | Main | 大和谷本谷で釣りと沢泊 »