« 台高 北股川 不動谷遡行・南股谷下降 | Main | 大聖寺川水系 中ノ又谷 »

July 17, 2016

増水気味の加賀・大日沢遡行

先週末は加賀へ遠征し、山中温泉をベースに大日沢と中ノ又谷を遡行してきました。まずは大日沢の記録です。

【日程】2016年7月9日(土)
【山域】北陸
【渓谷名】大聖寺川水系 大日沢
【メンバー】Sさん、マメゾウムシ
【天候】雨のち曇り
【コー スタイム】大日山登山口駐車スペース9:27〜堰堤10:20〜620m二俣10:45〜730m二俣11:53〜790m二俣12:37〜1010m二俣13:53〜稜線コル15:12〜加賀甲(大日小屋)15:25-53〜大日山登山口駐車スペース17:03

大日沢は加賀大日山に突き上げる沢で、2011年7月16日に1回遡行している。その時の印象は、滝はだいたい直登でき、ナメもある初心者向きの沢。しかし今回は前日からの雨で、沢は増水気味。予報では天気は回復予定だったが、なかなか雨が止まない。車の中でしばらく待機し、雨足が弱くなったところで、その後の回復を信じ、入渓することにした。水にはやや濁りが出ていたが、この程度の増水ならばなんとか行けるだろうという経験的判断。

P7090010

しばらくは沢の右岸についた大日山への登山道を進むが、これが途中から不明瞭になる。

P7090012

Sさん、すぐに沢に入る。ちゃんと地図を見なさい。この上には堰堤があるでしょう。ところが地図をもってこなかったSさん。「1人になった場合、地図が無くてどうやって登るのか」と、ここで説教。しかし登山道は確かに不明瞭なので、増水した沢を進むことに。

P7090014

堰堤が見えた。予定ではこの上から入渓予定であった。堰堤は左から越えた。

P7090015

すぐに小滝が出てきた。イワナがよく走るが、禁漁区とのこと。このあたりで岩に左膝でニードロップを食らわせてしまう。先週は右膝を滝から落ちて打って、今回は左膝。満身創痍状態に。

P7090017

前回はシャワークライミングをしながら、結構、滝身を登ったのだが、今回は水量が多いので、それは無理。遡行に集中すると、膝の痛みも忘れていく。

P7090019

標高620mの二俣は右へ。

P7090020

6m程度の滝でも、水量が多いので迫力がある。前回とは大違い。右側を登る。

P7090023

すぐに次の滝。

P7090025

迫力あります。

P7090026

滝の水量が多いので、直登よりも巻きが多くなる。

P7090027

次々越える。

P7090029

730m二俣は右へ。

P7090030

2段5mの滝は手前から右岸を巻く。

P7090031

腰まで水に浸かってへつる。

P7090032

5m滝も巻く。

P7090034

8m滝も右岸を巻く。平水ならば直登できそうなのだが...

P7090035

790m二俣の右俣の滝。

P7090036

790m二俣は左俣へ進みます。

P7090039

左俣もすぐに8m滝に阻まれるが、左から巻く。

P7090040

その後はきれいなナメとナメ滝が続く。

P7090043

大岩地帯で上空が開ける。

P7090045

斜滝。

P7090046

またナメ!

P7090047

2段10mの滝は右岸側から登る。

P7090048

続いて2段7mの滝は左岸側から。このあたりでもイワナの魚影があるのは驚きである。

P7090050

1010m二俣は滝のある右俣へ進む。左俣を進むと大日山に至るが、スタートが遅かったので、早く稜線に出られる右俣を選択。この滝は左岸側を高巻いた。

P7090052

この後も滝は続いたが、階段状のため登るのは容易であった。

P7090053

稜線が近づくと、さすがに水量が少なくなる。それでもだいぶ上まで水は豊富だった。

P7090054

最後の登山道に出る所で少々藪を漕いだが、それほど苦労することは無かった。ただし、笹の葉についた水滴で、再びびしょ濡れになる。

P7090055

加賀甲のピークにある避難小屋で沢装備を解除。少々休憩したら下山へ。

P7090057

さすがに下りは膝が痛む。滑りやすい下り坂を何度かスリップしながら下る。

P7090059

林道?に出て一安心。あとは平坦な道を進むだけ。

P7090060

無事下山。天候不良でもなんとか行けました。一度遡行してわかっている沢だったこともあるが、知らない沢だったら、中止していたにちがいない。

Img_1006

道の駅山中温泉ゆけむり健康村ゆーゆー館で汗を流してから、至極の一杯! 翌日は、大日沢とは尾根を隔てて南隣にある中ノ又谷を遡行する予定。

|

« 台高 北股川 不動谷遡行・南股谷下降 | Main | 大聖寺川水系 中ノ又谷 »

Comments

へぇ、そんなにイワナいましたか。
別に禁猟区ではなかったような気がしますが。。。
下流の方で、何度か釣り師を見かけたことがあるので。

Posted by: しま | July 17, 2016 at 02:44 PM

下の橋の所から上流は禁漁とのことで、案内板はありました。
ただし、釣り師はいましたね。
監視員も巡回していて、注意されたりしていました。

そう言えば、シマさんのブログ移行後の詳細を教えてもらっていないのですが。

Posted by: マメゾウムシ | July 17, 2016 at 02:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 台高 北股川 不動谷遡行・南股谷下降 | Main | 大聖寺川水系 中ノ又谷 »