« 小谷・白馬で温泉・グルメ・散財ツアー&白馬周辺スキー(速報) | Main | 白馬杓子尾根下部でスキーと雪上訓練(2016年GW前半) »

May 06, 2016

9人で混浴! 白馬鑓温泉スキーツアー(2016年GW前半)

多忙でなかなかまとめれなかったゴールデンウィークの記録(詳細版)をアップします。ゴールデンウィーク前半の概要については速報をご覧下さい。

【日程】2016年4月30日(日)
【山域】北ア後立山
【場所】白馬鑓ヶ岳
【メンバー】クスミン、ノザさん、M近さん、Kaoriさん、金やん、Hくん、E田さん、しんちゃん、マメゾウムシ
【天候】晴れのち曇り
【装備】テレマーク8,ATスキー1
【コースタイム】猿倉6:53〜長走沢出合7:21〜小日向のコル9:04-23〜杓子沢出合9:43-52〜白馬鑓温泉10:47-11:53〜2130mコル12:13-21〜白馬鑓温泉12:26-38〜杓子沢出合12:50-13:00〜小日向のコル13:48-14:01〜長走沢出合14:42〜猿倉15:09

当初は蓮華温泉テン泊で朝日岳往復を予定していた2016年ゴールデンウィーク前半でしたが、振子沢がすでに通行不能および暴風雪予報とのことで、白馬界隈で日帰りツアーを繰り返すことにしました。メンバーは、関西・富山・愛知からの9名から成るセクシーテレマークスキーチームMです!

Img_0755

前日は予報通り雨で、温泉・グルメ・散財ツアーとなったのは、すでに速報にアップ済みですが、2日目の朝は晴れました。ただし、予報通り風は強めで、稜線は爆風が吹いている可能性が高いため、この日は鑓温泉までの往復ツアーとしました。

P4300001

しばらく雪はつながらないので、スキーは担ぎます。

P4300002

例年ならば、すぐにシール登行できるのですが、林道上に雪はなし!

P4300003

まだシール登行はできない!

P4300004

長走沢出合より林道を離れて、沢沿いの雪渓を登る。

P4300005

しばらく登ったところで、雪がつながって、ようやくシール登行開始です。

P4300007

例年だったならばない藪が、通行を邪魔する!

P4300008

杓子岳です。長走沢もいいですね!

P4300011

デブリ地帯を横断して、小日向のコルへの急登にかかる。

P4300012

後ろを振り返ると、こんな感じです。

P4300013

急登を登り切り、小日向のコルに到着。パドルクラブのツアーと一緒になりました。

P4300014

ここでシールを外して、杓子沢の出合まで滑走します。

P4300016

これから進む鑓温泉方面!

P4300017

滑るとあっという間ではありましたが、つかの間の滑走を楽しめました。ウォーミングアップですね。滑走シーンは動画をご覧下さい。

P4300018

杓子沢の出合からはシールをつけて再び登りに入る。

P4300020

9人もいると体力差が出て、パーティーが割れてしまいます。そうなった場合に備えて、今回は無線機を準備しました。無線機をもっている私が先頭、同じく無線機をもっているM近さんが最後尾につくことにし、お互いに連絡を取り合うことにする。視界はあり、沢を詰めれば鑓温泉には着くので、問題はないとは思うのだが、一応、念のためです。

P4300021

湯気が出ている!

P4300032

その上が鑓温泉であった!鑓温泉小屋はシーズンオフは撤去され、シーズン前に再び建てられる。小屋が無くても温泉は自由に入れます。

P4300029

9名で混浴! 女子チームはビキニ姿を披露! 1名葉っぱで大事な所を隠していたのですが、かえって卑猥に見えたので、修正しました! セクシーショットはまだあるのですが、ブログではここまでですね!

長風呂でのぼせてきたので、元気な4名で正面の斜面を滑ることに。入浴後の着替え中にサングラスをうっかり踏んで壊してしまった! 晴れていた空はすっかり雲に覆われていました。

P4300030

気温の低下と風で斜面の雪はクラストしてきていた。

P4300031

0.1の裸眼ではつらかったが、2130mのコルまで登りました。天気が良ければ杓子岳まで行きたいところでしたが、稜線には強風が待っているので、今回はここまで。次シーズンへの宿題にします。とりあえず、鑓温泉まで滑走。なんと上部の新雪部分はモナカ雪で、結構テクニカルな滑走を強いられました。滑走シーンは動画で。

P4300033

長風呂メンバーも滑走準備が整ったところで、一緒に杓子沢出合まで滑走。ここは快適ザラメでの滑走ができました。

P4300034

杓子沢出合からはシールをつけて小日向のコルまでの登り返し。その前に先行メンバーが作ってくれていたポップコーンをいただく。

P4300036

標高差200mちょっとを50分ほどかけて登り返す。

P4300037

小日向のコルにはなんと生ビールサーバを持ち上げた人たちが、「飲んでいけ」とのお誘い。もちろん遠慮無く、琥珀エビスの生をご馳走になりました。大変美味しかった! 有り難うございました。サーバを担いできた若者は山岳スキーレースやてれまくりでご一緒した知り合いでした。

P4300038

小日向のコルからは、後半はデブリと藪の滑走。

P4300041

猿倉に着いたら雨が降り出しました。 悪天予報ながら、まあ、なんとか天気は1日もってくれました。

温泉で汗を流してから、白馬某所にて張ったテントで2晩続きの宴会と相成りました!


YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧下さい。

|

« 小谷・白馬で温泉・グルメ・散財ツアー&白馬周辺スキー(速報) | Main | 白馬杓子尾根下部でスキーと雪上訓練(2016年GW前半) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小谷・白馬で温泉・グルメ・散財ツアー&白馬周辺スキー(速報) | Main | 白馬杓子尾根下部でスキーと雪上訓練(2016年GW前半) »