« 9人で混浴! 白馬鑓温泉スキーツアー(2016年GW前半) | Main | ゴールデンウィーク後半は立山・乗鞍岳・御嶽山・白山にてバックカントリー(速報) »

May 07, 2016

白馬杓子尾根下部でスキーと雪上訓練(2016年GW前半)

2016年GW前半の最終日の記録です。ゴールデンウィーク前半の概要については速報をご覧下さい。

【日程】2016年5月1日(日)
【山域】北ア後立山
【場所】白馬杓子岳
【メンバー】クスミン、ノザさん、M近さん、Kaoriさん、金やん、Hくん、E田さん、しんちゃん、マメゾウムシ
【天候】曇り
【装備】テレマーク8,ATスキー1
【コースタイム】猿倉9:42〜金山沢出合10:39〜杓子尾根下部1930m付近12:04-15〜1760m付近(雪上訓練)12:19-13:49〜金山沢出合14:10〜猿倉14:42

白馬鑓温泉スキーツアーの翌朝は前夜からの雨がまだ残っていた。

Img_0757

古いゴアのテントはなんと浸水。中で寝ていた人たちはシュラフを濡らしてしまい、あまり寝られなかったようだ。

Img_0758

雨が止んだので、お手軽な栂池上部にでも行くことにする。栂池高原に移動するが、なんと強風でゴンドラ・リフトが運転見合わせ中とのこと。

P5010001

ということで、前日に引き続き、猿倉スタートとなりました.

今日は上部は爆風が吹いているだろうから、大雪渓の途中まで行って雪上訓練をして、滑って帰ってくる計画にした。スキーから入ってきたメンバーにはアイゼン歩行やピッケルの使い方など雪氷技術をしっかり学んでいない場合が多いので、こういう機会は貴重かもしれない。

P5010003

長走沢の徒渉。なんとかインナーを濡らさずに渡れた。

P5010004_2

林道の途中から雪がつながってきたので、シール登行開始。

P5010005

この時期によく滑られる人気ルートの金山沢の出合は見事に流れが出ていた!

P5010007

金山沢出合の対岸の尾根をちょっと登ってみると、いい斜面があるではありませんか! 杓子尾根の下部のようだが、急遽、大雪渓から予定を変更して、この斜面を目指すことにする。

P5010009

風の影響のなさそうなカール状の谷の中を進むが、それでも時々爆風が吹くので、耐風姿勢を取りながらジリジリと登る。1度、爆風で全員がなぎ倒されたこともあったが、気温は高く雪は緩んでいたので、滑落という事態にはならなかった。

P5010010

1930m付近で風がさらに強まってきたので、今日はここまでとする。

P5010011

Kaoriさんが先頭でドロップ。その後を私が追う!

P5010013

標高差170mほど滑った所に、雪上訓練に良さそうな急斜面があったので、そこでいったん滑走をやめる。ここで待機していたクスミンが、スキーが流されないようにスコップで整地してくれていました。ありがとうございます!

13120611_871103179668554_532973572_ 13120866_1104192682935225_166734043

アイゼンをつけての歩行と、ピッケルを使った滑落停止を練習しました。

13113049_871103039668568_1178432596

最後に記念撮影! ロープを使った確保練習やりたかったのですが、残念ながら時間的がなく、できませんでした。

13113350_871103269668545_10406415_2

それでは滑って帰りましょう!

P5010021

前日と同様に下部は少々藪がうるさい。

P5010023

それでも林道まではすぐ。

P5010025

雪が切れたので、あとはスキーを担いで下りましょう!

YouTubeにアップした記録動画です。

2016年ゴールデンウイーク前半は天気に恵まれず、予定通りのスキー山行ができませんでしたが、大人数でワイワイやれたので、それはそれで楽しい思い出となりました。

翌日は私は仕事のため出勤でしたが、またその次の日には、私を含めて今回の参加者9人中5人が立山に入山したのであった。

|

« 9人で混浴! 白馬鑓温泉スキーツアー(2016年GW前半) | Main | ゴールデンウィーク後半は立山・乗鞍岳・御嶽山・白山にてバックカントリー(速報) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9人で混浴! 白馬鑓温泉スキーツアー(2016年GW前半) | Main | ゴールデンウィーク後半は立山・乗鞍岳・御嶽山・白山にてバックカントリー(速報) »