« 野伏ヶ岳で視界不良・藪スキー・徒渉! | Main | 八方 押出沢:八方バーチカルレースの応援後に! »

April 14, 2016

雨飾山:デブリだらけの荒菅沢からP2に転進!

先週末は八方バーチカルレースの応援がてら、白馬・小谷方面へ滑りに行ってきました。土曜日は雨飾山の山頂から荒菅沢を滑走の予定でしたが、沢を埋め尽くすあまりのデブリの多さに急遽、行き先をP2へ変更。どうやら前々日の暴風雨が全層雪崩を起しまくったようです。P2からの斜面は快適な滑走ができました。

【日程】2016年4月9日(土)
【山域】頸城・海谷
【場所】雨飾山
【メンバー】クスミン、E嬢、しんちゃん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク4
【コースタイム】小谷温泉7:05〜雨飾荘7:39〜雨飾キャンプ場8:40〜荒菅沢手前11:02-48〜雨飾山P2 13:12-59〜雨飾キャンプ場15:21〜小谷温泉16:30

雨飾山は1月にP2手前の1650mコルまで行っている。その時は雪が少なく、激しい藪スキーを強いられた(2016年1月の記録)。さすがにその後は降雪があったはずなので、今回はザラメスキーと山頂滑走を楽しみにしていた。

P4090002

小谷温泉手前の駐車スペースに着くと、祥子さんたちと今シーズン3度目のバッタリ! よく会いますね。行き先は同じ荒菅沢とのこと。

P4090003

スキーを背負ってスタート!

P4090004

林道は小谷温泉の上でゲートが閉まってます。

P4090005

しばらく林道を歩いて!

P4090006

雨飾荘で除雪が終了しているので、そこからシール登行開始! 軽く祥子さんたちに抜かれる。

P4090008_2

1箇所のみ林道をショートカット。

P4090009

鎌池への分岐で雨飾山が正面に現れる!

P4090011

雨飾キャンプ場を通過。

P4090014

夏道の橋を渡って大海川へ。

P4090015

左の尾根に取り付きたいのだが、雪がつながっていない!

P4090017

かろうじて雪がつながっていた所から尾根に取り付く。1月に取り付いた所と同じでした。

P4090019

尾根に乗る。1月に来た時は藪が濃くて苦労したが、今回はそこまで酷くはない!

P4090021

急登を登る。

P4090023

標高1400mぐらいから斜面のトラバースに入る。ほぼ夏道沿いです。

P4090025

P2からの斜面はどうやらアバランチパスのようだ。木々が折れている。

P4090029

荒菅沢の横断地点に着いたが、沢筋には大量のデブリが!

P4090030

上がってきた登山者に聞くと、結構な量のデブリが沢を埋め尽くしているようだ。

P4090031

山頂付近はきれいなのだが、快適滑走ができるのはそこだけで、あとは修行になりそう。祥子さんたちはすでに荒菅沢を横断し、夏道尾根に乗っていた。悩んだ末、P2に行き先を変更することに!

P4090034

雪崩斜面をトラバース気味にP2を目指す。

P4090037

少々急です。

P4090039_2

P2手前のコルを越えて、最後の登りに!

P4090041

もう少しで着きます!

P4090046

P2に着きました!

Img_0056

雨飾山本峰をバックに記念撮影!

Img_0676

激しく噴煙を上げる焼山!

P4090050

さて、滑りましょう。気持ちの良いブナ林のツリーラン! オープンバーンもありました。湿雪ではありましたが、まずまず快適な滑走でした! 滑走シーンはYouTubeにアップした動画をご覧下さい。

P4090053

下部は斜度があって藪も濃くなりますが、1月の時と比べれば全然楽!

P4090054

なんとか下りられます。

P4090056

無事、雨飾りキャンプ場まで戻ってきました、あとは林道を滑るだけ!

P4090057

除雪終了地点で板を担いで、フキノトウを摘みながら歩いて。

P4090062

到着!

Img_0679

夜は八方バーチカルレースに参加するメンバーも加わって、八方のNIKU雅にて夕食。

Img_0681

疲労回復には肉でしょう!

Img_0682

サプライズもあり! クスミン、Kaoriさん、お誕生日おめでとうございます!

M近さん、Kaoriさん、翌日の八方バーチカルレース頑張って下さい!


YouTubeにアップした記録動画です。

八方押出沢:八方バーチカルレースの応援後に! につづく

|

« 野伏ヶ岳で視界不良・藪スキー・徒渉! | Main | 八方 押出沢:八方バーチカルレースの応援後に! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野伏ヶ岳で視界不良・藪スキー・徒渉! | Main | 八方 押出沢:八方バーチカルレースの応援後に! »