« 年明けBCツアー第2弾:3日続けて栂池上部へ! | Main | 年明けBCツアー第2弾最終日は衝突事故で出遅れて天狗原へ »

January 22, 2016

雨飾山で藪漕ぎラッセル・藪漕ぎスキー

年明けBCツアー第2弾の4日目は、3日続けた栂池から場所を変えて雨飾山P2を目指しました。積雪不足で藪が濃く、ラッセル・滑りともに大変でしたが、P2手前の1650mコルまで登って、なんとか滑って下りられました。修行系ですが、頑張れば行けるというレベルでした。

【日程】2016年1月10日(日)
【山域】頸城・海谷
【場所】雨飾山
【メンバー】クスミン、Nさん、マメゾウムシ
【天候】晴れのち曇り時々雪
【装備】テレマーク3
【コースタイム】小谷温泉山田旅館6:56〜雨飾荘7:41〜雨飾キャンプ場8:48〜1650mコル12:31-54〜大海川13:43〜雨飾キャンプ場14:36〜山田旅館15:36

さすがに同じ所に3日続けて行くと、違う所に行きたくなる。雨飾山方面が積雪不足で藪が濃いことはわかっていても、変態のサガで行ってしまいました。

P1100002

山田旅館から先の林道はしっかり雪はついていて、シールで歩ける。雪の上には前日に入山したと思われるスキーヤーのトレースがついていた。

P1100004

途中の林道ショートカットは、藪が濃いながらもなんとか行けた。鎌池への分岐を過ぎると、目指すP2と雨飾山が姿を見せる。

P1100005

雨飾キャンプ場を通過。

P1100006

先行者のトレースはキャンプ場の北に位置する沢を詰めていったもよう。南尾根は下部の藪が濃すぎて、取り付くのが難しい。私たちは夏道がついている尾根に取り付くことにした。

12511611_810057752439764_276976734_

藪漕ぎラッセルの始まり! 行く手を藪が阻むので、ルート取りが難しい。

P1100008

なんとか尾根に乗った。

P1100011

あいかわらず、藪が登行の邪魔をする。

P1100012

ようやくすっきりとしたブナ林となった。

P1100014

P2が見えてくると、また藪が濃くなった。

P1100015

P2手前の1650mコルに着いたのが12時半。頑張ればP2まで行けそうだったが、藪の濃さとその上のオープンバーンの積雪が不安なので、今回はここまでとした。下りは藪漕ぎスキーは必至だし、何が起こるかわからないので、時間に余裕は持っておくべきだろう。

P1100017

基本的に藪漕ぎスキーだったが、途中のブナ林では快適なツリーランができた。

P1100018

しかし、下るに連れて、藪は濃くなる。

P1100021

最後はどこを滑ればよいのかというところを直滑降で滑って、窪地で顔面ダイブ! 詳しくは記録動画を観て下さい。

P1100022

とりあえず、3人とも無事に大海川へ下りられた。

P1100023

スキーにシールを貼って、大海川の河原をキャンプ場まで歩く。

P1100024

干し山葡萄がたくさんありました。

P1100026

キャンプ場からはシールを剥がして、トレース上を滑って。

P1100028

無事、下山しました。楽しかった! いったい、この達成感と快感は何だろうか? ドM変態ワールド?

Img_0396

夜はもちろん打ち上げ! ハクノリのクスミン亭居候、最後の晩でした。どうも有り難うございました。


YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 年明けBCツアー第2弾:3日続けて栂池上部へ! | Main | 年明けBCツアー第2弾最終日は衝突事故で出遅れて天狗原へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 年明けBCツアー第2弾:3日続けて栂池上部へ! | Main | 年明けBCツアー第2弾最終日は衝突事故で出遅れて天狗原へ »