« 激パウの野谷荘司山東谷 | Main | 盛会にて終了! 第13回テレマークスキー&クロカンスキー関西講習会 »

January 29, 2016

野谷荘司山・三方岩岳ダブルヘッダー

激パウだった野谷荘司山BCの翌日も野谷荘司山へ。前日とは一転して密度の高い重い深雪。第2ラウンドはあえてノートレースを求めて三方岩岳へ。変態色の出た2日目BCでした。

【日程】2016年1月24日(日)
【山域】白山
【場所】野谷荘司山・三方岩岳
【メンバー】クスミン、Nさん、やっとしくん、Sayaちゃん、マメゾウムシ
【天候】雪
【装備】テレマーク4、ATスキー1
【コースタイム】トヨタ白川郷自然学校7:47〜尾根取付8:03〜1本杉下(1250m)9:26-47〜白谷本流10:02〜白山スーパー林道10:36-53〜取付11:27〜尾根12:32〜白山スーパー林道1150mヘアピンカーブ13:45-14:03〜白谷林道15:13〜トヨタ白川郷自然学校15:20

朝起きると車の屋根には20cmほどの積雪。今日もパウダーが期待できそうだ! 昨日の滑走で藪スキーにはならないことがわかっていたので、今日はカーボンメガワットで出動することにする。

P1240036

今日のメンバーは、レッドバロンさんに替わって、Nさんとやっとしくんが加わった5名。駐車スペースでSyokoさんたちとお会いしました。石川からの3名も当初は一緒に行動するはずだったが、1名がBC初心者でワカン・ボードの組み合わせだったため、別行動となった。

P1240038

今日はまずは野谷荘司山の一本杉下まで登る。早朝から入山したSabunyumaさんたちのラッセルのおかげで、すでに高速道路が完成済み。どうも有り難うございます。

P1240039

おかげさまで、スピーディーに一本杉の下に到着。極寒吹雪の状態で滑走準備に入る。雪は新雪でありながら粒子の細かい密度の高い重雪深雪で、ある程度の斜度がないと滑らなそう。我々は東谷ではなく、白谷方向への谷を滑ることにした。

12584158_743586769109760_516786690_

重雪深雪でもカーボンメガワットならば浮いてくれます。深雪なので前が見えないぐらいのスプレーが上がります。

P1240040

雪が重いので、板が雪に埋まると出すのが大変!

P1240041

それでも、あっという間に白谷本流に出た。足並みが揃っています!

P1240043

前日にやっとしくんが堰堤の通過の際に誤って沢に落ちたとのこと。我々は堰堤の通過に気を付けながら、右岸沿いに滑って行った。

P1240044

白山スーパー林道に出て、第1ラウンドは終了。第2ラウンドはあえてノートレースの三方岩岳を目指すことに。やはり山屋はラッセルしないと気分悪いからね!

P1240045

尾根に出るための谷筋を激重ラッセルを5人で先頭を交代しながらしていく。

P1240046

時間はかかるけど、楽しいラッセル!

P1240049

標高1150m付近の白山スーパー林道のヘアピンカーブ下から白谷方向に滑走することにした。極寒吹雪の中での滑走準備でバリバリ状態!

P1240050

途中、やっとしくんが転倒して、ストックを1本ロストするというトラブルが発生したが、なんとか雪の中から見つけ出して一安心。

12640281_743587632443007_4534243514

ゴーグルの下の眼鏡が曇ってしまい、裸眼で滑るが地形がわからない!

12606851_743586942443076_982278374_

結果として、こうなる! 重雪で転倒すると、埋まってしまい、なかなか起き上がれない!

P1240053

白谷沿いの林道に出たら、ちょっとラッセル。対岸に野谷を滑ってきたSyokoさんたちを発見。行きのトレースに合流したら滑って下る。奇跡的に雲が取れて、猿ヶ馬場山方面が見えました。

変態色が出た第2ラウンドでしたが、実に楽しいBCでした。

YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 激パウの野谷荘司山東谷 | Main | 盛会にて終了! 第13回テレマークスキー&クロカンスキー関西講習会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 激パウの野谷荘司山東谷 | Main | 盛会にて終了! 第13回テレマークスキー&クロカンスキー関西講習会 »