« November 2015 | Main | January 2016 »

December 27, 2015

今年最後のトレランは青崩起点の葛城山・金剛山周回

年末年始のバックカントリースキーロード出発を目前にしていながら、積雪量がまだまだ足りませんね。おまけに忘年会続きで鈍った体。こんな時はトレランでもして調整するしかありません。今年最後のトレランは、青崩起点の葛城山・金剛山周回でした。

起点は水越峠手前にある青崩の公衆トイレ前。

Img_0331

ここから天狗谷道を登っていきますが、体が重い!

Img_0332

まずは葛城山の山頂。

Img_0333

次に目指す金剛山。

Img_0334

奈良盆地が見えます。葛城山からはダイヤモンドトレイルを走ります。

Img_0335

重い体で調子は出ず、金剛山手前で葛城山を振り返る。

Img_0336

いつもの金剛山の山頂です。

Img_0337

ライブ映像でお馴染みの山頂広場。気温は1℃でした。

Img_0338

大阪側の展望です。青崩道を下ります。

Img_0339

霧氷がついていました。

Img_0341

青崩に戻りました。距離15.6km、累積標高差1200mほどのトレランでした。

ベストな時ならば3時間を切れるコースなのですが、3時間半もかかりました。BCでラッセルができるか少々不安です。

| | Comments (0)

December 24, 2015

さようなら、谷口けいさん

5月に谷口けいさんと一緒に行った立山温泉を目指してのカルデラ内滑走(記録)。

P5090717

来年は一緒に黒部源流域の滑走かなと期待していましたが、それがけいさんとの最初で最後のスキー山行になってしまいました。
本当にちょっとした油断だったと思います。
大変残念で悲しいです。

雪山や沢、岩など、長くやっているとやはり仲間が山で遭難するという出来事が何度か起こります。
無事に生還してくれたときは、凄く嬉しいですが、やはり亡くなってしまったときは凄く悲しいことです。
自分が遭難したときの事をしっかり考えておかなければと思いました。
保険のこと、仕事のこと、家族のことなど、なるべく周囲に迷惑がかからないようにしておかないと。
山をやめるべきだという意見は承知のことですが、やはり根っからの山屋ですからやめることはできません。
私はリスクマネージメントをしっかりすることに全力を注ぎます。
それでも事故率はゼロにはできないかもしれませんが...

谷口けいさんのご冥福をお祈り致します。

P5090744
危ういスノーブリッジを通過するためにルート工作をするけいさん

| | Comments (0)

December 18, 2015

万場スキー場から蘇武岳

雪が積もらなくても偵察はできる。バックカントリースキーの偵察を兼ねて、蘇武岳を登ってきました。

【日程】2015年12月6日(日)
【山域】兵庫
【場所】蘇武岳
【メンバー】Sさん、Hくん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】万場スキー場駐車場8:34〜万場登山口8:50〜大杉山10:27〜金山10:46〜金山分岐10:50〜蘇武岳11:12-30〜金山分岐11:47〜名色林道合流12:08〜万場登山口12:51〜万場スキー場駐車場13:05

スタートは神鍋万場スキー場より。

Pc130001

1月末にここでテレマークスキーのイベントを行います。

Pc130002

林道から登山道に入ります。

Pc130004Pc130005

滝が2つあります。2つめの滝のところから尾根に取り付きます。

Pc130006

えらい急登を強いられます。登山者が歩きやすいようにという整備はあまりされていない感じ。

Pc130013

上部はいい感じのブナ林です。滑れそうです。

Pc130016

大杉山の山頂近くには山名の由来となった大杉がありました。

Pc130018

大杉山からはアップダウンが繰り返され、4つの小ピークを通過します。

Pc130019
Pc130020Pc130022Pc130023

最後の小ピークが金山。

Pc130024

金山分岐を越えて、蘇武岳へ向かいます。

Pc130025

落葉に埋もれたクマ糞? ドングリなど木の実をたくさん食べています。

Pc130026

多少のアップダウンを越えて、最後の登りに。

Pc130028

蘇武岳山頂で記念写真!

下山は、金山分岐より巨樹の谷コースへ。

Pc130029Pc130032

かなり強引に作られた道のようだ。

山頂より90分で下山しました。

Img_0308

下山後は、植村直己冒険館へ。

Img_0306

山屋は見学すべき場所ですね。

早く雪が降らないかな!

| | Comments (0)

December 16, 2015

開催決定! テレマークスキー&クロスカントリースキー KTC関西講習会 in 万場

関西のテレマーカーにはすっかり恒例になった「テレマークスキー&クロスカントリースキー関西講習会」が今シーズンも開催されます。

2016年1月29日(金)〜31日(日)に兵庫県神鍋の万場スキー場にて開催されます。

初心者からベテランまで、ゲレンデからバックカントリーまで対応した講習会とイベントを行います。

ゲストテレマーカーには、国際的に活躍するビッグマウンテンテレマーカーの中塩順大さんと、テレマークDVD「TD」でお馴染みの稲垣勝範さん、そして日本テレマークスキー協会会長の園田佳代さん。

他にも広島の革靴職人こと植木庄司さんや、KTC関西テレマークスキーコミッティーのスタッフが講師を務めます。

私もスタッフとしてお手伝いします!

関西のテレマーカーは、ぜひ参加しましょう!

申込要項は以下からダウンロードして下さい。

申込要項

10931124_785610201534416_5665835903

P1300053_2

| | Comments (0)

December 14, 2015

今シーズン2回目のスキーも人工雪 in 奥神鍋スキー場

奥美濃での初滑りから3週間経ちましたが、暖かい日が続くので、山には快適に滑れるだけの積雪はまだない。
ゲレンデも北日本の一部を除き、人工雪ゲレンデしかオープンしていない。
ここは焦らずに、山が滑れるようになるまでは、人工雪でテレの感覚を研ぎ澄まさねば。

関西でも先週末にいくつかのスキー場が人工雪でオープンしましたので、テレ仲間達と滑ってきました。

Img_0302

場所は兵庫県の奥神鍋スキー場。ゲレンデはだいぶ狭く、雪面は荒れていますが...

12345552_1536993923289488_508529185

みんなで滑れば楽しい!

3週間前の奥美濃ではぎこちない滑りでしたが、今回はだいぶマシな滑りに戻ってきました。

以下は、YouTubeにアップされた動画です。

今シーズンもよろしくお願いします。

| | Comments (0)

ナメコのパラダイス!

近畿地方の某山にて、ナメコにはもう遅い時期のはずが...

Pc130009

あれは?

Pc130008

いい感じのナメコ!

Pc130010

あるのは高い所ばっかりでしたが...

Pc130011

これは凄い!

Pc130012

さすがに全部は取り切れませんでした!

| | Comments (0)

December 03, 2015

雪の大峰 弥山川・双門ルート

iPhoneを落として無事に戻ってきた大岩ヶ岳トレランの翌日は、大峰へ移動し、一般ルート最難関と言われる弥山川・双門ルートを登って来ました。徒渉、鎖場、ハシゴと難場が続くルートですが、沢登りの経験があれば特に問題はなし。案内付きの易しい沢登りという感じ。想定外の積雪はありましたが、むしろスリルが出たことで面白くなった登りでした。

【日程】2015年11月29日(日)
【山域】大峰
【場所】弥山川・双門ルート
【メンバー】Sさん、マメゾウムシ
【天候】晴れのち曇り
【コー スタイム】天川川合5:50〜熊渡6:40〜カナビキ尾根分岐7:15-24〜白川八丁7:29〜釜滝7:50〜吊橋8:43〜仙人嵓テラス9:46〜ザンギ平10:08〜河原小屋跡11:18〜狼平避難小屋12:52-13:19〜栃尾辻14:31〜天川川合15:52

登山口の熊渡には5台ほどが路駐できるスペースはあるのだが、一応、路駐禁止となっており、落石のリスクもあるので、天川川合の村役場駐車場に車を置くことにした。そのため、下山ルートはカナビキ尾根ではなく、栃尾辻経由とした。

Pb290028

6時近くに出発。あたりはまだ暗い。国道309号を歩く。

Pb290030

御手洗渓谷を通過。

Pb290032

熊渡まで天川川合から50分。あたりが明るくなりました。橋を渡って林道に入る。

12295528_812041995572146_8777471428

途中に、登山届のポストがあり、そこにあった双門コースの案内板。

Pb290035

カナビキ尾根との分岐は左に取れば、弥山川の河原に出る。

Pb290036

白川八丁は、上部に取水堰堤があるためか、伏流になっている。

Pb290038

流れが現れ始めて、簡単な徒渉があったが、すぐに釜滝であった。渇水なのか滝を落ちる水はチョロチョロだった。

Pb290039

右岸についているハシゴは取付部分が崩れかかっていたが、問題なく使えた。

Pb290040

釜滝とその上の取水堰堤をまとめて巻く。

Pb290042

取水堰堤の上はしっかり流れがあるが、水量は多くはない。

Pb290043

頼らない方がよさそうな残置ロープ。こんなところを登るので、一般登山よりも沢登りと捉えた方がよい。

Pb290044

崖部分は水平なハシゴで通過。

Pb290047

一の滝の前で吊橋を渡る。

Pb290046

下が一の滝で上が二の滝? それとも一の滝は2段?

Pb290049

ここから連瀑帯を大きく高巻くためにハシゴが延々と続く。前々日に降ったであろう雪も現れてきた。

Pb290051

仙人嵓テラスからの双門の滝。

Pb290052

ザンギ平まで登ったら、下りになる。高巻きですからね。

Pb290053

こういう鎖場に雪が付くとスリルが出ます!

Pb290055

ようやく河原におりました。流れの中にはイワナの姿が見える。大峰はアマゴの川が多いのだが、弥山川は紀伊半島固有のキリクチイワナの生息地とのことで、通年禁漁となっている。このイワナも過去に滝上放流されたものなのだが。

Pb290054

河原歩きだけでなく、滝があるところは高巻きになっている。これは三鮎滝か?

Pb290058

河原小屋跡のあたり。

Pb290059

河原歩きは徒渉が繰り返されるので、ピョンピョンと岩の上を跳ぶのだが、岩の上に雪が付いているので滑りやすい。今回、私はソールがボコボコのinnov-8のトレランシューズを履いていたが、あまり滑らず、選択が正解でした。Sさんは渓流シューズを選択したが、むしろ雪で滑るようだった。Sさんは右足を川ボチャして、その後は、「右足は、川につかっていいことにする」というルールを設けたとのこと。

Pb290061

桶の谷との二俣を過ぎると、川幅が狭くなり、最後の詰めとなる。そこで出てくるのが空中ブランコ。揺れるし、ハング気味なのでなかなか面白い!

Pb290063

空中回廊も雪が付いているとスリルがあり、面白い!

Pb290067

熊渡から6時間で、狼平に無事出た。雪が付いていたので、ちょっと時間がかかりました。周囲はしっかり雪景色!

Pb290069

狼平避難小屋で一服。2007年2月に泊まって以来の再訪だった。その時は天川川合から登山道を登った。

Pb290070

弥山まで登る時間的余裕はないので、下山することに。雪道をトレラン気味に!

Pb290074

栃尾辻の小屋。中に床板はなく、土間となっている。

Pb290075

アップダウンの多い長い下りだったが、無事、下山!

Pb290076

天川川合の村役場に戻る。およそ登り7時間、下り3時間の行程でした。

下山後は天の川温泉で汗を流してから帰路につきました。

| | Comments (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »