« 2014-2015シーズンラストスキー in 立山 | Main | 明王谷・白滝谷:初めての比良の沢は増水で歓迎される! »

June 24, 2015

金剛山高天谷で沢登り始動!

スキーシーズンを締めたら、すでに初夏です。やはり夏は沢ですね。まずは体を沢に慣らすために、ホームの金剛山高天谷を遡行してきました。

【日程】2015年6月21日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】高天彦神社11:40〜高天滝下11:45〜二股12:51〜左股終了地点(郵便道)13:20-30〜高天彦神社14:10

朝は雨のため、自宅を出たのは10時を過ぎていた。金剛山奈良側の高天彦神社に着いたら、いきなり大粒の雨が降り出し、雷も鳴り出した。大気が不安定なようだが、すぐに止むという判断で車中で待機。予想通り10分ほどで雨は上がった。早速、沢支度をして出発。

10345930_683938748378206_2980139732

高天滝までの登山道(郵便道)は、2013年の台風18号による土砂崩れのため通行止めとなっているが、今は土砂崩れ箇所の迂回ルートができている。しかし高天谷に入るには、通行止めの看板を無視して進むことになる。

5分ほどの歩きで高天滝6Mとその手前にある小屋が見えた。

P6210990

本来は川床はもっと低かったのだが、土砂の堆積によって高天滝も低くなってしまった。

昨年(2014年7月5日8月3日の記録)は、お助け倒木を利用して高天滝を直登できたのだが、今年は倒木が無くなっていた。左側から登れそうだったが、単独なので無理せずに左岸側から巻く。落ち口から覗く。

P6210991

すぐに4M滝と堰堤が行く手を阻む。

P6210992

4M滝は過去に直登したことはあるが、ちょっとやらしいので、今回は巻くことに。右岸側にフィックスワイヤーがあるので、それを利用して堰堤上までまとめて巻く。

土砂が堆積してすっきりした渓相をしばらく歩くと、今度は10M大滝だが、これも低くなっているが直登は難しそう。

P6210993

いつも通り左岸側から巻いた。滝下から巻き始めたが、その赤テープの所から巻き始めれば、嫌らしい泥壁登りは必要なかったかもしれない。

P6210995

沢を埋め尽くすいつもの倒木帯を右側から通過!

P6210997

連瀑帯に突入!

P6210998

どの滝も直登できる!

P6210999

古い堰堤を1つ越える。

P6211000

本当はもう一つ古い堰堤があったのだが、土砂崩れで崩壊している。そのあたりは倒木が多かった。

P6211001

まもなく二股に到着!

P6211002

今回は楽に登山道に出られる左俣を進む。4段40Mはちょっともろいが直登!

P6211003

最後の5M滝!

P6211004_2

これを越えると、植林となり、わずかな水が流れるだけとなる。

P6211005

しばらく沢筋を登れば、左側に登山道(郵便道)と出会う。

P6211006

あとは登山道を下山するだけ。今回はピークには行かず!

P6211008

雨に降られることもなく、無事終了しました。

10336795_683977768374304_7195420617

近くのかもきみの湯で汗を流してから帰宅しました。

いよいよ今シーズンの沢が始動! この夏もいろいろと行きますよ!

|

« 2014-2015シーズンラストスキー in 立山 | Main | 明王谷・白滝谷:初めての比良の沢は増水で歓迎される! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2014-2015シーズンラストスキー in 立山 | Main | 明王谷・白滝谷:初めての比良の沢は増水で歓迎される! »