« 白山スキー:縦溝も気にならない大斜面滑走 | Main | 乗鞍岳で板納め?:1シーズン60日滑走達成! »

June 04, 2015

富士山詣でスキー:小御岳流し

先週の土曜日は、今シーズンのスキーの締めとして、富士山詣でを兼ねた山頂からの滑走をしてきました。昨年は須走口からの往復でしたが(2014年5月31日の記録)、今年は雪融けが早く残雪もひじょうに少ないらしいので、北面の吉田口からアプローチ。予定では単独での吉田大沢滑走のはずが、山頂でぶなの会のおおすけさんや常吉さん、RSSAのしょうこさんにお会いしたご縁で、小御岳流しの滑走にご一緒させていただきました。以下、報告です。

【日程】2015年5月30日(土)
【山域】富士山
【場所】富士山 小御岳流し
【メンバー】マメゾウムシ、山頂より他11名(ぶなの会、RSSA、他)と行動
【天候】晴れのち曇り
【装備】テレマーク2、ATスキー10
【コー スタイム】富士スバルライン五合目5:45〜吉田口六合目6:21〜七合目7:55〜本八合目9:14〜九合目10:06〜吉田口山頂10:38-12:18〜吉田大沢エントリー地点12:22-27〜滑走終了地点(2770m)13:30-45〜富士スバルライン五合目14:20

富士山へは堺より500kmのドライブ。堺を20時過ぎに発ち、翌日の2時45分に富士スバルラインの料金所に到着し、3時の営業開始とともに五合目へ上がった。五合目の駐車場で2時間ほど仮眠しようと思ったが、周囲がすぐに明るくなったため、ほとんど眠れなかった。

まだ6時前でしたが、天気もよく気温も高めだったので、早速準備を始めて出発することに。スキーとブーツを担ぎ、足下はトレランシューズで、早朝の静かな五合目を出発。

P5300915

今シーズンはすっかり寝不足に弱い体になってしまっている。どうも遠征初日は寝不足でパフォーマンスが発揮できない。いつも半分眠りながらボーッと歩いているような感じ。昨年までは寝ないでもそれなりのパフォーマンスが発揮できたのだが、やはり年齢的なものだろうか。2年前はUTMBを2晩寝ないで走れたのに...

そんな訳でゆっくりと歩き出した。標高も高いですからね。七合目ぐらいまでは一緒になった中国人の女の子と話しながら歩いていた。そのうち女の子と差がついてしまったが、はたして彼女は登頂できただろうか?

P5300916 P5300917

しかしこの時期としては雪が少なすぎる。本当に滑れるんだろうか? 去年は須走口から山頂までシール登行できたのに。

P5300918 P5300919

須走口からの登山道と合流したあたりからは登山道上に雪が残っていたが、トレランシューズで問題なかった。トレイルランナーも登っていた。

P5300920

五合目からゆっくりと5時間近くかけて吉田口山頂に到着。

P5300921

山頂で休んでいると、RSSAのしょうこさんとバッタリ! ぶなの会のおおすけさんや常吉さんともご一緒とのこと。次々と10人以上のメンバーが登って来た。しょうこさんとおおすけさんとは去年11月の立山以来の再会。常吉さんとは3年前の薬師岳以来。それから2週間前の針ノ木大雪渓でお会いしたまっきーくんも。

一緒に記念撮影!

11390031_709925079119847_1034470120

当初は単独で吉田大沢滑走の予定でしたが、急遽、小御岳流しの滑走にご一緒させてもらうことに!

P5300926

吉田大沢のエントリー地点に着いたが、急にガスが湧いてきて視界が不良気味に!

P5300927

かなり凹凸激しい斜面ですが、行きましょう!

P5300930

滑走シーンは動画をご覧下さい。

吉田大沢からトラバース気味に滑って、小御岳流しに入ると視界が晴れた。斜面の凹凸はだいぶ軽減されたが、小石などの地雷が多く、板が悲鳴を上げる。

P5300931

さすがにみんな滑りはうまい。おおすけさんもしょうこさんも格好いい!

しょうこさんに撮っていただいた私の滑り!

11390188_709928059119549_3650429475 11295724_709928102452878_4004837234

途中、1回スキーを脱いで雪渓を渡ったが、標高差1000m近い滑走ができた。この残雪の少なさで、これだけ滑られれば大変満足です。あとは真下に見える駐車場を目指して歩くのみ。

P5300934

五合目は早朝と大違いで、観光客で大変な賑わい。皆さんとは来シーズンの再会を約束し、ここでお別れとなった。ご一緒させていただき、どうもありがとうございました。スキーシーズンの締めとして大変よい思い出となりました。

以下は今回の記録動画のリンクです。

おおすけさんと常吉さんのホームページにも今回の記録が掲載されています。

未知へのシュプール
常吉の酔いどれ日記

|

« 白山スキー:縦溝も気にならない大斜面滑走 | Main | 乗鞍岳で板納め?:1シーズン60日滑走達成! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白山スキー:縦溝も気にならない大斜面滑走 | Main | 乗鞍岳で板納め?:1シーズン60日滑走達成! »