« 視界不良での渋峠から芳ヶ平周回 | Main | 放山BCスキー・温泉・蟹ツアー »

March 18, 2015

2回目のKTCバックカントリー講習 in 氷ノ山

先日の日曜日はKTC関西テレマークスキーコミッティによる2回目のバックカントリー講習を氷ノ山で行いました。1回目は兵庫側の東尾根からでしたが、今回は鳥取側のわかさ氷ノ山スキー場からアプローチしました。

【日程】2015年3月15日(日)
【山域】鳥取・兵庫
【場所】氷ノ山
【メンバー】相川さん、坂根さん、雪がえるさん、マメゾウムシ、受講生15名
【天候】曇り時々晴れ
【装備】テレマーク19
【コースタイム】わかさ氷ノ山スキー場チャレンジコーストップ9:00〜1360m付近(ビーコン練習・ピットチェック)9:40-10:26〜三の丸10:47-11:06〜(滑走)〜三の丸東面の谷1310m11:37-12:13〜三の丸南西1440m12:41-49〜(滑走)〜南西の谷1290m13:02-17〜三の丸13:52〜わさび谷ドロップ地点14:02-13〜わかさ氷ノ山スキー場15:13

今回は前回の10名を上まわる15名もの受講生が参加してくれました。スタッフ4名を加えると19名もの大所帯です。BCツアーにテレマーカーだけがこれだけ集まるのは、てれまくりなどの大きなイベント時以外ではそうないことと思います。

集合はわかさ氷ノ山スキー場の無料休憩所前に8時でした。気温は高めで、朝のうちは晴れ間が出ていました。

P3150280

リフト2本を乗り継いで、チャレンジコースのトップに上がります。リフト代は1回券を2枚買って500円でした。

リフトを降りたら、杉林の急斜面を早速シール登行を開始です。

P3150283

いきなりのキックターンでの方向転換で、慣れていない人にはきついかもしれませんが、この急斜面はいい練習になります。

P3150285

標高1360m付近の平坦地で、ビーコンでの捜索練習をしてみました。本格的に行うとなれば半日は必要なトレーニングですが、どんな感じで電波によって誘導されるかを、あらかじめ埋めておいたビーコンで確かめてもらいました。それからプローブを用いたスポットプロービングのやり方や、実際に雪崩に遭遇した場合の対応の仕方などを説明しました。

雪を掘ってのピットチェックも行いました。週の前半にドカッと降った新雪の層50cmが、ザラメの旧雪の上に載っていました。旧雪と新雪の結合が気になる所ですが、コンプレッションテストではH3程度でPCで破断しました。無木立の急斜面では注意は必要ですが、我々が滑るような斜面では問題なさそうです。

Pit

稜線からは氷ノ山の山頂が見えましたが、今回は山頂までは行かず、三ノ丸から滑走します。

P3150286

稜線はちょっと風がありました。

P3150289

小ピークである三ノ丸に到着!

P3150291

シールを外して最初の滑走に入ります。急にガスが出てきて視界が悪くなりました。

P3150293

19人もが一斉に滑るとなると、なかなか凄いシーンになりますね。雪は湿雪グサグサでストップもかかる悪雪でした。それでも皆さん、なんとか滑って行きます。普段の練習やレッスンの成果でしょうか。皆さん、なかなかの腕前でしたね。

三の丸東面の谷を標高1310mまで滑って、ランチタイムとしました。樹林の中は風も無く穏やかです。

P3150295

三ノ丸方面へシールを付けて登り返します。

P3150299

今度は三ノ丸の南西にある谷を標高1290mまで滑りました。滑走シーンは動画をご覧下さい。

ここからまた登り返すのですが、わさび谷を滑りたい中上級者とBC経験の浅い人たちの2つのグループに分けました。坂根さんと私はわさび谷グループの方を引率することに。

P3150304

三ノ丸を越えたところにある小ピークでシールを外して、いよいよわさび谷へドロップします。

P3150307

途中、Eさんが木にぶつかるというヒヤリがありましたが、ちょっと唇を切っただけで済みました。一安心です。悪雪なので気をつけて行きましょう。

P3150308

のんびり滑って、1時間ほどでゲレンデに出ました。次回はパウダーの時期に来たい所です。

P3150310

別グループもちょうど下りてきたところでした。

無料休憩所前まで滑って無事終了!

P3150312

これからはザラメの季節が始まります。雪崩リスクも低くなっていきますので、BC経験の浅い人たちにとっては山に行きやすい時期ですね。まだまだスキーをしまわずに滑りに行きましょう!

以下は今回の記録動画のリンクです。

|

« 視界不良での渋峠から芳ヶ平周回 | Main | 放山BCスキー・温泉・蟹ツアー »

Comments

今回の雪もキビシそうでしたね。
受講生にとっては、修行だったのでは。
それにしても、参加の皆さん、ちゃんとした格好をしていますね。

Posted by: CIMA | March 18, 2015 at 08:09 PM

BC経験が浅い人には修行だったと思いますが、ツアーではなく講習会なので、多少条件が悪い方がよい経験になるのではないでしょうか。
レジェンドの坂根さんが悪雪でのワンステップターン滑りを指導してくださいました。
もちろん怪我をしないことが前提ですが...

Posted by: マメゾウムシ | March 20, 2015 at 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 視界不良での渋峠から芳ヶ平周回 | Main | 放山BCスキー・温泉・蟹ツアー »