« 近場の比良・蛇谷ヶ峰で藪スキー | Main | 二度目の小荒島岳一ノカラ谷でパウダー当てた! »

February 17, 2015

KTCバックカントリー講習 in 氷ノ山東尾根

2月15日は、KTC関西テレマークスキーコミッティによる初心者対象のバックカントリー講習を氷ノ山東尾根で行いました。相川さんと私が講師役で、Sayaちゃんがサポートで入ってくれました。以下、報告です。

【日程】2015年2月15日(日)
【山域】鳥取・兵庫
【場所】氷ノ山
【メンバー】相川さん、Sayaちゃん、マメゾウムシ、受講生10名
【天候】曇り時々雪
【装備】テレマーク13
【コースタイム】氷ノ山国際スキー場9:11〜東尾根避難小屋10:42〜東尾根1380m付近12:42-13:06〜南側の沢1200m付近13:31-14:00〜東尾根1280m付近14:16-27〜東尾根避難小屋15:25〜氷ノ山国際スキー場

KTC関西テレマークスキーコミッティとしてミニツアーテレマーク&クロカン関西講習会の際に行っていましたが、本格的なBC講習会は今回が発足後初となります。それにもかかわらず、10名ものテレマーカーが参加してくれました。BCツアーにテレマーカーだけがこれだけ集まるのは、他の地域でもあまりないことと思います。

集合は氷ノ山国際スキー場に8時でした。

P2150106

早速、シールを板に貼って出発。

P2150107

シール登行が初めての人もいるので、本格的な登りに入る前に、まずはキックターンの練習。

P2150111

それでは杉林の急登を登るとします。

P2150112

私は最後尾でサポート。Iさんが登りで後ろに滑ってばかりで、なかなか登れない。キックターンの技術もあるが、どうやら板の幅に対してシールがだいぶ細いのが一番の原因のようだ。このままでは登れないので、板を担いでもらい、つぼ足で登ってもらうことに。

なんとか東尾根に乗ることができました。

P2150113

急登部分は他のメンバーにも板を担いでもらう。

P2150117

再びのシール登行でもIさんは後ろ滑りしてしまう。

P2150120

仕方なく、私が浅めにジグを切って登るので、その後を付いてきてもらうことに。

P2150121

視界が悪くなったこともあり、1380m付近で登りは終了。

滑る前にピットチェック。

10993461_389966431165457_4531690765

CT(コンプレッションテスト)E5程度で、雪面から5cm下でSC(サドンコラプス)で剪断。風の影響を受ける斜面ということで、スラブ化の傾向もあり。しかし、脆弱な層は浅く、樹林帯の緩斜面中心の滑走を予定していることもあり、まあ注意して滑れば問題はないだろうと判断した。

それでは滑りましょう!

P2150122

東尾根のすぐ南側の沢を1200m付近まで滑走。ちょっと重めの湿雪ではあったが、このあたりの雪としてはパウダーでしょう!

P2150128

思いっきり滑れたかな? ランチタイムとします。

P2150129

東尾根へ登り返します。

P2150131

再びシールを外して滑走!

P2150136

転けてもいいですよ!

P2150138 P2150139

尾根が細くなってきたら、安全第一で板を担ぎます。

P2150141

杉林の急下降ではジャンプターンをイメージしながら下ってもらいました。

P2150147

杉林を抜けたら、最後の滑走!

P2150149

全員無事に下山できました。

P2150153

悪雪と言った方がよいコンディションでしたが、苦労しながらも楽しく滑れたのではないでしょうか?

P2150154

参加者はもう立派なバックカントリーテレマーカーです。これから経験を積んでいけば、どんどん楽しくなっていきますよ。またぜひ行きましょう!

以下は今回の記録動画のリンクです。

|

« 近場の比良・蛇谷ヶ峰で藪スキー | Main | 二度目の小荒島岳一ノカラ谷でパウダー当てた! »

Comments

関西のテレマーカーは、結束力がありますね。
今回の参加者は、今まではゲレンデテレマーカーだったのでしょうか?

それにしても、結構悪雪だったので、参加者の皆さん苦労したのでは?

Posted by: CIMA | February 17, 2015 at 05:41 PM

CIMAさん、どうもです。
今回の参加者は、今までゲレンデだけだったという人もいますが、半数ぐらいはテレマーク歴がまだ短く、将来的にはBC希望という感じの人たちだったと思います。
この悪雪はなかなか苦労していましたね。
転倒しながらでも滑って下りられたのだからなかなかと思います。

Posted by: マメゾウムシ | February 18, 2015 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 近場の比良・蛇谷ヶ峰で藪スキー | Main | 二度目の小荒島岳一ノカラ谷でパウダー当てた! »