« 二度目の小荒島岳一ノカラ谷でパウダー当てた! | Main | 悪天時はタカンボウ山へ »

February 24, 2015

思わぬ好天に恵まれた!:金沢市民の山「医王山」でBC

小荒島岳の翌日は福井・石川県境の護摩堂山の予定でしたが、天気予報では朝から雨との予報。ところが金沢在住のTaroさんによると、山を越えた金沢は雨があまり降らないという予報らしい。急遽、金沢市民の山である医王山(いおうぜん)に行き先を変更。予想外の好天の中で悪雪滑りを楽めました。

【日程】2015年2月22日(日)
【山域】北陸
【場所】医王山(いおうぜん)
【メンバー】Taroさん、Taroさん息子くん、Yさん、Mさん、Yさん、Sayaちゃん、マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れ
【装備】テレマーク4、BCクロカン2、ATスキー1
【コースタイム】見上峠7:16〜西尾平8:17〜覗9:13〜大沼9:45-10:14〜覗10:54〜白兀山11:37〜西尾平12:20〜見上峠12:40

Taroさんたち石川県のテレマーカーたちと見上峠の駐車スペースに7時に待ち合わせ。今回は金沢市民には馴染みな山である医王山を案内していただきます。

総勢6名で林道をダラダラと出発。途中で遅れて出発したYさんが追いついてきました。

P2220178

日差しが差したりと、予想外の好天に驚く。途中、杉林の中を通ったり。

P2220182

西尾平の休憩舎に登って滑ったり。

Img_3049

覗という場所を目指す。正面は白兀山。

P2220188

出発してから2時間ほどで覗に到着。

Img_3051

日本海です。

P2220190

立山・剱まで見えます。

P2220189

シールを外して、覗から最初の滑走です。

Img_3056

重雪だ!

P2220194

Taroさんの滑り。Taroさんの息子くんは小6だけど、テレマークうまいですよ!

P2220197

悪雪に手こずりながらも、大沼の休憩舎まで滑り込む。

P2220199

鳶岩だそうです。

P2220198

覗まで登り返します。

Img_3091

せっかくなので、白兀山の山頂を目指すことに。

P2220201

覗から1時間かからずに山頂に着きました。

P2220202

一般登山者が大勢いました。

最高峰の奥医王山。白山方面は雲の中でしたので、当初予定していた護摩堂山は雨かな?

P2220203

再び、立山・剱方面。残念ながら剱岳は雲の中でした。

P2220204

シールを外して山頂からの滑走です。Sayaちゃんの滑り!

Img_3126

私の滑り!

Img_3128 Img_3129 Img_3130 Img_3131

悪雪だっただけど、楽しい斜面でした。Taroさん、撮影どうもありがとうございました!

ただし湿雪でしたので、アンモナイトがたくさん落ちて、斜面はボコボコに。

P2220205

あとは林道をボブスレーのように滑って。

P2220206

予定通り13時前に見上峠に戻りました。

今晩は中国から一時帰国しているテレ仲間のどうちゃん夫妻との飲み会が梅田であり、私とSayaちゃんはそれに間に合うように帰る必要があったのでした。慌ただしく、石川メンバーと別れて帰路につきました。

ちょっと遅刻しましたが、その晩はどうちゃん夫妻たちと久しぶりに楽しく呑めました。

11002594_702507709867346_7050154292

ただし、帰りの電車で力尽きて寝過ごし、タクシーで帰ってきました。充実した長い1日でした。

今回のツアー動画のリンクです。

以下はTaroさんが編集した動画のリンクです。

|

« 二度目の小荒島岳一ノカラ谷でパウダー当てた! | Main | 悪天時はタカンボウ山へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 二度目の小荒島岳一ノカラ谷でパウダー当てた! | Main | 悪天時はタカンボウ山へ »