« またも黒姫山東尾根だけどよかった! | Main | 期待が大きかったのに...小荒島岳一ノカラ谷 »

January 07, 2015

テンションも高くなる天狗原パウダー!

信越遠征4日目の新年元旦は予報通りの悪天で、ハクノリコルチナスキー場で重いゲレンデパウダーで我慢しました。翌5日目は小康状態の天気となり、天狗原と鵯西峰に登ってパウダーを味わえました。大雪の翌日であったので、地形を考えた慎重な行動で!

【日程】2015年1月2日(菌)
【山域】白馬
【場所】天狗原・鵯西峰
【メンバー】Kaoriさん、タイスケくん、マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れそして雪
【装備】テレマーク3
【コースタイム】栂の森林道入口10:13〜成城小屋11:00〜天狗原12:17-55〜林道13:18-31〜鵯西峰13:57-14:18〜ゴンドラ栂の森駅14:39

新年初BCの同行メンバーは、トップトレイルランナーのKaoriさんと、テクニシャンテレマーカーのタイスケくん。前日の元旦にKaoriさんたちの宿舎にお邪魔して、チョキとマルクと寝床を共にしました。

P1010244

もちろん飲みましたよ!

P1010245_2

前日にラッピーでファット板を買ったタイスケくんと、9時に栂池高原スキー場のゴンドラ乗場前で合流。さてテンション高めて行きますよ!

栂の森の林道入口。

P1020246

当初は裏ヒヨの滑走を予定していましたが、大雪の後に地形の罠を通るのはリスクが高いと判断し、定番の天狗原と鵯西峰から滑走することにしました。

他パーティーは早稲田小屋から鵯峰へ向かっていたが、成城小屋方面へラッセルして進んでいる1人の若者がいた。さすがに元旦の翌日なので皆さん遅めの出発のようだ。

P1020247

単独ラッセルの若者に軽く追いつき、先頭ラッセルを代わる。やはりラッセルしなくちゃ!

P1020249

重いラッセルでした。途中、林道をショートカットすると、なぜかトレースがある。成城小屋に泊まっていた人が、今朝天狗原方面へ登って、下りてきたところだった。急に楽になるとテンションも上がる!

Imgp0657

傾斜が急になる手前で一服!

Imgp0669

急斜面を一段登りきった所でトレースは終了。成城小屋泊の人たちはここから滑っていました。我々は天狗原の祠を目指して再びラッセルだ!

Imgp0675

出発してから2時間で天狗原に到着。

Imgp0694

初詣は祠で!

P1020252

青空も見えたりして、風も弱く、前日の荒天が嘘のよう。

Imgp0698

白馬乗鞍岳の斜面には面発生雪崩の跡がうっすらと残っていた。

P1020254

今日の状況で、ここを登る勇気はなかった!

それでは滑走だ。雪崩リスクを考えて、なるべく尾根状の地形を滑ることにする。必然的に登って来たルートの近くを滑ることになる。上部は締まった雪でしたが、下部は意外や軽いパウダーでした。

P1020261

林道に出たら、しばらく進んだ所からシールを再び板に貼って、鵯のコルを目指して登る。

10888148_706508919465608_883834173_

ほとんどの人たちは早稲田小屋から急登を登るのだが、ここから登ると斜度が緩く楽ではあるが、ラッセルはしなくてはならない。ところがトレースがしっかり付いていました。ラッキー!

P1020263

鵯のコルに出たら、西峰へ進み、到着。

P1020264

流石に、ここからはたくさんのシュプールがついていた。北面の裏ヒヨ方向へも滑ってみたかったが、時間的に厳しいので、ここから早稲田小屋方向へ滑ることにする。

10884852_706508932798940_142371816_

激パウと言えるいい雪でした! いや〜、楽しかった!

途中、林道をショートカットしてゲレンデへ。ゴンドラ栂の森駅近くにあるカフェテリア栂の森で休憩してから下山。いつもながら、スーパーファット板では長いゲレンデ滑りは修行でした。

10884920_706508949465605_46693358_2

これで今回の年末年始信越遠征は終了。Kaoriさん、タイスケくん、有り難うございました!

以下は記録動画です。

翌日からは、KTC関西テレマークスキーコミッティの合宿に参加する予定。またも大雪の中を、兵庫県のおじろスキー場を目指すのであった。

|

« またも黒姫山東尾根だけどよかった! | Main | 期待が大きかったのに...小荒島岳一ノカラ谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またも黒姫山東尾根だけどよかった! | Main | 期待が大きかったのに...小荒島岳一ノカラ谷 »