« 期待が大きかったのに...小荒島岳一ノカラ谷 | Main | 籾糠山:単独ラッセルで6時間かけて登頂 »

January 14, 2015

厳冬期の「ウサギの頭」もまずまずの美味しさでした!

荒島岳の翌日は、石川県にあるウサギの頭(1327m)へ。昨年の3月にも行ったいて、その時もまずまずの雪でしたが(2014年3月の記録)、厳冬期である今回もウサギの頭はまずまずの美味しさでした。前日のカリカリクラストベースの小荒島とは大違いで、さすがは北面でした。

【日程】2015年1月11日(日)
【山域】白山
【場所】ウサギの頭
【メンバー】Taroさん、ご老公Yさん、よすあきさん、金沢バンブーさん、itazoさん、マメゾウムシ
【天候】雪
【装備】テレマーク6
【コー スタイム】目附橋近くの駐車地点7:31〜尾根上の林道出合(840m)9:18〜1130m小ピーク付近10:37〜ウサギの頭11:26〜1130m小ピーク付近12:17〜尾根上の林道出合(840m)13:22〜林道上の橋14:12〜目附橋近くの駐車地点14:37

今回のメンバーは石川県のテレマーカー5名。Taroさんとご老公Yさんは去年の3月にウサギの頭に一緒に行ったメンバーでもある。

前回は林道経由のルートを取ったが、今回は金沢のH先生が取ったという目附橋手前の尾根から取り付いた。

1489205_10206068319734140_545599301

これが最初からかなりの急登を強いられ、木の密度も高く、先頭はルート取りにも苦労していた。初心者にはちょっと無理なコースかも。

P1110288 P1110290

標高600mを過ぎたあたりで杉林となり、傾斜も緩くなってホッとする。

P1110292

最年長のご老公Yさんは最初の急登でかなり体力を消耗した模様。先頭ラッセルは若者に任せっきりになってしまったが、私はYさんの後についてサポート。

ようやく林道に出ると前日のものと思われるトレースが残っていた。

P1110294

ここからは3月に来た時と同じルートとなる。結果的には最初から急な尾根を行くよりも、林道経由で往復した方が登りも滑りも楽という結論であった。標高を上げるとさすがに風雪が強くなる。

林道を進んだり、尾根上を行ったりしながら、1130m小ピークを巻き気味に越えると、最後のウサギの頭への急登になる。

P1110299 P1110301_2

お疲れのご老公Yさんも無事ウサギの頭に登頂。山頂部はさすがに風雪で寒いので、早速、滑走準備に入る。

P1110302

ちょっと重めでしたが腰パウでした。前日の小荒島岳とは大違いで楽しい!

P1110306

帰りは登りの尾根ルートではなく、3月に滑った林道経由ルートで。標高を下げるに従い、激重雪へと変わり、Yご老公Yさんは転倒で膝を痛めてしまったらしい。

P1110307_2

林道はショートカットできるところはもちろん急でもショートカット!

P1110311

下りラッセルをしながら、目附橋へ戻って、無事?終了!

P1110312

結構遊びました。下山後は近くの新中宮温泉で汗を流して解散となりました。北陸の山も悪くないですよ!

以下はTaroさんが撮影した動画のリンクです。

よすあきさんのブログでも今回の報告(ウサギ谷源頭)がアップされてます。

|

« 期待が大きかったのに...小荒島岳一ノカラ谷 | Main | 籾糠山:単独ラッセルで6時間かけて登頂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 期待が大きかったのに...小荒島岳一ノカラ谷 | Main | 籾糠山:単独ラッセルで6時間かけて登頂 »