« November 2014 | Main | January 2015 »

December 26, 2014

富山スキー遠征2:激パウの白谷山

遠征最終日は富山県南砺市利賀の白谷山で、今シーズン初の激パウを堪能できた。この山の正式名称は無く、山頂にある三角点の点名「白谷」から白谷山と呼ばれているそうだ。

【日程】2014年12月23日(火)

【山域】北陸
【場所】白谷山
【メンバー】cimaさん、Aさん、マメゾウムシ
【天候】雪のち曇り
【装備】テレマーク1、ATスキー1、BCクロカン1
【コー スタイム】大勘場スノーシェッド7:24〜千束ダム事務所裏7:35〜北北西尾根8:04〜林道合流点9:35〜最終尾根取付き10:06〜白谷山10:46-11:12〜林道合流地点11:50-59〜千束ダム事務所裏12:27〜大勘場スノーシェッド12:41



今回のメンバーは前日の仁王山に引き続き参加のcimaさんと私に、金沢めっこ山岳会のAさんが加わった。朝のうちはまだ雪が降り続いていたが、風は止んでいた。

入山は五箇山近くの利賀村大勘場。道路のスノーシェッドがちょうどよい駐車場所であった。

P1010791

しばらくスキーを担いで道を歩き、千束ダム事務所の裏からスキーを履いた。

P1010794

進む尾根は北北西尾根だが、ダムの左手を少し進み杉林が切れているところから尾根に向かって登っていった。

P1010795

前日のノルベルトさんやよすあきさんのラッセル力も凄かったが、今日のAさんもまったく退けを取らないパワーでラッセルして行く。

P1010797

事務所裏からの北北西尾根に乗り上げるまでの1時間弱をAさんがラッセルしきってしまった。ここで一番急なところが終わり、私がラッセルを交替。前日ほどで悪くはないが、やはり調子はイマイチ。年齢による衰えか?

登り切った所でいきなり林道が出現。地形図には載っていない林道だ。

Pc230191

平坦な林道をしばらく進むといよいよ最後の急登に取り付く。ここはAさんが黙々と先頭に立つ。そんな訳で、結局、結構なラッセルをAさんがしてしまった。どうも有り難うございます。

Pc230192P1010802_2
傾斜が緩くなったら山頂は近い!

P1010808

スタートしてから3時間半弱で山頂に到着! 今日も強力なラッセルマシーンのおかげで速かった!

P1010811

前日の仁王山と比べると風もほとんどなく、今日は山頂でのんびりできるほどだった。

腹ごしらえしたら、滑走に入るとしますか!

P1010814

激パウ! 軽い極上のパウダーで、思わず感激!

Pc230196

平坦な林道部分まで来たら、シールを付けて歩き。BCクロカンのcimaさんはウロコ板なのでそのまま行けるので楽そうだ。天気は回復して晴れ間も見えてきました。

Pc230198

林道が終わったら再び滑走です。

Pc230199

厳冬期もBCクロカンでスイスイ滑るcimaさん!

Pc230200

登ってきた北北西尾根を右手に見ながら、3人でパウダーを食いまくる。

Pc230201 Pc230204

あっという間に千束ダム事務所裏に着いてしまいました。

P1010825

スノーシェッドの駐車地点に戻ったのは12時半過ぎ。下山後は先月の立山の帰りにクライミングをした富山県南砺市城端の桜ヶ池クアガーデンに移動して(2014年11月のクライミングの記事)、温泉で汗を流してから解散となりました。

cimaさんが撮影した動画と私が撮影した動画を合わせて編集した動画です。

いい本格的始動となりました。年末年始も滑りますよ!

| | Comments (0)

富山スキー遠征1:風雪の仁王山

白馬で2日間のBCの後は、富山へ移動し、マイナーピークである仁王山と白谷山を滑ってきました。まずは仁王山の報告です。

【日程】2014年12月22日(月)

【山域】北陸
【場所】仁王山
【メンバー】cimaさん、ノルベルトさん、Taroさん、よすあきさん、マメゾウムシ
【天候】雪
【装備】テレマーク3、ATスキー1、BCクロカン1
【コー スタイム】大長谷温泉7:36〜第一東屋8:21〜仁王山10:29〜第一東屋11:36〜大長谷温泉11:52



仁王山は富山県富山市八尾にあり、白木峰の北側にある1516.6m峰です。地形図には山名が載っていません。今回のメンバーは金沢の山スキーヤーであるcimaさん、ノルベルトさん、Taroさん、よすあきさんと、大阪堺のテレマーカーである私の5人です。週末と祝日の間の平日ではありますが、これだけの人数が集まりました。

登山口である大長谷温泉は富山市と言ってもだいぶ山奥で、雪の付いた細く怖い道を通らなければたどり着けない所。この日は冬型の気圧配置で、早朝から雪が降り続いていた。

P1000960

温泉からはしばらく林道を進みます。

P1000962

それから急な登りに入る。

Pc220170

2名の強力なラッセルマシーンのおかげで、ペースが速い。それに比べて私は、前日の疲れか、早くもシャリバテか、どうも調子が上がらのであった。

急斜面を上がりきると東屋が現れた。ここからは明瞭な尾根上を進む。

Pc220171

冬型でありながら、視界はそれなりにあるので、山頂までの尾根が見通せた。

Pc220172

ラッセルマシーン達はどんどん進んでいきます。

Pc220173 P1000975_2

出発して3時間弱で山頂に到着。ちょっと早すぎるではありませんか。

Pc220176

結局、1度も先頭に立つことがなかった。まあ、こういう調子の悪いときもたまにはあるでしょう!

強風と低温のため、山頂に長居はせず、早速滑走に入ります。念のため滑走前にTaroさんがピットチェック。結合はよさそうだ!

Pc220178

好きなように滑って行きます。

P1000987

標高を下げていくと、藪がうるさくなってきますが、富山の山はこんなものです。

P1000982_2

時々、新雪の下のクラストした雪がガリッとなるので、テクニカルな滑りが要求されますが、この時期としては悪くない雪です。

最後の急斜面を滑ります。

P1000991

林道に出たらもう温泉はすぐでした。

Pc220183

正午前に下山でした。

P1000993

大長谷温泉で入浴してから解散となりました。相変わらず雪は降り続いていましたが、翌日は冬型が緩む予想。翌日の白谷山は快適なパウダー日和となるかな?

Taroさんが取って下さった動画のリンクです。


ノルベルトさんとよすあきさんの仁王山スキーについての報告もご覧下さい。

ノルベルトさん There and back again

よすあきさん Go Telemark 

| | Comments (0)

白馬スキー遠征2:裏ヒヨ

4日間のスキー遠征の2日目は裏ヒヨに行ってきました。裏ヒヨは去年の同じ時期(2013年12月の記録)にも行っていますし、4月(2014年4月の記録)にも天狗原経由で滑っています。単独ラッセルでしたが、静かなバックカントリースキーを楽しめました。

【日程】2014年12月21日(日)
【山域】北アルプス後立山
【場所】ヒヨドリ峰 裏ヒヨ
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】雪
【装備】テレマーク
【コー スタイム】栂の森林道入口9:08〜早大小屋9:25〜ヒヨドリ西峰10:09-11:03〜親沢登り返し地点11:32-51〜若栗の頭13:08-34〜ハクノリスキー場13:54-14:16〜栂池高原スキー場14:44

夏に野口五郎小屋でお会いした千曲川滔々-ⅡカモシカNagaiさんも栂池に来られるということで、出発前に駐車場でお会いしました。その際に信州のテレマーカーである不良中年の楽しみの杉山さん、信州山遊びねっとの立木さん、Rommyさんをご紹介いただきました。今後ともよろしくお願いします。

立木さんと一緒にゴンドラに乗り込み、栂の森へ。他のメンバーは今日はゲレンデ練習だそうです。立木さんはここから天狗原までハイクアップということでお別れして、私は栂の森リフトを乗り継ぎ、ゲレンデトップから林道に滑り込んだ。

林道の昨日のトレースは見事に消えていた。

Pc210156

1名のスキーヤーが準備を済ませ、さっさと出発していった。残念、先頭ラッセルを取られた。私も支度を済ませて出発し、トレースを追う。

この日は低気圧通過の後で冬型の気圧配置となるため、天狗原は強風と視界不良が予想される。ということで、天狗原経由はやめて、ヒヨドリ峰から親沢に滑り込むことにした。

先頭のスキーヤーは成城小屋方面へ向かったため、早大小屋からは待望の1人ラッセルとなった。

Pc210157

いつ登ってもここは急でハードなラッセルとなります。

Pc210158

カーボンメガワットならばラッセルもガシガシ行けます。

Pc210160

早大小屋からは1時間かからずにヒヨドリ西峰に到着。視界はあり、ちょっと飛ばしすぎたかな?

Pc210159

風もさほど強くなく穏やかです。天狗原に行かないで正解だったかもしれません。前日に引き続き、念のため北側斜面でピットを掘りました。この写真はピットを埋めた後です...

Pc210161

しっかりと今日は観察。雪面から37cmと51cmのところで、結合の悪い相を確認。CTM5と7でSCで破断。前日の南面は安定していたのに、北面は不安定性がありますね。樹林帯であることと、スラブ化はしていないという判断で、予定通りに親沢へドロップすることにする。地形の罠的なところもあるので、慎重な行動で行きます。

Pc210162

ちょっと重めの湿雪パウダーでしたが、悪くありませんでした。

Pc210163

30分ほどの滑りで若栗の頭への登り返し地点に到着。途中、沢が空いている所がいくつかありましたので、落ちないように気をつける必要ありです。

Pc210164

若栗の頭までは単独ラッセル再開!

Pc210165

1時間20分のラッセルで若栗の頭に到着!

Pc210166

さて今日の最後の滑走に入ります。滑走ルートは、黒川沢が割れている可能性があるので、途中まで尾根上のルートで行くこととします。滑り出す前に大人数のガイドツアーが登って来た。追いつかれずによかった!

Pc210167

標高が下がっていることもあり、ちょっと藪がうるさいです。

Pc210168

途中で尾根を外れスキーヤーズライト側の沢へ滑り込みます。下部は雪表面がクラストしていました。オープンな斜面になったら、もうハクノリスキー場のゲレンデでした。ゲレンデに出たら、いきなり転けました。ゲレンデは苦手です!

ハクノリスキー場からはシャトルバスで栂池へ戻る予定でしたが、ちょうどバスのない時間だったので、仕方なくスキーを担いで歩いて戻りました。

Pc210169

栂池へは30分も歩かずに戻れました。回数券のICチップを返却しに行くと、ちょうどゲレンデ練習から戻ってきたNagaiさん、杉山さん、Rommyさんとバッタリ。次は一緒に山へ行く約束をして解散となりました。

翌日からの2日間は富山のマイナーピークでスキーです。さて移動するとしましょうか!

| | Comments (0)

December 24, 2014

白馬スキー遠征1:天狗原往復

週末と天皇誕生日の間の平日に休暇を取得することで、4日間の白馬・北陸スキー遠征に行ってきました。まずは初日の天狗原往復の報告です。

【日程】2014年12月20日(土)

【山域】北アルプス後立山
【場所】白馬乗鞍岳 天狗原
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇り時々雪
【装備】テレマーク
【コー スタイム】栂の森ゲレンデ林道入口11:00〜成城小屋11:35〜天狗原12:47-13:01〜栂の森ゲレンデ13:20

前夜は忘年会疲れが残っていて、遅めの出発でした。途中、梓川SAで仮眠のつもりが、結構眠ってしまい、栂池高原スキー場に着いたのは10時過ぎ。低気圧の通過で天気が悪い予想だったが、視界はありそうだったので、様子見で天狗原方面へ行ってみることにする。

回数券はちょうどゴンドラ2回分と栂の森リフト2回分なので、2日続けて上へ上がるのであれば購入すべきである。

さすがに遅いスタートだと、栂の森の林道入口からはしっかりトレースが付いており、高速道路状態だった。

Pc200148

スピーディーに成城小屋を通過。もう下りてくるパーティーがいます。

Pc200149

山も見えているし、思ったより天気は悪くない!

Pc200150

念のため成城小屋の上部でピットを掘ってみる。問題なさそうだ。深くなるほど雪の密度はしっかり高くなっているし、脆弱な相も検出されず。

いつもの天狗原の祠に到着。

Pc200151

さすがにここは風が強いし寒い。雪も降り出してきた。長居は無用なので素速く滑走準備。

今シーズン初使用のスーパーファット板ですが、行けるかな?

Pc200152

湿雪で激パウとは言えないが、まあこんなものでしょう。

Pc200153 Pc200154

あっという間に林道まで滑り下りてしまいました。雪の降りも強くなり、視界も悪くなってきたので、今日はこの程度にしておきます。立山から1ヶ月ぶりだし、1日目ということもありますからね。

| | Comments (0)

December 16, 2014

岩湧山・三石山トレラン

先週末は今年最後のトレランをしてきました。

【日程】2014年12月13日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【場所】岩湧山・
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れ
【コー スタイム】紀見峠駅12:34〜岩湧山三合目13:16〜南葛城山分岐13:32〜岩湧山13:56〜南葛城山分岐14:23〜三石山15:02〜杉村公園吊り橋15:50〜御幸辻駅16:08

週末に寒波襲来でスキーに行きたい所でしたが、そこはグッと我慢して、近場で耐寒訓練を兼ねてトレランをすることにしました。年末年始にスキー三昧するためにお金の節約も必要です。

岩湧山はよく行く山ですが、いつものコースでは面白くない。そこで、地図で近くにあるピークの三石山とつなげてみることにしました。三石山は登ったことがないので、新たなルート開拓にもなります。

紀見峠駅からは根古川林道経由で岩湧山三合目へ。三合目からはもう一息登り切ると稜線上の林道に出ます。上部はうっすらと積雪がありました。

Dsc_0246

だらだらとアップダウンを繰り返して岩湧山の山頂に着きました。さすがにトレランスタイルだと寒いが、冬山に向けてここは我慢!

Dsc_0247

紀見峠駅から岩湧山の山頂までは約7kmで、1時間半ほどかかりました。

岩湧山から三石山へのルートですが、往路を南葛城山分岐まで戻って、ここからは林道を進みます。一応、「三石山へ」という案内は所々にはありますが、林道は結構入り組んでいて、山と高原地図には載っていない道もあるので、地図読みができないと迷うかもしれません。

Dsc_0248

だらだらとした林道は飽きます。

最後はちょっとトレイルを進んで、山頂に到着です。

Dsc_0250

岩湧山は人気の山なので、いつ行っても人がいますが、三石山ではまったく人と会いませんでした。

三石山からは御幸辻駅方面への登山道を下りました。登山道の終わりは杉村公園で、丸尾池の吊り橋を渡ります。吊り橋から三石山を振り返る。

Dsc_0252

公園から御幸辻駅に行く道が工事中とのことで、迂回させられ余計に走らされる。まあ、走行距離が伸びてよいでしょう。御幸辻駅に到着して終了となりました。

Dsc_0253

総距離は20kmほどで、3時間半ほどのお手軽トレランでした。

これでおそらく今年のトレランは終了です。来週からはスキーモード本格的始動です。今シーズンも安全第一で楽しますよ。

| | Comments (0)

December 15, 2014

「テレマーク&クロカン関西講習会inおじろ」のご案内

関西でのテレマーク&クロカンスキーのイベントのご案内です。

1月30日(金)〜2月1日(日)に兵庫県のおじろスキー場で開催されます。

初心者でも参加できます!
皆さん、奮ってご参加下さい。

参加申込は以下の案内ファイルを使っていただいて構いません。

詳細についてはKTC関西テレマークスキーコミッティのホームページをご覧下さい。

2015ktc__1
2015ktc__2

| | Comments (0)

December 06, 2014

サーモス山専ボトルをおニューに!

先日の立山初滑りで、サーモスの山専ボトルの保温力が急激に低下しているのに気がついた。
朝に入れた熱湯が昼にはかなり冷めていた。
以前は昼でも十分にカップラーメンが作れるぐらいに熱かったのに。

外見は凹んだりはしてないんですが、熱湯を入れると容器が熱くなってしまうので、おそらく内部の真空部分がいかれたのでしょう。
もう10年ぐらいは使っているので寿命かもしれません。

冬山でお湯がないと生死に関わる場合も考えられます。
そこで、山専ボトルを最新モデルに買い換えました。

10409594_603353143103434_7428056154

古いモデルは左のエンジ色ので、新しいモデルが右のシルバーのです。
ちなみに新しいモデルは、容量が50ml増えていて、20g軽量化されています。
これからは新しいので行きます!

| | Comments (2)

December 05, 2014

テレマーク・ノルディックスキーフェスティバルinおじろがSOUL SLIDEに!

年1回発行のテレマークスキーの専門誌ソウルスライドが届きました。

昨シーズンの関西でのヒールフリーイベント「テレマーク・ノルディックスキーフェスティバルinおじろ」が、アジャさんによって紹介されていますね。

10689889_602954849809930_3763683280

集合写真では参加者の顔もしっかり認識できます。

今シーズンの関西でのテレマークスキーイベントは、1/30(金)〜2/1(日)におじろスキー場で開催します。
ぜひ予定を空けておいてください。

詳しくは2015年冬より活動を開始するKTC(関西テレマークスキーコミッティ)のホームページにて!

| | Comments (0)

December 01, 2014

ランニングinしまなみ海道 & 忘年会

先週末は、テレマークスキークラブのサイクリング & 忘年会に便乗して、しまなみ海道を走ってきました。

テレマーカーに限らず、自転車でオフトレをするスキーヤーは多いのですが、私は自転車はやらないので、ランニングで参加しました。自転車とランニングではまったくスピードが違うし、走行距離も違ってくるので、一緒には当然走れません。私が走ったのは主に景色のよい橋の部分だけで、それ以外の箇所は自動車でサポートをしていただきました。こんなワガママを聞いて下さり、サポートして下さったbuichiさんには大変感謝です。

1日目は向島の市民センター駐車場から生口島まで渡って帰ってくる往復60kmの行程ですが、私はそのうちの27.4 kmをのんびりと休憩をいれながら走りました。

Pb290106

大人数で自転車が走るのはなかなか凄い光景です。

Pb290107

島と島を結ぶ橋には自転車・歩行者の専用道があり、入口はこんな感じです。

Pb290111

まずは因島大橋を渡ります。

Pb290113

この橋は車道の下の部分を走るようになっています。

Pb290114

因島はかつては蚊取り線香の原料として用いられた除虫菊の栽培で有名だったそうだ。大学院生の時に受けた害虫学の講義でそんなことを聞いたのを思い出しました。現在はピレトリン類似化合物のピレスロイドが殺虫成分の主流となり、産業としての除虫菊の栽培は終了していますが、ここでは観光用にまだ栽培を継続しています。

Pb290116

途中、車のサポートにより、ショートカットして生口橋へ。

Pb290120

自転車部隊と一緒に渡ります。ここは車道と同じ高さに自転車・歩行者の専用道がありました。因島大橋以外はこんな感じです。

Pb290121

生口島のすいぐん丸で昼食。豪華に刺身桶定食をいただきました。蛸飯付きです。

Pb290123

自転車部隊は生口島を1周して往路を向島へ戻りましたが、私は途中をショートカットで、総距離27.4 kmを走りました。

夜は忘年会。テレマーカーにとっては今シーズンのスタートですね。

Pb290128

夕食はこんなメニューでした。

10686720_600527806719301_4749424555

今シーズンの抱負を語りながら、深夜まで宴は続いたのでした。

翌日は、飲み過ぎてたとしても7時からの朝食はしっかりと取りました。

Pb300129_2

大人数でお世話になりました。

Pb300130

この日は、大三島の道の駅多々羅しまなみ公園まで車で移動して、そこから四国の今治までを往復します。

Pb300131

本日最初の橋は大三島橋。

Pb300133

軽く自転車に抜かれます。

Pb300136

伯方の塩で有名な伯方島に渡りましたが、工場は大三島にあるそうです。道の駅で休憩。

Pb300139

最後に渡るのは来島海峡大橋。

Pb300140

しまなみ海道で最も長い橋になります。

Pb300141 Pb300143

45分ほどで渡って、四国に上陸です!

Pb300144

今治と言えば、バリー君ですね。

Pb300147

来島海峡展望台に上がって、来島海峡大橋!

Pb300145

天望館の前から低いアングルでもう1枚。

Pb300146

この橋を再び走って渡って本州に戻りました。この後に多田羅大橋も走って渡る予定でしたが、雨が降り出したので終了としました。総距離17.6 kmほどのランでした。こういうロードランもいいですね!

自転車部隊も雨の中を全員無事にスタート地点の大三島に戻ってきました。近くの温泉で汗を流してから帰路につきました。

次に皆さんと会うときは雪の上かな!
今シーズンもテレマークスキーでのお付き合いよろしくお願いします。

| | Comments (0)

« November 2014 | Main | January 2015 »