« 寡雪の立山初滑り 1日目:雷鳥沢滑走 | Main | 寡雪の立山初滑り 3日目:再び山崎カール »

November 23, 2014

寡雪の立山初滑り 2日目:浄土山・山崎カール滑走

寡雪の立山初滑りの2日目の記録です。

**************************************
2日目(11月21日):浄土山・山崎カール滑走

【天候】晴れ
【コースタイム】みくりが池温泉8:05~一ノ越手前2610m9:02~浄土山10:00-18~浄土山カール2720m10:22-36~浄土山10:55-11:09~浄土沢2470m11:40-12:00~山崎カール2750m12:48-13:13~雷鳥平13:37-50~みくりが池温泉14:42

2日目の朝は雲1つない見事な好天!

Pb210059

トヨタ自然学校のスタッフが前日に山崎カールを滑り、雪は悪くなかったという情報を得ていたので、今日は浄土山経由で山崎カールへ行ってみることにする。

一ノ越手前から浄土山方面へ入る。少々、昨晩飲み過ぎたので、体は重い...

Pb210060

浄土山カールを正面に見て、右側の尾根状地形を登ると、剱岳が姿を現した。

Pb210062

さらに山頂を目指して進む。

Pb210065

浄土山の山頂からは前日よりもくっきりと富山湾が見える。

Pb210063

槍ヶ岳もくっきりと。

Pb210066

御嶽山の噴煙まで見える。噴火の犠牲になった方々のご冥福を祈ります。

Ontake

これから滑る浄土山カールの正面には雄山! シールを外してドロップ!

Pb210068

パック気味でしたが、悪くない滑りです!

Pb210071

気持ちよかったので、もう1回、山頂へ登り返します。

Pb210073

もう一度カールを滑り、そのまま浄土沢の2470m付近まで滑走。

YouTubeにアップした浄土山滑走の動画です。

時々、地雷を踏んでガリッと板が悲鳴を上げます...

Pb210076

気温が上がってクラストしていた積雪表面も緩んで、パウダーと言っても良い状態ではないですか!

Pb210077

今度は山崎カールへトラバース気味に登り返します。

Pb210078

2750m付近まで登り、滑走準備に入っていると、山頂から滑ろうとするスキーヤーが1名いる。ガリガリと音がするので、アイスバーンのようだ。スキーヤーはなかなか動けないでいる。あれ、いなくなったなと思ったら、突然、転倒したスキーヤーが激しく回転しながら落ちてきた。スキーは外れて流れていく。そのまま蝋燭岩に突っ込むとマズイ!

幸いなことにスキーヤーの滑落は止まり、スキーも途中で止まったくれた。怪我をしているようであれば、救助に行かなければならない。スキーヤーは普通に立ち上がり、動き出したので一安心。上部に残したストックの回収のために斜面を登りだしたので、大丈夫と判断した。ヒヤリとしたシーンであった。

それでは我々も滑走に。最初だけパック気味であったが、下るにつれてまあまあのパウダー状態に! 笑顔が思わずこぼれちゃいます!

Pb210083

雷鳥平のキャンプ場まで滑り、雷鳥荘へ登り返すと、滑ってきた山崎カールが正面に! 快適滑走の余韻に浸る2人であった。

Pb210086

宿に戻ったら温泉とこれですね!

1555554_597223473716401_85687418129

立山サイコー!

寡雪の立山初滑り 3日目に続く

|

« 寡雪の立山初滑り 1日目:雷鳥沢滑走 | Main | 寡雪の立山初滑り 3日目:再び山崎カール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 寡雪の立山初滑り 1日目:雷鳥沢滑走 | Main | 寡雪の立山初滑り 3日目:再び山崎カール »