« 川浦(かおれ)谷本流廊下:泳ぎ尽くしの谷 | Main | 黒部川東沢谷:増水により上の廊下から転進 »

August 04, 2014

雨の隙をついて金剛山・高天谷

先週末は土曜日は出勤のため、日曜日だけが山に行ける日だった。
しかし天気はイマイチ、いろいろと考えてはいたが、最終的に地元の高天谷に行くことで落ち着いた。

【日程】2014年8月3日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷
【メンバー】Tさん、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】高天彦神社9:08〜高天滝下9:16〜二股10:40〜左股終了地点(郵便道)11:14〜高天彦神社11:58

高天谷は今シーズン2回目(7月5日の記録)。同行者はテレ仲間のTさん。

スタートはまともに奈良側の高天彦神社から。

P8030293

高天谷に向かう道は通行止めになっています。登山道の郵便道は迂回ルートができていますが、我々は沢に入るので、通行止めを無視して進みます。

P8030294

低くなった高天滝はザイルを出して直登。

P8030295

その後の2m滝と堰堤、続く10m滝は巻きました。ハーケンを打って確保してもらえれば直登はできそうですが、今回は止めておきます。

P8030296 P8030298

連瀑帯はすべて直登で。

P8030300 P8030304

二股は前回は本流の右股を行きましたが、今回は最後の詰めが楽な左股を進みます。4段40mの滝は簡単に直登できます。

P8030306

詰めていくと、植林になり、郵便道に出ます。

P8030308

天気はイマイチなので、そのまま下山。久しぶりにかもきみの湯で汗を流しました。午後はずっと雨が降り続いたので、うまく雨の隙を突いて行けた感じです。

|

« 川浦(かおれ)谷本流廊下:泳ぎ尽くしの谷 | Main | 黒部川東沢谷:増水により上の廊下から転進 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 川浦(かおれ)谷本流廊下:泳ぎ尽くしの谷 | Main | 黒部川東沢谷:増水により上の廊下から転進 »