« 吉野川水系 本沢川 黒石谷 | Main | 十津川水系 川迫川 神童子谷支谷 ノウナシ谷;下山が大変! »

July 06, 2014

金剛山 高天谷:2013年の台風18号で激変!

ホームの金剛山の高天谷で単独沢登りしてきました。去年の台風18号による土砂崩れで、だいぶ高天谷も被害を受けたようなので、沢の中がどう変わったのかを見てきました。ここを遡行するだけだと登りは2時間程度で終わってしまうので、水越峠からいったん山頂部に上がって、郵便道で奈良側に下りてから遡行を開始しました。

【日程】2014年7月5日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】水越峠駐車場8:54〜郵便道分岐10:14〜高天谷入渓10:51〜高天滝下11:10〜二股12:05〜右俣終了地点12:35〜ダイヤモンドトレイル合流13:00〜金剛山13:22〜モミジ谷13:38〜ダイヤモンドトレイル林道14:03〜水越峠駐車場14:33

水越峠手前にある無料の駐車場よりスタート。

P7050146

まずはダイヤモンドトレイルで山頂部まで上がり、郵便道で高天方面へ下ります。この郵便道は去年の台風18号による土砂崩れで通行できなくなり、最近、ようやく復旧工事で通れるようになりました。

P7050148

土砂崩れの傷跡。

P7050149

本来の高天谷へ下りる道はロープが張られていて通れず、迂回ルートができていました。

P7050150

高天彦神社までは下らずに、迂回道の途中で沢に下りることのできる箇所から高天谷に入渓しました。

P7050151

トレランシューズから沢シューズ等に履き替えて遡行開始。郵便道が合流していたあたりは、倒木と土砂で空中戦といった感じ。

P7050153

高天滝手前の小屋周辺は倒木が除去されたのか、やたらとすっきりしています。小屋と河床が同じ高さになっていますが、以前は河床はもっと低くかったはず。河床が土砂で埋まってしまったのです。

P7050154

高天滝も下部は埋まってしまい、高さが2/3ほどになっています。いつもは右から高巻くのですが、今回は倒木のお助けを借りて直登しました。

P7050155

すぐに2m滝と堰堤ですが、2m滝の直登が難しかったので、左側から巻きました。

P7050158 P7050159

抜けるとやたらすっきりとした渓相。以前はうるさかった藪と倒木が流されてしまったのか、いや、土砂で埋まってしまったようだ。

P7050160_2

その次は10mの直瀑のはずが、低くなっている!

P7050161

それでも直登は難しいので、右側の植林から高巻く。

P7050163

すぐに以前からの左にガレのある倒木帯。

P7050164

ところが、最初の倒木を突破すると、土砂の堆積でむしろ歩きやすくなっていた。

P7050165

連瀑帯に突入します。

P7050167

ほぼすべて直登です。

P7050169 P7050171

途中で、マムートのATCを拾いました。落とした人はご連絡下さい。

10487463_541459752626107_4261253640

滝のない部分は、やはり藪や倒木が土砂で埋まったのか、だいぶすっきりしています。

P7050172

古い堰堤まで来たら、連瀑帯は終了。ここは右側から巻く。

P7050175

堰堤を越えるとすぐに二股で、以前より倒木がうるさい。

P7050176

いつもは楽に登山道に出る左俣を行くことが多いのだが、たまには右俣に行ってみます。

P7050180

勾配が急になり、ナメ滝が続きます。フリクションとバランスで登る。

P7050185

水が切れたあたりから、右の植林の中を進む。

P7050186

木を掴みながら急登を登る。汗が吹き出す。

P7050187

登山者を驚かすことなく、ひょっこりダイヤモンドトレイルに出ました。本日、2回目の場所で、ちょうど最後の急な階段道の真ん中あたりです。

P7050188

沢装備を解除して、トレランシューズに履き替える。せっかくなので金剛山の山頂へ。

P7050189

下りも沢でいきましょう。モミジ谷へ下降。

P7050190

沢と言っても、ここは道がついているの、沢装備は入りません。一応、途中に滝もあります。

P7050191

ダイヤモンドトレイルの林道部分に出ました。

P7050192

途中、木の枝にとぐろを巻いていたジムグリを目撃。金剛山周辺では比較的よく見かける蛇です。

P7050194

雨に降られることなく、駐車場に戻れました。

高天谷は、去年の台風18号の被害で、以前よりだいぶ渓相が変わってしまいました。以前は藪と倒木がうるさい沢という印象でしたが、土砂の堆積でだいぶすっきりしてしまい、むしろ遡行しやすくなった感じがします。

|

« 吉野川水系 本沢川 黒石谷 | Main | 十津川水系 川迫川 神童子谷支谷 ノウナシ谷;下山が大変! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 吉野川水系 本沢川 黒石谷 | Main | 十津川水系 川迫川 神童子谷支谷 ノウナシ谷;下山が大変! »