« 富士山山頂滑走:ホワイトアウト、雷、雹の歓迎! | Main | テンカラ講習会 »

June 16, 2014

ラストスキー in 立山:雄山表裏滑走

今シーズンのラストスキーはやはり立山でした。立山に始まり、立山に終わるです。

【日程】2014年6月15日(日)
【山域】北アルプス立山
【場所】立山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク
【コー スタイム】室堂9:01〜一ノ越9:48〜雄山10:47-56〜御前谷滑走〜2710m地点11:00〜雄山12:07-19〜山崎カール滑走〜雷鳥沢野営場12:45〜室堂13:39

11月の立山に始まった今シーズンでしたが、いきなりの真砂沢での雪崩事故への遭遇で、これまで以上に雪崩への注意を払ったシーズンでもありました。このシーズンが無事に終われるように、最後まで気を抜かないで行ってきましょう!

ただし、前夜の飲み過ぎで二日酔い気味のスタートでした。前日はロッジわがやでのテンカラ講習会に参加していて、当然ながら夜は遅くまで飲み会でした。

8時前のケーブルカーに乗車しましたが、空いていました。この時期は週末でも人が少なくてよいです。ただし、日中は中国人観光客が多いですが。

今日はよい天気です。室堂から、まずは一ノ越経由で雄山に上がるとします。

P6150067

一ノ越手前までシール登行。雪が無くなったところからスキーを担いで、ガラ場を雄山へ登る。二日酔いでスピードはなくても、室堂から2時間以内で雄山の山頂に到着。

P6150068

今日の予定は、雄山の表裏滑走。最初に滑る御前谷の斜面を確認すると、亀裂は入っていないし、縦溝もなくきれいな状態。しかし、ここはいつ見ても、出だしは急ですね。40度以上は確実にありそうで、ひょっとしたら50度近くあるかもしれません。

P6150070

先着していたボーダーとスキーヤーの男女が最初にドロップ。雪質も悪くはなさそうだ。ここを初めて滑った時は、尾根状部分を右方向に滑り、斜度の捕獲的緩いところを滑った(2011年6月の記録)。今回は正面の一番急なところにチャレンジだ。

最初のワンターンで、悪くない雪の感触。問題ない。あとは快調にターンを繰り返して滑っていくだけだ。斜度が緩くなった2710m付近でとりあえず滑走を終了。標高差300m弱を4分ほどの滑りでした。ちょっと湿っぽいザラメだったが、縦溝もなく快適であった。

P6150069

ちょっと休んでから、先に滑った2人と一緒に急斜面を登り返す。シールだけではスリップしやすいので、クトーも装着する。1時ほどで山頂からの尾根に登り返せました。2人の男女は雄山谷方面へ滑走するとのことで、ここで別れて私は再び雄山の山頂へ戻った。

P6150071

次は山崎カールの滑走だ。社務所の裏から雪のあるところまで踏み跡を下ると、山頂にいた単独のテレマーカーが準備をしていた。彼がドロップしてから、私もスキーを履く。ここも出だしはそれなりに斜度はあるが、御前谷ほどではない。ただし滑落すると、下のローソク岩に突っ込んでしまうので、要注意ではある。

P6150072

一部、凍った箇所もあったが、問題はなかった。基本は快適なザラメで、縦溝もない。あっという間にローソク岩の下へ。

P6150073

驚くべき事に雷鳥沢の野営場近くでも縦溝はたいして発達していなかった。この時期としてはひじょうによい条件と言える。ただし、地獄谷から吹き出す硫黄が板に付着していた。

P6150074

下の写真は雷鳥沢方面。豪快な滑りができました!

P6150075

雷鳥沢の野営場からは登山道上に雪がない箇所が多くなるので、スキーを担いで室堂まで歩く。脱水とハンガーノック気味のためか、結構足取りが重い。行動食をあまり食べていなかったこともある。途中、ライチョウのつがいに見送られた。

Raicho2 Raicho

室堂に近づくにつれ、観光客が多くなる。特に中国・台湾人観光客が多いようだ。なぜか一緒に記念撮影まで撮らされた。室堂ターミナルの立山そばで白海老かき揚げそばを食べたら、元気が出た。仕方ないとは思うが、立食い蕎麦で850円は高いね。下山後は亀谷温泉で汗を流してから帰路についた。

これで今シーズンのスキーは終了にします。最後は富士山と立山雄山で豪快な滑りができたので、思い残すことはありません。今シーズンの通算滑走日数は52日で、昨シーズンに引き続き50日を越えました。何よりも1シーズン事故も無く過ごせたことに感謝です。来シーズンはまた11月の立山でスタートするでしょう! 行きたいところはまだまだたくさんあります!

|

« 富士山山頂滑走:ホワイトアウト、雷、雹の歓迎! | Main | テンカラ講習会 »

Comments

土曜の立山は日中ガスってましたから、活動を日曜に絞って正解でしたね。
二日酔いでのスキーとは、マメゾウムシさんらしい。(^^)
ちなみに、今シーズンの通算滑走日数は?

Posted by: CIMA | June 16, 2014 at 05:23 PM

CIMAさん、どうもです。
おかげさまで、テンカラとスキーの両方が楽しめました。
雄山程度ならば、二日酔いでもというところで。
今シーズンの通算滑走日数は52日でした。

Posted by: マメゾウムシ | June 16, 2014 at 06:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 富士山山頂滑走:ホワイトアウト、雷、雹の歓迎! | Main | テンカラ講習会 »