« 再び木曽御嶽山 | Main | 富士山山頂滑走:ホワイトアウト、雷、雹の歓迎! »

May 27, 2014

乗鞍岳リベンジ with 藪漕ぎ!

木曽御嶽山の翌日は乗鞍岳へ。乗鞍岳へは2週間前にも行っていますが、アイスバーンの滑走で板が割れて、ほとんどまともな滑りができませんでした。今回はその時のリベンジができただけでなく、困難大好きなトレラン王女と藪スキー・藪漕ぎまで堪能できました。

【日程】2014年5月25日(日)
【山域】北アルプス南部
【場所】乗鞍岳
【メンバー】Nさん、マメゾウムシ、 (別行動で、Nかさん、Uさん)
【天候】晴れ
【装備】テレマーク
【コー スタイム】位ヶ原山荘8:22〜大雪渓下9:12〜剣ヶ峰10:28-55〜大雪渓下11:06-28〜摩利支天手前の小ピーク(2790m)11:55〜ツアーコース上部12:23〜滑走終了地点(2090m)12:46〜三本滝駐車場13:18

予定通り、朝4時に起床して、5時に道の駅三岳を出発できました。乗鞍高原の三本滝駐車場には7時前に到着。天気は晴れてはいましたが、ちょっと薄曇りな感じです。

10295702_523014784470604_1299817408

ツアーコースの下部はすでに滑走不能との情報が乗鞍大雪渓 Web Siteにあったので、今回は春山バスを利用して位ヶ原山荘へ上がることに。ただし、帰りは藪漕ぎ覚悟でツアーコースを下山する予定。普通は、「藪漕ぎ」と聞くとほとんどの人は嫌がりますが、Nさんは、「トレーニングになるから」と喜んで了承。さすがはトレラン王女様です。素晴らしい!

出発の準備をしている間に、1人のおじさんがスキーを担いでゲレンデを登り出しました。上には上の変態がいる!

7時45分の春山バスに乗り、位ヶ原山荘へ。
あれ! 観光センターからのバスから関西テレ仲間のHさんの姿が!
この時期は行くところが限られてくるので、知り合いとの遭遇確率が高くなるものです。

雪の上では多くのスキーヤー・ボーダー・登山者が準備をしていました。

P5250024

NかさんとUさんは我々とは別行動で、のんびりマイペースで剣ヶ峰を目指すとのこと。お互い気をつけて行きましょう。

P5250025

位ヶ原山荘からはいきなり急斜面から始まります。

P5250026

急斜面を登り切ると、広い位ヶ原に出ます。そこで前を歩いていた女性に声をかけてみました。実は三本滝の駐車場にいた時から気になっていたのですが、やはりみいさんでした。みいさんにはこのブログをみていただいており、時々コメントをもらったりします。みいさんと同じグループの人たちも私のことを知っていて、山で悪いことはできないなと思ってしまいます。これからもよろしくお願いしますね。以下にみいさんのブログの宣伝。

山と雪と宴会ヶ岳~P2 (ピーク2)

P5250027

さて、先を急ぐとしましょう。今日は19時までに京都へ戻らなければならないという時間制限がありますので。

P5250028

大雪渓の下からまた斜度が急になってきます。2週間前はカチカチの状態で、クトーをしっかり雪に食い込ませて登りましたが、今日は雪が緩んでいて安心できます。ただNさんのシールが後にスリップしやすく、ちょっと苦労していました。

P5250029

稜線に出たら、剣ヶ峰まですぐです。

P5250030 P5250031

位ヶ原山荘からおよそ2時間で、山頂に到着。山頂直下まで、まだシールで登れました。薄曇りで、前日に登った木曽御嶽山がぼんやりとしか見えなかったのは残念でしたが、記念撮影。

P5250033

剣ヶ峰からは朝日岳に少し戻った鞍部からドロップします。ここが1番斜度があって面白いところなのですが、前回はアイスバーンだったので、面白くありませんでした。おまけに板は壊れるし。今日は雪も適度に緩んでいて快適な滑走ができそうです。ちょうどHさんが上がってきたところで、挨拶してドロップ。

P5250036

Nさんに撮っていただいた私の滑走です。

快適ザラメの滑走でしたが、大雪渓下まであっという間でした。

P5250039

もう少し時間があるので、今度は摩利支天岳と富士見岳の間にある小ピークを目指して標高差180mを登ることにする。

P5250041

登ったところは、ちょうど飛騨側から来る人たちが通るところでした。そこから再び大雪渓下まで滑走。ここもいい斜面でした。

そのままエコーライン沿いに雪がつなっている所をしばらく歩き、ツアーコース方向へ移動する。だいぶハイマツも出ているし、エコーラインの除雪も進んでいるので、こんな移動しかできません。

ツアーコースに入るとだいぶ縦溝も目立ってきます。

P5250042

途中に何ヶ所か滑走困難なほど藪が出ていて、我々の滑走を遮る。そういうところは樹林に入ってなんとか雪を繋げる。雪面の凹凸が激しいのでいい筋トレになります。

P5250043

最後のゲレンデに出る急斜面でついに滑走不能となり、板を担ぎました。

P5250044

あとは雪の無いゲレンデの笹藪を下りていきます。

P5250045

藪漕ぎはさほどたいした事はなく、30分ほどの歩きで三本滝駐車場に戻ることができました。こういうのも楽しいものです。やはり変態かな?

湯けむり館で汗を流してから帰路につきました。予定通りという感じの1日でした。Nさんとは、これからいろいろなことにチャレンジできそうです。今度はトレランの方で私がお世話になる番かな!

|

« 再び木曽御嶽山 | Main | 富士山山頂滑走:ホワイトアウト、雷、雹の歓迎! »

Comments

こんなに早くお会いできるとはー(笑)
やはり、山スキー...特に、この時期、残雪期のエリアは、狭いですねー^^
トレラン王女様とご一緒...やったんですね^^
ハイペースで登られてたので、流石ー!!って思いました・・・^^v
我らーほにゃららーへにゃららー...やっほー♪...プッシュー♪♪ です(笑)
いつも滑ってる時間より、宴会ヶ岳が長い!(笑)
でも、ホント、会えて嬉しかったー!!
また、どこかで... 縁は宝物...が、モットー^^
よろしくお願いしますー0^^0 

Posted by: みい | May 27, 2014 at 08:18 PM

みいさん、コメント有り難うございます。
お会いできて嬉しかったです。
たまには、途中でプシューもいいですよね。
ぜひとも、宴会セッション、やりましょう!

Posted by: マメゾウムシ | May 28, 2014 at 11:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 再び木曽御嶽山 | Main | 富士山山頂滑走:ホワイトアウト、雷、雹の歓迎! »