« シビアな鳥海山吹浦口ルート!:強風、ホワイトアウト、雪庇、クラック | Main | 体調悪いのに乗鞍岳へ:アイスバーン滑走で板が割れた! »

May 09, 2014

まったり月山!:月山往復と石跳沢滑走

今年のゴールデンウイークの最後は月山を滑ってきました。この山も何度も滑った山です(2012年6月2010年6月2010年5月)。Mさん夫婦は帰路につき、Kさん夫婦は尾瀬へと。残った3人でまったりと滑ってきました。

【日程】2014年5月4日(日)

【山域】出羽
【場所】月山
【メンバー】どうちゃん夫妻、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク3
【コー スタイム】月山スキー場リフトトップ8:54〜月山10:58-11:11〜リフトトップ近く登り返し地点(1490m)12:03〜姥ヶ岳12:36-47〜石跳沢滑走〜ネイチャーセンター14:10

前夜は鳥海山の麓で宴会をしていたので、早朝に月山に移動。鳥海から月山へは高速を使えば、1時間ちょっとで行けます。駐車場で協力金500円を払って入場。今日はいい天気です。

Dsc_0033

リフト1回券を購入して、トップに上がります。まだスキーを履いたままリフトに乗れます。ツアー客が多いですね。

P5041595

リフトトップから月山山頂へは、稜線上、トラバース、カールのボトム経由と好きなルートが取れます。我々はまずはカールのボトムへ滑走。

P5041596

それからトラバース気味に登り返しました。

P5041597

牛首からは斜度がきつくなり、雪もクラストしてきたので、スキーを担いでアイゼンで登る人が多くなる。我々はクトーでガシガシと登る。

P5041598

今年は山頂まで雪がつながっておらず、1回板を脱いで、上部の雪渓へ移る。

P5041599

その上も雪が途切れたので、板をデポして山頂を往復することに。

P5041600

風がありましたが、前日の鳥海山よりはマシでした。とりあえず雪のあるところまで戻ります。

P5041603

ちょっと滑ったら板を脱いで、大斜面へとつながる雪渓へ移る。雪も緩んできて、よさそうな感じです!

P5041604

気持ちよい大斜面の滑走!

P5041606P5041607

他のスキーヤーが滑っていない真っ白な斜面を滑って、カールのボトムへ。あとはトラバース気味に滑って、姥ヶ岳へ登り返します。

P5041608

姥ヶ岳への登りは30分ほどなので、たいした事はありません。

P5041612

姥ヶ岳の裏側を滑ります。

P5041610 P5041613

当初は登ろうと予定していた湯殿山ですが、シールでは登れなそうに見えます。ピッケルとアイゼンは車に置いてきてしまったので、今回はパスすることにします。

P5041615

そのまま石跳沢に入り、滑っていきます。

P5041617

いいブナ林でしたが、下部の雪はブレーキのかかる雪でした。一部に沢割れがあるので要注意です。

P5041618

ネイチャーセンターに着いて、今回のGWスキーツアーはすべて終了となりました。

P5041619

ネイチャーセンターからはスキー場への道路に出たところからバスで戻るのですが、バス停はありません。我々はそれを知らずに、バス停を探して彷徨ってしまいました。

下山後は道の駅にしかわへ。ここには300円で入れる温泉があり、月山地ビールのレストランもあります。翌日は帰るだけなので、温泉で汗を流したら、地ビールレストランで打ち上げとなりました。

10274312_514004395371643_1432941263

どうちゃんたちは6月から中国に海外赴任。一緒に滑りに行けるのも、これが最後かもしれません。帰国した際には、また行きましょうね!

|

« シビアな鳥海山吹浦口ルート!:強風、ホワイトアウト、雪庇、クラック | Main | 体調悪いのに乗鞍岳へ:アイスバーン滑走で板が割れた! »

Comments

マメゾウムシさん、7日間大変お世話になりました!楽しかったです♪
歩くのも、シール脱着も、食べるのも…、早くてゾウの時間の私なので
多々お待たせいたしました。
帰国後、もっとデブデブ、ブヨブヨ になっていると思いますが
宜しくお願いします☆

Posted by: Baruu | May 14, 2014 at 12:22 AM

Baruuさん、7日間どうもでした。
こちらも楽しかったですよ。
帰国後はリハビリからお付き合いしますよ。
出発前に、大阪と堺の間あたり(神戸?)で、飲みませんか?

Posted by: マメゾウムシ | May 14, 2014 at 04:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シビアな鳥海山吹浦口ルート!:強風、ホワイトアウト、雪庇、クラック | Main | 体調悪いのに乗鞍岳へ:アイスバーン滑走で板が割れた! »