« March 2014 | Main | May 2014 »

April 15, 2014

猿ヶ馬場山リベンジは快適ザラメ!

石徹白1周スキーを終えた翌日はまたもロングルートの猿ヶ馬場山へ。3月に1人ラッセルで山頂にたどり着けなかった時のリベンジです(3月の記録)。風邪と前日の疲れが残っていたのか、とてもベストな体調ではありませんでしたが、Taroさんたち北陸のテレ仲間と一緒に山頂を踏み、快適ザラメを滑ることができました。

【日程】2014年4月13日(日)
【山域】白山
【場所】猿ヶ馬場山
【メンバー】Taroさん、Mさん、Iさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ時々曇り
【装備】BCクロカン3、テレマーク1
【コー スタイム】村営せせらぎ駐車場6:05〜谷入口(シール登行開始)800m地点6:50〜宮谷林道交点7:25〜1528m小ピーク8:45〜帰雲山9:07〜猿ヶ馬場山10:19-11:32〜帰雲山12:03〜1528m小ピーク12:20〜宮谷林道交点12:47〜滑走終了800m地点13:00〜村営せせらぎ駐車場13:45

前夜は道の駅飛騨白山で車中泊していたので、早朝にすぐ北にある集合場所の道の駅白川郷に移動。6時前にTaroさんたち北陸メンバーと合流し、それから村営せせらぎ駐車場へ移動しました。ちなみに朝まで爆睡できたので、体調の回復を期待したいところだが...

P4131424

装備は私は普通のテレマークですが、北陸メンバー3人はBCクロカンと軽装です。雪融けが進んでいるので、しばらくはスキーを背負って林道を歩くことになります。私はブーツまで背負っているので、BCクロカン3人に比べるとだいぶ荷が重い。

3月は降雪直後だったので尾根上のルートを行ったが、今回は最もよく使われる谷ルートで登りました。シール登行を開始できたのは、ちょうど谷ルートの入口である標高800m地点でした。

P4131425

まだ早朝なので雪は緩んでおらずカチカチで、クライミングサポートのないBCクロカンメンバーはちょっと苦労していましたが、テレマークは問題なしです。20人程度の登山者パーティーを宮谷林道に出るまでに追い抜きました。このパーティーは、富山の2つの山岳会による合同山行だそうです。年輩の方々でしたが、結構いいペースで登っていました。

宮谷林道からは稜線に出るルートを取ります。ここまでいいペースです。1人でラッセルをした3月とはまったくスピードが違います。雪も緩み始め、シールの効きもよくなってきました。

P4131427

途中、クマの真新しい足跡がありました。足跡の大きさからすると、結構大きなクマのようです。すでに冬眠明けしたクマが活動する時期です。気をつけねば。

P4131428

標高1400mぐらいから緩やかなアップダウンのある稜線歩きになります。ブナに巻き付いたツルアジサイの枯れた花でしょうか? なんかいい感じです。

P4131429

1528m小ピークです。

P4131430

ちょっと斜度があるところを登り切れば、もう帰雲山の山頂でした。3月に来たときはここまで6時間かかりましたが、今日は3時間できました。ただし、体調はやはりベストではなかった。前日の方がまだよかったかな。それでもザラメの季節であれば、多少体調が悪くてもスピーディーに行けます。

P4131432

帰雲山からはちょっと下って、猿ヶ馬場山の山頂への登りに入ります。

P4131433

ダラダラとした緩やかな登りを登り切ると台地状になりますが、まだ山頂は先です。3月はこの手前で時間切れになりました。

P4131434

帰雲山から1時間ちょっとで猿ヶ馬場山の山頂に着きました。出発してから4時間15分です。積雪期はなかなか遠い山頂でしたが、その時のリベンジ果たしました! 本日の1番乗りですが、300名山を狙っている女性登山者と一緒になりました。東側には北アルプスが見えます。

P4131438

西側は白山の展望が見事です。20名の大所帯パーティーも登って来ました。

P4131440

北東方向には籾糠山がすぐ近くです。余力があれば往復したいところですが、今日は無理です。来シーズンはぜひ滑りたい山です。

P4131441

1時間以上も山頂でのんびりしてしまいました。さて滑走に入るとします。

撮影をしながら帰雲山手前のコルまで快適ザラメをまったりと滑走。帰雲山への登り返しは私はスキーを担いででしたが、BCクロカンメンバーはステップソール板なので、そのまま登り返すことができるので差がつきます。おまけに風邪で呼吸器系の調子が悪いと息が上がります。

P4131443

その後も緩やかなアップダウンがありましたが、スキーを履いたままなんとかクリアできました。快適ザラメなはずなのですが、やはり体調が悪いと滑りの方もイマイチで、なにか体と滑りが噛みあわない感じでした。

P4131444 P4131446

山頂から1時間15分で宮谷林道に出て、そこから谷に入ります。ここまでは快適ザラメだったのですが、谷はつぼ足によって雪面がボコボコにされているだけでなく、雪も固い状態。こういう時はアルペンターンで転ばずに高度を下げるのが無難。BCクロカンにとっては修行系だったようです。それでも滑走終了地点まではそれほど時間はかかりませんでした。

P4131447

あとはスキーを担いで下るだけです。前回と同様に、最後は観光客だらけの合掌集落をさりげなく歩いて、駐車場に戻りました。

P4131451

白川郷の湯で汗を流して、道の駅白川郷で解散となりました。とりあえず宿題をまた1つ片けることができました。

以下は、TaroさんとIさんが撮影した今回のツアー動画です。雰囲気を味わって下さい!



| | Comments (0)

April 14, 2014

奥美濃 石徹白1周(銚子ヶ峰〜薙刀山) 1 Day スキー

山岳スキーレースは終わりましたが、これからがスキーにとってザラメ雪のいい季節になります。ラッセルもなくなり、天気も安定してくるので、ロングルートも行けるようになります。できれば縦走系がいいかなということで、選んだのが奥美濃の石徹白の山々を1周するルートでした。前日に風邪をこじらせてしまい、体調的にはベストではありませんでしたが、天気と景色に恵まれた最高の縦走スキーができました。

【日程】2014年4月12日(土)
【山域】奥美濃
【場所】石徹白1周(銚子ヶ峰〜薙刀山)
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク
【コー スタイム】白山中居神社4:07〜白山石徹白登山口5:43-59〜シール登行開始1190m地点6:37-45〜神鳩ノ宮避難小屋8:02〜銚子ヶ峰8:58〜願教寺山1650m地点10:50〜日岸山11:33〜薙刀山12:14-32〜薙刀平〜推高谷〜和田山牧場跡13:11-19〜林道スキー終了860m地点13:34〜白山中居神社14:05

前夜は道の駅白鳥で1時間ほど仮眠してから、早朝に白山中居神社へ移動。トイレ付近の駐車スペースには結構車中泊中の車があり、テントも張ってあった。ほとんどの人たちはおそらく野伏ヶ岳に行くのだろう。暗い中を支度して、4時にヘッドライトを点けて出発した。

P4121387

林道の入口はブルドーザーが塞いでいたが、人は脇から通ることができる。少々ヘッドライトの明るさが暗い気がしたが、雪のない林道歩きなので、電池を交換することなくそのまま進むことにする。

P4121389

林道上には所々に水溜りや水が流れているところがあり、凍結には要注意だった。テレブーツを履いて出発したが、長い林道歩きを考慮すると、多少荷が重くなってもトレランシューズで出発した方がよかったかもしれない。5時ぐらいから明るくなり、山も見えてきた。

P4121392

出発してから1時間40分ほどで、ようやく白山石徹白登山口に到着。登山口のトイレは使用可能で助かりました。

P4121393

今年は積雪自体が少ないのか、雪融けが早いのか、ちょっと残雪が少ない気がする。もうしばらくスキー板を担がないといけなそうだ。

階段と残雪のミックスの急登を登り切ると、いとしろ大杉がありました。縄文杉が見つかるまでは日本で1番大きな杉だったそうだ。ほとんど枯れかかっています。

P4121394

風邪気味でのスキーを担いでの登りは息が上がりやすい。とにかくパワーが出ないのでFastでは行けなそうです。雪はまだつながってくれません。

P4121395

尾根上の斜度が緩くなったあたりで、ようやくシール登行ができるようになりました。これで楽になります。ここまでのスキーを担いだ2時間半は長かった。うっすらとスキーのシュプールとつぼ足の跡がありましたが、先行者がいるのだろうか?

P4121396

高度を上げていくと、これから行く山々が見えてきました。正面に銚子ヶ峰です。

P4121397

左から、小白山・野伏ヶ岳・薙刀山・日岸山・よも太郎山です。

P4121398

神鳩ノ宮避難小屋に到着。ここに泊まって周囲の斜面を滑りまくるのもよさそうです。

P4121399

さらに尾根を進むと銚子ヶ峰が近づいてきました。正面に亀裂や崩れたところがあり、通行に要注意でしたが、なんとか通過できました。

P4121402

登って来た尾根を振り返る。

P4121403

本日のルート上の最高地点である銚子ヶ峰に到着。天気がよいため、三ノ峰から別山への稜線がくっきりと見えます。

P4121406

さてと、次の目的地である願教寺山に向かうとしますか!

P4121405

三ノ峰方面へ少し進んでから、シールを外して滑走開始。まだ時間が早いため、カリカリの斜面でした。それでもあっという間に願教寺山と銚子ヶ峰の鞍部へ。銚子ヶ峰を振り返る。

P4121408

今日のマテリアルはザラメ雪を想定して、細めのセンター81mmのG3 Ace。

P4121409

稜線上にはつぼ足のトレースがあり、どうやら先行者がいそうです。おそらく避難小屋に泊まっていたのでしょう。

願教寺山は直下まで行ったところで、斜度が急で雪の付きもよくなかったので、ピッケルとアイゼン無しでの登頂は無理と判断。体調も悪いので省略することに。肩の付近からかろうじて雪のつながっているところを南の谷方向へドロップ。その下には広い斜面が待っていて、雪も快適ザラメでいい滑りができました。あまり高度を下げすぎずに稜線にトラバース気味に戻った。

P4121410

次のよも太郎山は東側の山腹の斜度が緩いため、巻くことにした。1箇所、ブロックの崩壊によるデブリ箇所があり、通行に注意が必要だった。

P4121412

よも太郎山を巻き終わって稜線に戻ったら、そのまま日岸山を登る。この山頂からもいい滑りができた。ただし秒殺でした。

P4121414

ここまで来る間によい斜面がたくさんありました。余裕があれば、そんな斜面に飛び込んで、登り返したいところでしたが、なにせ風邪気味で体調が悪く、そのような余裕はありませんでした。また来シーズンにでも来ましょう!

日岸山の後は、いよいよ薙刀山への最後の登りに入ります。12時前にここまで来れば、あとは余裕ですが、体調が悪いので、薙刀山への緩やかな斜面はゆっくりとしか登れません。

P4121415_2

縦走中は、雪融けのためササや低木が出ているところが何ヶ所かあって、行く手を遮られたりしましたが、まあなんとか通過できました。1週間後にもし行くとすれば、ルート取りに苦労するかもしれません。

出発してから8時間で、ようやく最後のピークである薙刀山の山頂に到着しました。2人の一般登山者がちょうど登ってくるところで、出発時を除いてこの縦走中で初めて会った人たちです。ここまで静かでよかったなあ〜! 銚子ヶ峰方向を振り返ると、はるか先に銚子ヶ峰が見えます。よくこれだけの距離を来たなという感じです。

P4121417

薙刀山へは2回目の登頂になります。1回目は2年前ですが、薙刀山から野伏ヶ岳へスキーで縦走しました(薙刀山・野伏ヶ岳縦走スキーの記録)。腹ごしらえしたら、いよいよ最後の滑走に入ります。

滑走ラインは野伏ヶ岳方向へ稜線直下をしばらくトラバースしてから、薙刀平へ入り、それから推高谷に滑走します。下の写真の正面が野伏ヶ岳で、その手前の木が生えている台地状のところが薙刀平です。

P4121419

野伏ヶ岳の山頂には人がたくさんいるのが見えます。野伏ヶ岳は人気の山で、白山中居神社から入山するスキーヤー・登山者の多くはこの山が目的です。もうちょっと奥まで足を延ばせば、静かでよい斜面があるんですけどね。まあ体力のある者だけの特権かな!

推高谷は徒渉することなく、うまく横断できました。ちょうど林道が谷に近づいているあたりの1230mあたりが横断ポイントです。それより下がってしまうと、この時期は徒渉が必要になるかもしれません。

和田山牧場跡から通過してきた山々を振り返ります。いや〜遠いですね!

P4121421

あとは林道を雪の無くなるところまで滑って、白山中居神社の駐車場に戻りました。

行動時間10時間、累積標高差約1700m、総距離約28.4 km、体調が悪いのによく行きました。明らかに変態ですね。次回は仲間と避難小屋泊でもして、のんびりと楽しみたいですね。

| | Comments (4)

April 09, 2014

奥ヒヨで新雪と戯れて疲労抜き!

山岳スキーレースの翌日は、立山山麗のロッジわがやのマスターかわさんとその友人のやまちゃんと奥ヒヨを滑ってきました。

当初は3月に山頂まで行けなかった猿ヶ馬場山のリベンジを考えていましたが、さすがにレース後だけあり、白馬から白川郷まで移動する気力はありませんでした。八方第5駐車場で車中泊していたところ、facebookでかわさんから、「私も道の駅白馬で車中泊中」との連絡が。そんな偶然で翌朝のスキーのお誘いを受け、一緒にセッションすることになりました。

【日程】2014年4月7日(月)
【山域】白馬
【場所】奥ヒヨ
【メンバー】かわさん、やまちゃん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】ATスキー2,テレマーク1
【コー スタイム】ロープウェイ栂池自然園駅9:32〜天狗原10:28〜親沢滑走終了地点11:41-55〜若栗の頭12:35-13:05〜白馬乗鞍スキー場ボトム13:27

早朝にかわさんの車のバッテリー上がりというトラブルがありましたが、無事解決。私の車を白乗スキー場にデポしてから、栂池のゴンドラ乗り場へ。

P4071359

ゴンドラ乗り場にはスノーレオパードデイと山岳スキーでお世話になったアクタスのイザベルさんらや、宿でお世話になった伸也さんとも一緒になりました。天気もよくツアー日和ですからね。おまけに、この日のロープウェイ栂池自然園駅の解説員はテレマーク関西講習会で講師をされた園田さんでした。栂池は狭いです。

まずは天狗原へ登ります。

P4071360

前日の降雪で結構新雪が積もっていましたが、すでにトレースがついていましたので、ラッセルをする必要はありませんでした。

P4071361

スキー場方向を振り返ります。昨日は山岳スキーレースで、このあたりを走ったり滑ったりしていました。

P4071362

ラッセルがなければ、ゆっくり登っても天狗原まで1時間もかかりませんでした。

P4071363

白馬乗鞍岳の斜面です。きれいですね。

P4071364

親沢へドロップ。

P4071366

このコースは奥ヒヨもしくは裏ヒヨと呼ばれることが多いですが、天狗原からは奥ヒヨ、ヒヨドリ峰からが裏ヒヨと区別されているようです。ヒヨドリ峰からのコースは昨年の12月に行っています(裏ヒヨの記録)。湿雪ではありましたが、悪くない新雪滑走でした。見て下さい、このシュプールを!

P4071367 P4071368

かわさんの滑り。

P4071369

やまちゃんの滑り。

P4071372

かわさんとやまちゃんはテレマーカーでもあるのですが、今回はATスキーでした。

標高が下がるにつれて、ストップ雪に。緩斜面で油断していると、板よりも体の方が前方へ行ってしまいます。2回ほど転けてしまいました。

P4071375

私の今回のマテリアルはセンター96mmのカルフのストームBCです。新雪ということで太めにしておきました。

P4071377

まったり滑って、1時間ちょっとで若栗の頭への登り返し地点に到着。沢が広くなったところで、左手上方に岩があるのが目印です。山岳スキーレースで一緒だった楽Pさんたちのパーティーも休んでいました。

P4071379

若栗の頭への登り返しも40分ほどでした。楽Pさんたちが滑走を始めるところでした。

P4071380

いい展望です。雨飾山です。

P4071381

先週に登った焼山と、その右に火打山。

P4071382

最後の滑走の前に腹ごしらえ。

P4071383

今回は白乗スキー場への尾根上をまず滑ります。

P4071384

それからスキーヤーズライトの谷方向へ滑走。

P4071385

谷を滑走して、ゲレンデに出ました。

P4071386

まったりとしたスキーで、いい疲労抜きになりました。かわさん、やまちゃん、どうも有り難うございました。

かわさんのブログもご覧下さい。

| | Comments (2)

April 08, 2014

SNOW LEOPARD DAY in JAPAN 栂池高原スキー場

順番が逆になりましたが、山岳スキーレースの前日はSNOW LEOPARD DAYに参加しました。

SNOW LEOPARD DAYとは世界中で開催されているスノーレオパード(ユキヒョウ)を保護して守るためのチャリティーイベントです。スノーレオパードは山岳スキーメーカーのDynafitのロゴになっています。

どんなイベントだったかというと、山岳スキーやスキーツアーに興味がある方を対象にしたワークショップです。山岳スキーレース参加者もしくは希望者を対象とした上級クラスもあるということで、参加することにしました。レース直前の調整というつもりで。

販売ブースでは格安でウェア類などが売られていました。私も1点ゲット。

Dsc_0053

司会者であるイザベルさんに紹介されるフジケンさん。上級クラスの講師です。てれまくりに引き続き、ご指導を受けました。おかげさまで、ATスキーの扱いにだいぶ慣れました。

Dsc_0055

昼食はみんなでバーベキュー。結構食べてしまい、お腹が一杯になりました。

Dsc_0057

午後は1チーム11人の5チームでプチレース。初心者もいれば、レース参加者もいます。

Dsc_0058

本気モードの心臓バクバクで、食べたものを吐きそうになりました!

実に楽しいイベントでした。参加してよかった!

| | Comments (0)

April 07, 2014

第9回山岳スキー競技日本選手権大会を無事ゴール!

3年連続になりますが、今年も山岳スキー競技日本選手権大会(4月6日開催)に出場してきました。

激しい降雪の中での開催でしたが、正規のコースで行われ、なんとか無事完走しました。

結果は国際規格男子の部で24位でした。出走者は35人ぐらいだったかな? リザルトは日本山岳スキー競技協会のホームページにて公開されると思います。

表彰状は濡れたザックに入れて、滑って下山したら、濡れて破れてしまった...

Hyosho

2年前に初出場した時は関門にわずか1分及ばずタイムアウトという結果。去年は完走しましたが、悪天のため短縮コースでの開催でした。今回、正規のコースで完走できて、ようやく宿題が片付いたという感じです。

国際規格男子の部は、以下のマップにあるように、栂池の上部を周回する累積標高差1300m、距離14kmのコースです。ヒヨドリのコルには4回も登り返します。

大会前日の夕方に選手受付と開会式が行われました。主催者である日本山岳協会の顧問のご挨拶。

Dsc_0059

カモシカスポーツの澤田さんによるコースブリーフィング。

Dsc_0060

レース当日はこんな天気でした。

Dsc_0061

ゴール直後の写真。とりあえず力は出し切ったという感じです。

Dsc_0063

山岳スキーレース用の板・ブーツ・シールは、いつもながらDynafitからのレンタルです。国際規格の部はこういう道具での参加になりますが、テレマークでも別カテゴリーで参加できます。普段はテレマークなのですが、この時だけATスキーを履きます。直前だけの練習ではなかなか道具に慣れませんが、今回はうまく扱えた気がします。

国際規格男子の入賞者たちです。フジケンさんはなんと6連覇です! 

Dsc_0064

トレランでお世話になった壯太さんとカルロスさんもいつもながらの上位入賞です。北海道の三浦さんも入賞者の常連。てれまくりのライダーである松澤さんも見事入賞でした。

女子の入賞者たちです。優勝は韓国の選手。エヌダさん初出場で3位は凄いです。さすがはトレラン女王です。

Dsc_0065

テレマークの部での入賞者。優勝者のチクイさんはテレマークにもかかわらず速い。テレマークで出場する場合は、いかに軽量化された道具を用意するかが重要そうです。

Dsc_0066

日山協の神崎会長です。

Dsc_0068

これで春の大きなイベントが1つ終わりました。来年は3時間切りと20位以内を目指したいです。まだまだアンチエイジングで頑張って行きますよ!

| | Comments (4)

« March 2014 | Main | May 2014 »