« お昼から 妙高前山 滝沢尾根へ | Main | 黒姫山 東尾根 »

January 11, 2014

The Day in 三田原山

風雪が続いた翌日はこのツアーで初めて青空が広がりました。
まさにThe Dayです。

【日程】2014年1月3日(金)
【山域】頸城
【場所】妙高三田原山
【メンバー】Hさん、たいすけくん、Mさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク3、ATスキー1
【コースタイム】 杉ノ原スキー場トップ9:21〜三田原山手前小ピーク(2290m)11:10-12:05〜笹ヶ峰林道13:30〜ゲレンデ14:01

今日はHさんに加えて、たいすけくんとMさんが合流し、関西メンバー4人で三田原山から滑走します。Mさんは初めて一緒に行くメンバーであり、山スキーはまだ初心者。ちょっとドキドキです。

ゴンドラ券1枚とリフト券2枚を購入して、ゲレンデのトップに上がります。リフト券1枚は帰りに駐車場に戻るのに使います。

ここも前山と同じく、わずか標高差450mほどの登りで、1000m以上の標高差を滑れます。Mさんのデビューにはちょうどよい場所です。

実に天気がいい。ゲレンデのトップからは高妻山と乙妻山が見えます。今回のツアーの最終日に乙妻山に登り北東斜面を滑りました。ちょうど右側の木がまばらな斜面です。実によさそうに見えますね!

P1031002

ゆっくりスタートしたはずですが、まだ先行者はおらず、最初の30分ほどは先頭ラッセルをしました。前夜の放射冷却で水分が抜けたのか、雪は軽く、前日のラッセルとは大きく異なり、楽にできました。

P1031003

Mさんが遅れてしまいましたが、時間はたっぷりありますので、問題ありません。全員無事にドロップ地点である外輪山の小ピークに到着できました。ただし天気が悪いときは、遅れる人が出ると、ちょっと支障が出てきます。

妙高の内輪山です。これが妙高の最高峰です。

P1031005

北アルプスも見えていました。

P1031004

お釜を滑って赤倉に抜けるパーティーのドロップを見届けてから、我々は池ノ峰方面へドロップ。

P1031008

山頂近くはクラストしていましたが、すぐに快適なパウダーランとなりました。

P1031009 P1031010

この時期はクマ棚が目立ちます。

P1031012

傾斜が緩くなってくると笹ヶ峰からの林道まですぐです。さすがに標高が低くなると、雪は多少重くなります。

P1031014

あとは林道に沿って滑っていくだけで、杉ノ原スキー場に出ます。

P1031015

リフトに1本乗って、ゲレンデを滑り下りれば駐車場ですが、やはりゲレンデが1番疲れました。

まあ、それはさておき、ポカポカ陽気の中を快適なツリーランができ、実に満足な1日でした。

黒姫山 東尾根へ

年末年始バックカントリースキーの旅8日間に戻る

|

« お昼から 妙高前山 滝沢尾根へ | Main | 黒姫山 東尾根 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お昼から 妙高前山 滝沢尾根へ | Main | 黒姫山 東尾根 »