« 白馬バックカントリー2日目:西栂コースを諦めて天狗原へ | Main | 年末年始バックカントリースキーの旅8日間 »

December 27, 2013

白馬バックカントリー3日目:裏ヒヨ

12月23日:裏ヒヨ

【山域】白馬 ヒヨドリ西峰 裏ヒヨ
【場所】長野県

【日時】2013年12月23日(月)

【メンバー】マメゾウムシ、Hさん、Oくん、SAYAちゃん
【天 気】 晴れのち曇り
【コースタイム】林道9:23〜早大小屋9:40〜ヒヨドリ西峰10:20-11:08〜親沢1415m付近12:00〜予定していた登り返し地点(1475m付近)12:35〜若栗の頭13:44-14:10〜白馬乗鞍温泉スキー場15:07

Kさん夫妻とどうちゃん夫妻は1日早く帰路についたので、今日のメンバーは4人。天気が良さそうなので、裏ヒヨへ行くことに。白乗スキー場まで抜ける予定なので、あらかじめ車を1台、白乗スキー場にデポしておいた。

前日と同じく、ゴンドラと栂の森のリフト1本を乗り継いで林道へ。回数券3000円を購入すると、ちょうどゲレンデトップまでの2人分の料金です。

早大小屋からヒヨドリ西峰へ登る。いつもながらここからだと急登です。トレースは付いていますが、前に大人数のパーティーが詰まっていたので、ラッセルすることにします。やはりラッセルしないと登った気になりません。

ヒヨドリ西峰に着いたら、滑走前に念のため、今シーズン初のピットを掘りました。

1474594_395339097267864_981403955_n

雪面より1mほど下に密度の低い層がありましたが、結合は悪くない感じ。コンプレッションテストでも明瞭な反応はありませんでした。おおむね安定のようです。今回の大量降雪は湿雪だったこともあり、急激に安定化した感じです。

さて、裏ヒヨへの滑走です。

ゴーグルにJVCのスポーツカムGC-XA1を取り付けて撮影してみました。

上部は北面だけあり、いいパウダーでした。下部は藪がうるさくなり、ちょっと雪も重くなりましたが、それでも悪い雪ではありませんでした。ファット板だからかな?

Pc230938

親沢の下部は、この時期、結構、沢割れもありました。沢割れを避けながら滑っているうちに、うっかり若栗の頭に登り返す地点を通り越してしまいました。標高差60mほど登り返して、本来の登り返し地点へ戻る。若栗の頭まではしっかりトレースがついていました。

Pc230939

若栗の頭で一緒になったパーティーの女性に写真を撮っていただきました。

1005017_395339130601194_83575052_n

いよいよ黒川沢までの最後の滑走です。

Pc230942 Pc230943

結構な急斜面でしたが、いいパウダーで最高に気持ちのよい滑りができました。カーボンメガワットはなかなかキレのある滑りができます。

黒川沢に出たら、沢割れに気をつけながらダラダラと滑っていく。

Pc230945_2 Pc230946

ちょっとやばい箇所もありましたが、なんとか全員無事に通過。

Pc230947

スリット型堰堤を通り抜ければ、白馬乗鞍スキー場はすぐです。

Pc230948

なかなか楽しい滑りで3日間を締めくくれました。

次は年末年始の8日間に渡る放浪スキーです。

|

« 白馬バックカントリー2日目:西栂コースを諦めて天狗原へ | Main | 年末年始バックカントリースキーの旅8日間 »

Comments

 パウダー、良かったですね。新しい板も!!
 親沢源流はもう35年くらい前に地元の人に連れられて天狗原から入った事があります。
 最後は栂池のチャンピオンゲレンデの裏辺りで親沢を渡りました。
 昔は今よりも雪質が良くて、親沢左岸ももっと安定していましたけど、今はハイシーズンでも常に横方向の亀裂が入ってしまいますね。
 高は25日の午後から28日まで栂池に居まして、26日は天狗原に登れました。

Posted by: 高です | December 31, 2013 at 12:01 AM

高さん、いつもどうもです。
親沢は昔は下まで滑れたんですか。
それは驚きです。
今は沢割れや亀裂で怖くていけないですね。

Posted by: マメゾウムシ | January 07, 2014 at 07:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白馬バックカントリー2日目:西栂コースを諦めて天狗原へ | Main | 年末年始バックカントリースキーの旅8日間 »