« 立山初滑り:雪崩事故との遭遇 | Main | 神鍋人工雪、出石観光 & 忘年会 »

November 26, 2013

11月の白馬乗鞍岳スキー

立山から下山した翌日は白馬乗鞍岳に行ってきました。

【山域】白馬乗鞍岳
【場所】長野県

【日時】2013年11月24日(日)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】 晴れ
【コースタイム】栂の森ゲレンデ林道入口10:00〜成城小屋10:45〜天狗原の祠12:01-18〜白馬乗鞍岳13:12-28〜成城小屋14:03-26〜栂の森ゲレンデ14:42

ちょっと遅めの林道入口10時スタート。ちょうどこの週末から栂池高原スキー場は営業を始めており、ゴンドラとリフト1本を乗り継いで入山できる。林道入口ではテレマーク仲間のHさんたち2名と一緒になった。

Pb240885

雪質は湿雪重雪であるが、前日に入山者がいたようで、天狗原まではトレースが付いていた。途中で2パーティーを追い抜き、天狗原には一番乗りであった。

Pb240886

Hさんたちはここまでということで、1人で白馬乗鞍岳山頂まで行くことにする。おそらくまともに滑れるのは白乗の斜面だけだろうから。天狗原から下はまだ藪が濃すぎる。

Dsc_0018

途中で追い抜いた2名が先行していたが、途中で滑走に入ったので、その先は1人ラッセルとなった。重雪だがそれほど沈まないので、ラッセルはそれほどきつくはなかった。登るに連れて、雪面はクラストしていった。クトーを使うまではカチカチにはならず、なんとか山頂までシールだけで行くことができた。風は弱いので、山頂ではそれほど寒さは感じなかった。この日に山頂まで登ったのはどうやら私だけのようだ。

Pb240887

山頂からの滑走はクラストをバリバリ割りながらの滑走となった。かろうじてシュプールはついていたが、写真では見えませんよね。

Pb240890

天狗原から下は、上部のオープンなところはモナカ。下部は重雪と藪地獄であった。高度を落とすだけで精一杯であった。成城小屋の近くで、Hさんたちに追いついた。Hさんの同行者であるNくんはテレマーク2年目で、結構滑走に苦労したようだ。

Pb240891

あとは林道をジェットコースターのように滑って、栂の森ゲレンデに戻った。

立山とは大違いで悪雪滑りと藪スキーを堪能した1日であった。かなりどMなスキーであった。もう数回ほど寒波が来てくれないと、天狗原から下の斜面の藪が埋まらないだろう。まあ、シーズン最初に快適パウダーと悪雪の両方を経験したのはよかったのかもしれないが...

|

« 立山初滑り:雪崩事故との遭遇 | Main | 神鍋人工雪、出石観光 & 忘年会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 立山初滑り:雪崩事故との遭遇 | Main | 神鍋人工雪、出石観光 & 忘年会 »